コミュ力アップに絶対おすすめのメルマガ
特典PDFをプレゼント

あがり症克服セミナー│オンラインのみで対策と改善を目指す会!

あがり症克服セミナー│オンラインのみで対策と改善を目指す会!

【記事まとめ】
  • あがり症克服方法をまとめました
  • 極度のあがり症だった私の経験を元に作りました
  • あがり症が1日で治るとか考えにくいと思います
  • あがり症対策は日々の努力が必要です

あがり症を治したい?克服したい?
それなら毎日の努力は必ず必要です、ぜひ、このページを最後までどうぞ

人見知りもしない、誰とでも雑談もできる。

会話のキャッチボールが上手くて、気さくで優しくて。

そんなコミュ力おばけみたいな人だけど。

「私あがり症なんです」

というお話しをいただくことがあります。

話しも面白いし、聴き上手だし。

ところが、どれだけコミュ力が高い人でも、人前だけは苦手という人もいます。

私の場合は、1対1も苦手で人見知りするし、大勢の前なら、極度にあがるしというタイプでした。今はもう人見知りもあがりもしないんですが、もし、「極度のあがり症だった当時の私にアドバイスするなら」ということで、このページを書いています。

こんな皆さんにお送りします
  • 人前に出ると身体が震える
  • 人前で話す時に声が震える
  • スピーチやプレゼンの時に頭が真っ白になる
  • 大勢の前で自己紹介するのが苦手
  • 人を目の前にすると緊張し続ける
  • 心臓がドキドキし脈拍が速くなる
  • 声がうわずったりどもったりする
  • あがり症克服の本を何冊も読んだ
  • あがり症克服のセミナーや講座を受けた
  • あがり症が仕事に影響してしまってる

なお、このページで書いているのは「あがり症の克服のための対策」であり、こういう内容は省略しております。

こういう内容は別のページでまとめます。
  • あがり症とは何か?社会不安障害とは?
  • なぜあがり症になるのか?原因は?
  • あがり症で苦労することは?
  • あがり症にに効果がある市販薬は?
  • 興味と敬意と可能性を信じる心を持つ
  • あがり症の診断や症状について
  • あがり症は病院で治療できるの?
  • あがり症に効果があるサプリや漢方薬はる?

こういった内容は書いていません。そういった全般的なことは別のページに書くとして、このページは「克服と対策」に特化します。

あがり症をどうやって克服する?対策の根拠は?

あがり症の本を読んだりセミナーを受けて改善された方は、きっとその方法が合ってたので、それで良かったんだと思います。

でも、私の場合は、そういった本やセミナーでは治らなかったんです。

私の場合は、こういう症状がありました。

私のあがり症の症状
  • 人前に出ると決まった日から緊張が続く
  • その日まで顔が痙攣したり胃痛があったり
  • 当日は脈拍も速くなり動悸が激しくなる
  • 人前に立つと手が震える
  • 話し始めてすぐに頭が真っ白になる
  • 声が震える
  • 上手く話せなかった自分を責める
  • 電話でも緊張して声が震えることもあり
  • 1対1なら自信を持って話せるけど複数人が無理

今はもう克服しました。

ただ、緊張しなくなったというわけではありません。緊張はします。

何が変わったかというと、人前が楽しいと思えるようになったんです。

私がここで書く「あがり症克服」というのは、こういう定義でお話しします。

あがり症克服
人前で緊張しなくなることではありません。人前に出ること、人前で話すこと、人とかかわる時、その場を楽しめるようになること。

ここをまずは目指すことを目標にしませんか?

今から書くのは、「極度のあがり症だった当時の私にアドバイスするなら」という内容です。

あがり症克服への対策5のステップ

まずは、この3つを心に留めておいて下さい。

  • 「継続」するために小さなシンプルなルールを作り、日々それを積み上げること
  • 積み上げるためには、毎日ノートに、行った行動(言葉)を記していくこと
  • 積み上げるのは「結果」ではなく「行動(言葉)」と考えること

あがり症を1日で克服することはまず出来ないはずです。

日々の習慣を変えること、それを継続することが大切です。

そして、それをノートに書き記していくこと。

その自信の積み重ねであがり症克服を目指します。

あがり症対策1:ノートを作って毎日書く

これが最初の対策?

そう思うかもしれませんが、これが最初なんです。

すぐに終わります。

家にノートが余ってたらそれでもいいです。なければ100均ででもノートを購入しましょう。

ノートを書くというのは、私が他に書いてる「コミュ力おばけ」にしても「雑談力を上げる方法」にしても、おすすめしてる方法です。

何をノートに書いていくかは、これからお話ししていきますね。

ちなみに、ノートのタイトルは「○○になる」という内容です。

くれぐれも「あがり症対策とかあがり症克服」といったタイトルにはしないようにしましょう。

あがり症対策2:明確な目標と期限を決める

これも他のコミュ力を上げる方法と同じです。

目標も期限を決めずに、何となく「人前に強くなりたい」とか「あがり症を治したい」とかでは、具体的な日々の習慣や口癖が変わらないからです。

だから明確な目標を決めるんです。

明確な目標といっても、難しく考えなくても大丈夫です。

あがり症ってことは、人前に出ると、いろんな症状が出てしまうわけですよね。

あなたにとって、「人前でどうなっていたいか?」が重要なんです。

それが明確ですか?ということです。

そしてもう一つは「期限」です。

もし、スピーチやプレゼンが決まっていて、それに向けて、どうしても人前に強くなりたい、人前を楽しみたいと思っているなら、その日に向けて対策をすればいいでしょう。

ところが、私のように、特にそういう日が決まってはいなかったけど、突然の自己紹介やスピーチでの失敗から、常に苦手意識を持っている人の場合は、「いつまでに」というのがありません。

だから、なかなか先延ばしになったりします。

やっぱり「期限」は必要です。

もし、人前で話す機会も決まってない場合は、何かのイベントに申し込んでみるのもいいでしょう。

自分が発言する機会があるような勉強会でも構いません。

目標とする日を決めることで、その日までにどんな対策をすればいいか明確になります。

まずは「明確な目標と期限」を決めます。

そして、ノートに書いていきます。

あがり症克服のために目標と期限が必要な理由あがり症克服のために目標と期限が必要な理由

あがり症対策3:自分の声に自信をつける

人に話しをする時の「声」はとても重要です。

人前が苦手な方は、まずは自分の声に自信をつけることから始めましょう。

活舌をよくする
呼吸法
独り言で呟く
自分の声を録音する

あがり症対策4:自分の姿に自信をつける

見た目は大切です。

相手に与える印象もそうですし、自分の自信のためにも見た目は大切です。

もし、自分に似合う色が分かって、その色の服を着ていると何だか自信が沸いてきたらどうですか?

あがり症対策5:自分の話し方に自信をつける

つなぎ言葉をなくす方法。

あがり症対策6:自分の口癖を変える

ページ作成中です。