メルマガはこちら【特典あり】

コミュ力おばけが就活&転職に有利な理由

コミュ力おばけが就活&転職に有利な理由

【記事まとめ】
  • コミュ力おばけが就活&転職に有利なはず
  • 就職活動や転職活動に備えてコミュ力おばけを目指そう
  • 企業の採用担当の立場になって考えて見ましょう

就職も転職もコミュ力は高いほうが有利?
コミュ力は低いより高いほうが有利でしょう、まずは最後までどうぞ

コミュ力おばけの定義を「コミュニケーション能力が高く、どんな人とでも円滑にコミュニケーションを取ることが出来る。話す力、聴く力、雑談力、質問力など、あらゆるコミュ力に必要なスキルを身につけており、仕事の中で、目に見える成績だけでなく、社内での人間関係もスムーズに繋がれる。また、メンタルヘルスを整えるのも上手く、自分自身も周りの人も、癒されるほどの力を持つ」としましょう。

そんな人いるの?って思うかもしれませんが、稀にいます。

考えて見ましょう。

あなたが、企業の採用担当だったとします。

どんな人が欲しいですか?

どんな人に会社に入ってきて欲しいですか?

会社の退職理由で「人間関係」が多い理由

n

私の会社員時代に何社か転職をしています。

そのやめるきっかけになったのは、対人関係ということが多かったです。

先輩社員から、かなり厳しい、理不尽な言い方をされ続けたこともありましたし、今はどうか分かりませんが、当時も、「永遠に残業しとけ」くらいに、当たり前のように働いていました。

では、会社は全く聴く耳を持っていなかったかというと、決してそうではなく、私にコミュ力がなかったんです。

自分の口で、自分の思いを伝えることが出来なかったんです。

もし、私が、自分がどういうところで困っているかを言えるようであったら、やめずにすんでいたと思います。

これは私の会社のことですからね。他の会社でしたら、聴く耳なんて持ってくれない会社もあるでしょうから。

私の場合は、自分で勝手に不満を持って、誰にも言わず、自分で退職を決意しました。

今となっては、会社からしたら、たまったものではないだろうなと思います。

恐らく、会社の退職理由はほとんどが人間関係だと思います。

もし、コミュ力おばけのように、社内での円滑に人間関係を作れる人がいたら、会社にとっては宝になると思います。

就活に備えてコミュ力おばけになる!

コミュ力の高さを履歴書でアピールすることは難しいです。

難しいですが出来なくはないと思います。

まずは、あなたが企業の採用担当になって気持ちで、どういう人材に入って欲しいか考えてみて下さい。

学歴はもうどうにもなりません。

見た目をどうするかは、考えてみて下さい。それは私の専門ではありませんので。

では、面接の際にどのようにアピールすればいいでしょうか。

面接の時間だけで、コミュ力おばけっぷりを発揮するのは無理です。

普段の活動の中で、「それならこの人はコミュ力おばけだな!」って思ってもらる必要があります。

「バイトの経験」なのか「ボランティアの経験」なのか。

そういう人との関わりの経験の中で、自分がコミュニケーションで大切にしていることをアピールしてみるのはどうでしょうか。

このアピールの仕方も私の専門ではありませんので、何とも言えませんが、コミュ力おばけになる努力をしておいて、「なぜコミュ力が社会人で大切なのか?自分はどういう努力をしたのか?社内でコミュ力をどう活かせるか?」それを話せたら、就職活動でも転職活動でも有利になるのではないでしょうか。

コミュ力おばけと仕事のこと

コミュニケーション力を活かす仕事は?就職や転職での面接でのこと

コミュニケーション力を活かす仕事もあれば、コミュ力がなくても全く問題ない仕事もあると思います。

ですので、就職も転職も、自分にあった仕事を探せばいいと思いますが、もしコミュ力をあげたいけど、それがなかなか上手くいかないというので、あれば、このブログを参考にしていただけたらと思います。

人見知り克服セミナー│オンラインのみで対策と改善を目指す会!

こちらは人見知り克服セミナーです。

初対面の人と接する時に緊張しすぎてしまって、本来の力を発揮できないというのであれば、このセミナーを受けてみて下さい。

あがり症克服セミナー│オンラインのみで対策と改善を目指す会!あがり症克服セミナー│オンラインのみで対策と改善を目指す会!

こちらはあがり症克服セミナーです。

人前で話す時に緊張してしまう、緊張しすぎて、声が震えるとか本来の力が発揮できないケースですね。

私が提供する、人見知りやあがり症の克服セミナーは、一度とか数回の講座を受ければ治るというものではありません。

継続的に、人と接する機会を設けたりが必要になります。

就職や転職の前に、一度チェックしてみて下さいね。