人前で話すことに自信がない│あがり症克服のためのコーチング&カウンセリング

人前で話すことに自信がない│あがり症克服のための4ステップトレーニング

今日のテーマは「人前で話す自信がない」こと。

人前で話す時ってどんな場面でしょうか。

  • 朝礼で他の社員の方の前で話す
  • 学校の国語の授業で本読み
  • 大勢の前で自分の考えをスピーチ
  • 会社の会議でプレゼン
  • 新入社員、新しいクラスでの自己紹介

子供の頃からそうですし、大人になってからも、個人差はあるでしょうけど、人前で話す機会は何度もあると思います。

「人前で話す自信がない」という方は、参考にしていただけたらと思います。

動画でもお話ししていますので、良かったら見ていって下さい。

マンツーマンでのコーチング&カウンセリング体験版はこちらで受付しています。

人間関係、仕事、恋愛の悩み改善のお手伝いをします 4ステップで目標を目指すコーチング&カウンセリング体験版です

人前で話すことに自信がない時の4ステップトレーニング

ステップの基本はこうなります。

  • 自分を知る
  • なりたい自分(目標)を決める
  • 口癖と行動を決める
  • 繰り返す

もちろん、コーチング&カウンセリングのセッションによっては順番が違ったり、他の要素も入ってきますが、大方はこうなります。

では、今回の「人前で話す自信がない」という方の場合に当てはめていきます。

実際にコーチングセッションでは、僕から質問しながら、深く掘り下げていくのですが、ここでは、お一人でこの作業をしたいただくとして、ぜひノートに書いていってみて下さい。

そのほうが頭の中を整理できるからです。

1:自分を知る「人前で話す自信がないってどんな時?どんな場所?」

まず第1ステップは「自分を知る」ことです。

次の質問に答えてみて下さい。

  • 人前で話す時はどんな時ですか?
  • どんな人の前で話す時でも緊張しますか?
  • 何人くらいの前で話すと緊張しますか?
  • 自信がないというのは、具体的にどんな気持ちですか?
  • 人前で話す時にどんな症状がでますか?声が震える?頭が真っ白になる?
  • 自信がないのは「人前で話す時」だけですか?それとも雑談にも自信がないですか?
  • 書いてある文字を読む場合でも緊張しますか?
  • あなたが思う「あがり症」とは?
実際は、対話の中で、プライベートな話題に踏み込むこともありますし、もっとたくさん質問させていただくことが多いです。

自分を知る、というのは、こういうことです。

「人前で話す自信がない」

この悩みについて、分解していくんです。

  • 「人前」とはどんな場面?
  • 「話す」とは誰が相手?
  • 「自信がない」のは当日だけ?何日も前から?

実際のコーチングでは、ここからさらに分解していきます。

まずは、このステップ1で、自分のことを知りましょう。

そのことをノートに書き出しておいて下さい。

2:目標を決める「人前で話す自信がある人ってどんな人?」

ステップ1で自分のことを知りましたら、次は「目標」です。

「人前で話す自信がない」

では、どうなれば、あなたの悩みは解決となりますか?

これも人によって違うはずです。

  • 声が震えるのをなおしたい
  • 人前で話す数日前から続く胃の痛みを解消したい
  • 人前でも、上手く伝わる話し方が出来るようになりたい
  • 他の社員が驚くようなプレゼンが出来るようになりたい
  • みんなを惹きつけるような自己紹介がしたい
  • 人前で話す仕事をしたい
  • 感動するようなスピーチができるようになりたい

他にもあると思います。

つまり、人によって目標が違うんです。

「人前で話す自信がない」から、「こうなりたい」という、「こう」が人によるんです。

その目標が違えば、方法も違うわけです。

これをご覧の皆さんはどうですか?

どうなりたいですか?

どうなることが目標ですか?

ステップ1で書き出した「自分」のことの次は、「目標」について書き出してみて下さい。

実際のコーチングセッションでは、目標を設定し、目標に対しての現時点での段階(10段階で今はどの位置か?)を記しておきます。

ぜひ、皆さんも、目標に対しての今の段階を、数値で書いておいてみてください。

目標:声が震えるのをなくしたい(今は毎回震えるから2)

といった感じで書いておきましょう。

3:目標に近づくために必要な「口癖」と「行動」

現状を知り、目標を決めました。

ここからです。

変わるためには「口癖」と「行動」を変える必要があります。

この2つを変えると何が変わるかというと、「自信」が変わります。

「自信がないんだったら、自信を持ちましょう」

こういった意識改革ではまず上手くいきません。

口癖と行動を変えることによって、自信をつけていくんです。

自信は結果であり、目標ではありません。

「人前で話す自信がない」という人の目標が「人前で話す自信を持つ」ということはないんです。

実際に、皆さんがどんな目標を立てたかは分かりませんが、例えば、こういう目標を立てたとしましょう。

3人を例を挙げましょう。

人前で話すことを楽しめるようになる

上手く話せるかは別にして、いつでもどこでも「ちょっと話して、ちょっと自己紹介して」と言われても、苦痛に感じることなく、「いいですよ♪」と言えるようになりたい。

朝礼でのスピーチを難なくこなしたい

今は朝礼でのスピーチで声が震えてしまい、自分の番が回ってくるのが辛くて仕方ない。このストレスから解放されたい。

社内プレゼンでみんなを説得したい

自分の考えには自信があるけど、会社の上司や先輩を前にすると、実力を発揮できない。自信を持って、自分の力を発揮したい。

この3人の方は、それぞれどういう課題があるでしょうか?

やるべきことが違うのはお分かりいただけると思います。

それぞれにあった「口癖」と「行動」が必要になります。

ここでいう口癖とは、「セルフトーク(自分にかける言葉)」となります。

ここでいう行動とは、目標に向かうための「トレーニングと経験」となります。

それぞれ「セルフトークもトレーニングと経験も」、目標によって違ってきますので、ここで書くことは出来ません。

皆さんご自身で考えてみて下さい。

  • あなたは普段、どんな口癖を使っているでしょうか?
  • あなたが目標としている人はどんな口癖を使っているでしょうか?

こういったことを書き出してみましょう。

そして、あなたが使ってしまっている口癖を書き換えて、強制的に、その口癖を使うようにします。

口癖については以上です。

こちらのページも参考にしてみて下さい。

トレーニングに関しては、例えばこういうものがあります。

  • 活舌をよくするトレーニング
  • 呼吸法
  • スマホに話す姿を録画する
  • 声の大きさや読むスピードを変えながらの音読

僕がご提案するトレーニングもありますが、ここもぜひ、ご自身で考えてみてください。

先ほど「目標を数値化する」と書きましたが、もし今の数値が「2」だとした場合、こう自分に問いかけてみて下さい。

  • 今の2は、何が出来てるから1ではなく2なのだろうか?
  • 3になるには、何が出来ればいいだろうか?
  • 3になるために、自分は何が出来るだろうか?
  • 3の人はどんな人だろうか?

トレーニングは、僕が一方的に教えるものではありません。(コーチングの際はご提案することもあります)

ご自身でも考えていただくことが大切です。

ぜひ、取り組んでみて下さい。

4:自信をつけるためには「繰り返し」が必須

自信がない人が、自分に自信を持つ、性格を変える、新しいことを始める場合、口癖と行動を変えることが大切です。

それも一度限りのものではありません。

繰り返し繰り返しが大切なんです。

では、何を繰り返すのか?

1、2、3の全部です。

1の「現状」は、変わり続けますので、定期的に自分のことを知りましょう。

2の「目標の数値」は、変動していきます。今の自分が目標に対して、どこにいるのかを知りましょう。場合によっては、目標を修正、削除、新規追加することも必要です。

3の「口癖と行動」については、とにかく続けること。そして、この口癖と行動(トレーニング)についても、修正、削除、新規追加が必要です。

このようにして、1、2、3を監視しながら、繰り返していきます。

どの位の期間で目標に達成出来るかは分かりません。

どれくらいの時間、変わるために努力したかにもよりますし、そもそもの現状と目標にもよりますからね。

一つ言えることは、1日で劇的に変わるということは、まずないと思います。

地道でコツコツと自分を変えていくことを、楽しめるといいですね。

人前で話すことに自信がない方へのアドバイス

今回は「人前で話すことに自信がない」をテーマにしましたが、他のお悩み解決や目標についても、考え方としては同じです。

これをご自身ですることも可能ですので、もし良かったら取り組んでみて下さい。

僕のコーチングセッションも基本は、この4ステップを採用しています。

僕自身が、長年、人前で話すことが苦手であがり症だったこともあり、特に人前で話すことをテーマにしたご相談をいただくことも多いです。

最後に、Q&Aでこのページは終わりとなります。

人前で話すことに自信がない方へのQ&A

今の自分はどこまで掘り下げたりいいですか?
ご自身が納得いくまででいいと思います。
目標は一つしかダメですか?何個でもいいですか?
特に決まりはありません。あまり多すぎると、ややこしくなるので、1~3個くらいがいいのではないでしょうか。
目標までの期間は設定しますか?
期間は設定したほうがいいでしょうね。コーチングセッションの際は、基本的には、30日で達成できそうな目標を立てることが多いですが、決まっているわけではありません。
口癖を何個くらい決めるものですか?
1つでも2つでも構いません。もっと多くてももちろん大丈夫です。あまり多くなりすぎるより、最初はある程度絞ったほうがいいと思います。