人見知り克服方法「傾聴力-否定しない(反論しない)」

【記事まとめ】
  • 人見知り克服と傾聴力について
  • コミュ力おばけは聴く力がある
  • 否定も反論もせずに話を最後まで聴いてもらえたら嬉しい

人見知り克服のための傾聴力
とにもかくにも話を聴くことがコミュニケーションで大切、まずは最後までどうぞ

少し考えてみて下さい。

あなたが誰かに話をしています。

例えばこういうのはどうでしょうか。

あなた「息子がなかなか勉強してくれなくてね、困ってるのよね」

友達「それは、あなたの言い方が悪いんじゃない?」(人格否定)

他では

あなた「これからの日本経済はもう良くならないかな」

友達「いやいやなるでしょ」(意見を否定)

どうですか?

こんな言われ方が続いたら。

僕の経験上、否定しがちな人の中には、相手の言葉を否定する習慣がついてしまっている人もいます。

些細なことでも否定され続けると、話してるこっちは疲れてきます。楽しくないですし。

否定せずに話を最後まで聞くのが傾聴の基本

前にも書きましたが、誤解のないように。

話を聞く時は「否定しません」が、だからといって、反対意見や自分の意見を全く言わないというわけではありません。

これは「自己開示」の項目で出てきますので、そちらでチェックして下さい。

会話を意識すると否定することされることは多い

意識して人と会話してみましょう。

いかに会話の中に「否定」というものが溢れているかが分かります。

  • 相手が話し終わる前に「ちがうよ~」と否定
  • 「それは分かるけど」と否定
  • 「間違ってるよ~」と否定
  • 「それはないな~」と否定

こういった言葉は、会話の中の「言葉を否定」しています。

さらに酷いことになると、言葉ではなく「人格を否定」しまっていることがあります。

  • 「あなたには無理だよ」
  • 「何度言ってもダメだね」
  • 「なぜそういう結論になるの?」
  • 「どうせ無駄だろうけど」
  • 「それは本当なの?嘘じゃない?」

こういう人格否定までされた経験はありませんか?

僕は何度も何度もあります。

例えば

僕「将来、起業したいんです。」

上司「簡単じゃないぞ。お前に何ができるんだ?」

僕がどういうヴィジョンを描いているかも聞かずに、いきなり「それは無理」といわんばかりの言葉が飛んできました。

その上司に起業のことは二度とすることはありませんでした。

自分の考えや価値観が違っても一旦受け入れる

会話の中で、当然、自分と違う意見や価値観を投げられることはあります。

毎日、いろんな人と会話してると、そういうことはよくあるのではないでしょうか。

例えば「映画」の話し。

AさんとBさん、二人が同じ日に同じ映画を見ました。別の場所で。

Aさんは映画が面白く感じて、Bさんは全くつまらなく感じた。

今日会ったときに、AさんがBさんに話しかけました。

Aさん「昨日映画見たんだけど、すっごく面白くて。」

Bさん「私も見たけど、全然面白くなかったよ。お金返してってくらい。」

どうでしょう?この会話。

Bさんがつまらなく感じたのは分かりますが、だからといって、別に映画全部を否定することもなかったのではないでしょうか。

Bさんがもし、傾聴について学んでいたら、こういう考えも出来たかもしれません。

Bさん「あ、映画見たんだ。面白く感じたんだね」

Bさん「どういうところが面白かった?」(質問:これは別のページで解説します)

映画全体では面白くなかったかもしれませんが、出てた俳優さん、女優さん、細かいシーン、ストーリー、何かちょっとでも面白かったところが自分にもないですかね。

まずは、相手の意見を受け入れる。感情を受け入れる。そこからです。

「相手の意見や価値観「と「自分の意見や価値観」が違うたびに反論してたら、お互いしんどいですよ。

まずは否定せずに、話しを最後まで聴いてみましょう。それだけでもスキルアップです。

否定せずに話しを聴く意味

話を聴いてもらう時、相手の反応によって、こちらの感情はどう動くでしょうか?

話しを聴いてもらうということは、こちらの気持ちを受け入れてくれていると感じます。

話しの途中で否定されようものなら、その感情は途切れてしまいます。

「否定」ということは、意見であったり人格だったりするわけですが、否定されて気持ちいいことはまずないでしょう。

この辺りの感情は、実際に体験してみると分かります。

明日にでも、誰かと会話するときに、意識してみて下さい。

あなたが、話した内容をどこまで聴いてくれますか?

話しの最後まで聴いてくれますか?

途中で反論や否定されたりしませんか?

その時、どういう気持ちになりますか?

否定せずに話を聴くだけではまだ足りませんが、コミュニケーションにおける、最重要ポイントだと思っています。

話を最後まで聴く、いきなりアドバイスしない、否定や反論をしない。

こういう聴き方の基本を抑えているだけでも、話してるほうは安心して会話をすることが出来ることでしょう。