コミュ力アップに絶対おすすめのメルマガ
特典PDFをプレゼント

人見知り克服方法「ステップ2」質問力~質問のポイント10

人見知り克服に向けて、大切な知識。それが「質問力」です。

僕が人見知りしなくなったのは「質問力」の本を何冊か読んでからです。

最近でも、本屋に「質問力」の本はたくさん並んでいます。

話を聴くことはコミュニケーションの中でとても大切です。特にカウンセリングや悩み相談を受けるときには意識したいですよね、聴き方を。

ただ日常のコミュニケーション、特に初対面の人と出会った時。果たして相手の方が人見知りだったり、話しかけられると話すけど自分から話すのは苦手なタイプだったらどうでしょう。

まずは、こちらからの質問がきっかけでコミュニケーションが生まれるかもしれません。

質問は逆効果になるコミュニケーションもある

初対面の人との会話。

例えば学びのセミナーで隣の席に座った人とちょっと話してみたい。

もじもじしながら、何を話していいか分からない。人見知りするタイプの人だとそう思ったことはあるかもしれません。

そこで「質問」です。

でもここでちょっと考えて見ましょう。

そもそも相手も話をしたがっているのか?

自分が人との会話を求めていたとしても、みんながそう思っているとは限りません。

もしかしたら、初対面の人と会話したい気分ではないかもしれません。

それは話をしていく中で分かることであり、ぱっと見た目で分かるものではありません。

ですので、自分から話しかけるにしても、いきなり込み入った話をするのは避けたほうが賢明でしょうね。

深い質問は敬遠される元にもなる

人にはあまり聞かれたくない話題もあります。

自分の見た目のこと、家族のこと、学生時代のこと、これからのこと。

何を聴かれてもいいよ、という人もいれば、このことには触れないで!っていう人もいるでしょう。

ですので、それも分からないいきなり初対面で、込み入った質問をしてしまうと、気分を害されるかもしれません。

また、仲の良い友達であっても、相手が悩んでいたり、相談したいと思っているときに、質問ばかりをしていると、尋問にように感じられ、精神的に負担を感じるかもしれません。

質問はすればするほどいいというものではありません。相手の感情、タイミング、質問の内容など、適切な質問が重要になります。

では「何が適切な質問か?」というと、これに答えはありません。絶対の答えなんてありません。

ですので、まずは質問についての知識を得て、あとは実践で人と接しながら、経験を積んでいくしかないと思っています。

グループのメンバーを考えて質問する

僕はあまり大勢で話すのが好きではありません。

もちろんそういう機会もそれはそれで楽しかったりもしますが、何らかの情報を共有したい、話を聴いてほしい、話を聴かせて欲しい、そういう時は人数が多すぎると、話題がどうしても狭くなります。

グループで話をする時、誰にどういう質問をするかは気を使います。

例えば4人で話をするとします。

人見知り克服に向けて-質問のポイント10

なぜ?という質問が逆効果になる可能性を考える

誰に対しても、「なぜ?」という質問をすれば、話が膨らむ可能性があります。

「なぜ?」という直接的な質問だと、尋問のように問い詰めている印象を与えるかもしれもしれません。

ですので、ちょっと質問の方法を変えて「きっかけは?」という質問にしているのもいいでしょう。