人見知り克服方法「傾聴力-すぐアドバイスしない(何を求めているか察知する)」

人の話を聴いている時、ついついアドバイスをしてしまうことはありませんか?

「実はね、会社の上司とうまくいってなくて。。」

「それはね、持っていき方がまずいんじゃない?私なら。。。」

こういうアドバイスです。

どう思いますか?

傾聴はアドバイスより聴く事に徹する

まず傾聴する場合について。

カウンセリングなどで傾聴する場合は、話を聴いてる段階でアドバイスは控えましょう。

最後まで話を聴かずに、早くにアドバイスを始めてしまうのは好ましくありません。

相手が何を望んでいるのか、それを察知するには、とことん聴く事が大切です。

カウンセリングにもいろいろありますが、一切アドバイスしない場合もありますし、自分で答えを見つけるヒントだけを与えることもありますし、ケースバイケースです。

全くアドバイスするべきではないというわけではありませんが、相手のことをまず知るためには聴く事が大切ですね。

次は普段のコミュニケーションを考えた場合。人見知り克服を考えた場合です。

相手から頼りにされるのを嬉しく感じる人も多いです。友達や家族とのコミュニケーションにおいても、頼りにされ、相談されると悪い気はしないかもしれません。

それでも、相手がアドバイスを求めているかどうかは察知する必要があります。

もしかすると、ただ話を聴いて欲しいだけであって、何もアドバイスなんて求めていないかもしれないからです。

それを知るためには、まずは聴く事です。

そして、意見を求めていると判断したなら、自分なりの考えを伝えればいいと思います。

アドバイスの送り方は、学ぶものではなく、自分なりに考えるしかないですね。答えはありませんので。

コミュニケーションにおいてアドバイスしたくなるクセに注意

僕の経験から言うと、コミュニケーションにおいて、すぐにアドバイスしたくなるのは、その人のクセである場合が多いです。

何かあった出来事を話すと、すぐにアドバイスを始める人がいます。

  • 「こうしたらいいのでは?」
  • 「それはまずいのでは?」
  • 「私なら違うな」
  • 「そこはやっぱりこうでしょう」

いろんな言葉がありますが、すぐにアドバイスをする人の心理を考えて見ましょう。

真っ先に思い浮かぶのが「立場の上下」です。

  • 従業員が社長にアドバイスはまずしません
  • 子供が親にアドバイスはまずしません

アドバイスする側>アドバイスされる側

立場がある程度決まっていますよね。

といことは、アドバイスするということは、その件については、私がアドバイスするに値すると思っている可能性が高いわけです。

ところが、アドバイスをする価値があるほどの経験があるならいいのですが、そうではない場合がよくあります。

というのも、実は、アドバイスされる側の人のほうが、その件について知識も経験もあることがよくあります。

その場合は、アドバイスされる側は、つまらないですよね。「知ってるよ!」って思ったり、「僕のほうが分かってるのに」と思うわけです。

アドバイスする側の心理としては、自分のほうが立場が上、自分のほうがよく知っているという思い出アドバイスしている可能性が高いため、自分は役に立っている、自分はアドバイスする価値がある、そう思って優越感に浸れるわけです。

僕の知り合いにもいます。たぶん、性格なのかクセなのでしょう。

コミュニケーション能力向上のため、人見知り克服のため、できるだけアドバイスや知ったかぶりはやめましょう。