メルマガはこちら【特典あり】

人見知り克服方法「傾聴力-声と表情を意識する(共通の声と表情)」

話をしている時の声の「高さ」や「大きさ」、また「表情」で与える印象は変わります。

「話し方の本」が何冊も出ていますが、それくらい、話し方はコミュニケーションでとても大切なことです。

そして、話し方の本には、よく表情についても言及されています。

どのような表情で、どのような声で、話をするかもポイントです。

ここは「傾聴力」についての説明ですので、話しを聴いている時の「表情」、「声の高さ」や「声の大きさ」について考えて見ましょう。

話を聴く時は相手に合わせた表情と声で

会話と言っても、いろんな内容がありますよね。

  • 楽しい話題
  • 悲しい話題
  • 暗い話題
  • 深刻な話題
  • 喜ばしい話題
  • 腹が立つ話題

ちょっとイメージしてみて下さい。

  • 「楽しい話題」について話をしている時
  • 「悲しい話題」について話をしている時
  • 「腹が立つ話題」について話をしている時

声の大きさ、声の高さ、表情、きっと違うと思います。

話を聴いている時、相槌を打ちますよね。

その相槌も含めて、会話全体のトーンを、話題に合わせましょうというのが、ここでもポイントです。

話題に合ってない表情や声を出してる人もいますよ

悲しい話題なのに元気な声や明るい表情

あまりそういう人は見たことがありません。

でも逆はよく見かけます。

明るい話題なのに暗い表情で暗い声

自分に楽しいことがありました。

元気一杯、明るい声で「昨日ね、嬉しいことがあったんだ!」

そう言ったのに、相手から返ってきたのは、

「あ、そうなんだ。」

暗い声で、そう返されたら「怒ってるの?」って思いませんか。

「コミュニケーションのポイントは共通点探し」です。

  • 共通の話題
  • 共通の悩み
  • 共通の仕事
  • 共通の知人
  • 共通の状況
  • 共通の趣味
  • 共通の敵

共通点が多ければ親密度が高まるとも言われているくらい、コミュニケーションは共通点が大切です。

それは言葉だけではありません。

表情や声などの非言語の部分でも同様です。

相手が笑顔で楽しい話題を話していたら、こちらも笑顔で

同じ時間を同じ感情で共有することは、楽しいコミュニケーションの基本です。

普段から、共通点を意識するようにしていると、自然と相手と同じ表情や声になるようになるかもしれません。

ぜひ意識してみて下さい。