友達を作る自信がない│中学生、高校生、大学生、大人の社会人でも友達の作り方コーチング&カウンセリング

友達を作る自信がない│中学生、高校生、大学生、大人の社会人でも友達の作り方4ステップ

今日のテーマは「友達を作る自信がない」こと。

友達が欲しいなって思う時ってどんな時でしょうか。

  • 共通の趣味を楽しめる友達が欲しい
  • 何でも話せる友達が欲しい
  • 社会人になってから学生時代の友達と疎遠になった
  • 学校で友達がいない
  • 周りには友達がたくさんいてる人がいて羨ましい

友達について、皆さんそれぞれの思いがあると思います。

今回は「友達の作り方」についてまとめました。

マンツーマンでのコーチング&カウンセリング体験版はこちらで受付しています。

人間関係、仕事、恋愛の悩み改善のお手伝いをします 4ステップで目標を目指すコーチング&カウンセリング体験版です

友達を作る自信がない時の友達の作り方4ステップ

友達を作る自信がない時の友達の作り方4ステップ

友達を作りたいと思った時の基本ステップです。

  • 自分を知る
  • なりたい自分(目標)を決める
  • 行動を決める
  • 繰り返す

今回のブログの中で、いくつか質問をします。

ぜひ、その答えをノートに書いてみて下さい。

頭の中で考えるより、文字にしたり言葉にしたほうが頭の中を整理できるからです。

1:自分を知る「友達って何?」

まず第1ステップは「自分を知る」ことです。

友達に関しての自分の価値観を洗い出すイメージです。

次の質問に答えてみて下さい。

  • 友達が欲しいけど、めんどくさい、とも思いますか?
  • 友達がいない、少ないのは良くないことと思いますか?
  • 友達が多い人を羨ましいと思いますか?
  • 本当の友達とはどういう関係でしょうか?
  • 友達ってどこからでしょうか?

友達が欲しいのに、なぜ自分を知る必要があるのか?と思うかもしれませんね。

でもね、こういう自分の価値観を知っておくことは、この先にきっと役に立つんです。

というのも、皆さんそれぞれ、友達についての価値観は違います。

例えばです。

  • 友達なんていらない
  • 1人のほうが楽だから友達付合いは基本しない
  • 友達は1人いれば十分
  • 広く浅い付き合いより、浅く深い付き合いのほうが好き

こういう方もいらっしゃいます。これは価値観です。

人との関わり方に正解はありません。

あなたが「友達が欲しい、友達を作りたい」と思って、知り合った人との距離をすぐに縮めようとしても、相手の方は、「友達なんていらない」と思っているかもしれません。

つまり、誰とでも友達になるなんて無理です。

あなたの価値観と合う人が、友達になりやすいということです。

ですので、まずはあなたの価値観を書き出して見ましょう、ということです。

どうでしょうか。

あなたにとって、友達とは何でしょうか?

2:目標を決める「友達作りで何を求める?」

ステップ1で自分のことを知りましたら、次は「目標」です。

現時点では「友達を作る自信がない」として、どうなると、お悩み解決に向かえますか?

これも人によって違うはずです。

  • すぐに友達になれなくても、まず出会いが欲しい
  • 共通の趣味を話せる友達が1人欲しい
  • 休みの日に話し相手になってくれる友達が欲しい
  • 友達から恋人に発展するかもしれないので異性の友達が欲しい
  • 人見知りなので、まずは自分に自信を持ちたい
  • 学校で1人友達を作る
  • 会社とは別に友達が欲しい

いきなり、「1ヶ月で友達を1人作る」、という目標は無理があります。

相手があることですので、期限を切って目標をたてるのは難しいですよね。

まずは、「こういう関係の友達」を作りたい、ありたい。

それを書き出してみましょう。

ステップ1とステップ2をまとめます。・ステップ1:友達とは、自分が苦手なこと辛いことも話せる、聞ける、そんな関係
・ステップ2:何でも話せる友達が欲しい、出来れば趣味が同じだと何でも話せそう

あくまで、一例ですが、こういう方がいたとしましょう。

ここまでは、1人でしていただく作業です。

ここからは、具体的にどう行動すればいいか、という実践編です。

3:目標に近づくための行動

ステップ3では、いよいよ実践です。

友達を作る自信がないと思いながら、何もしなければ、勝手に友達が出来ることはまずないでしょう。

もちろん、学校や会社やプライベートな場所で、気付いたら友達になっていたということもあるかもしれませんが、やはり、自分なりに行動を変えることで、友達が出来る可能性は高くなります。

では「友達の作り方」として、どう行動すればいいのか?

これも、当然皆さんそれぞれ違います。

3人を例に挙げましょう。

友達が欲しい学生さん

学生さんの場合、学校でクラスメートやクラブ活動で知り合いは増えるけど、友達にはなれない、というケースもあると思います。

ステップ1と2で、自分がどういう友達が欲しいかを把握できたと思います。

もし、「共通の趣味を持った友達が欲しい」というのであれば、あなたに必要なのは、「あなたと同じ趣味を持った人を見つける」ことです。

どうすれば見つかるか?

これは会話するしかありません。

相手の方に、質問しながら聞いてみるしか分かりません。

ただ、自分のことも話さずに質問ばかりするのはおすすめしません。

自分のことも話しながら、相手のことも質問しながら共通点を見つけていく。

そんな会話が出来るようなコミュ力を身につけたいところです。

出会いが全くない社会人

大人になり、社会人になると、新しい出会いが減ることも珍しくありません。

もちろん、仕事内容によっては、新しい出会いが多い職場もあると思いますが、出会いがない方が、友達がいないと悩んでいる印象があります。

この方の場合の課題は「友達になるかもしれない人との出会いを増やすこと」です。

ここでも先ほどの「出来れば同じ趣味の友達が欲しい」という人を例に挙げます。

その場合は、その趣味に関連するサークルや何らかの会、習い事に参加するのも一つです。

料理が趣味なら、料理教室や料理サークル。テニスが好きなら、テニス教室やテニスサークル。

普段、全く新しい出会いがないけど、新しい友達が欲しいというままでは、友達作りは難しいですよね。

趣味が読書であれば、SNSで交流を深めることもできますし、読書会に参加したり主催したりして、まずは知り合いを増やすことも可能です。

どうすれば、「出会いが増えるか」を考えてみて下さい。

人見知りで会話が苦手な方

友達が欲しいけど、人見知りで、自分から話しかけることが出来ない、会話するのが苦手、という方もいらっしゃいます。

その場合は、まずは人見知りを改善、克服することを目指すのもいいでしょう。

このように、皆さん、それぞれどう行動すればいいかが違います。

ステップ1で自分を知り、ステップ2で目標を決めて、ステップ3で行動を決める。

まずは、この3つのステップを、ノートに書き出してみましょう。

行動については、まずは自分で考えてみることが大切です。

4:自信をつけるための「繰り返し」

「友達を作る自信がない」

という状態は、「何をしたらいいか分からない、どう行動したらいいか分からない」という状態だと思います。

ステップ1、2、3を見ていくと、自分が何をすればいいか、少し見えてくるのではないでしょうか。

友達の作り方として、絶対的な方法はありません。

なぜなら、人それぞれ、友達に関する価値観が違いますし、どうなりたいかも違うからです。

ステップ4は「繰り返す」です。

ステップ1、2、3を定期的に繰り返していきましょう。

皆さんが目指すこれからに、近づけることを願っています。

友達を作る自信がない方へのアドバイス

友達に関するお悩みはとても多いです。

  • 友達が欲しい
  • 友達が煩わしい
  • 友達との距離感が分からない
  • ママ友とのいざこざ
  • 職場の人と友達になれるのか

大切なのは、ご本人がどうなりたいのか、どうありたいのかです。

僕が「友達とはこう接しましょう」なんてことは言いませんし、そんな言葉は無意味です。

ですので、まずは、ステップ1の自分を知ることから、始めてみることをおすすめします。

4ステップで考える習慣をつけると、何かと色んな悩みや迷いに対処しやすくなるので、おすすめです。

友達を作る自信がない方へのQ&A

人見知りでも友達は出来ますか?
出来ると思います。もちろん、人見知りで自分から話すのが苦手な場合は、友達になれるチャンスが減る可能性はあります。ただ、人見知りな方でも友達が多い方もいます。人見知りすることはあまり気にしないほうがいいかもしれません。人見知りをなおしたいのであれば、そのための行動をとることをおすすめしますし、今のままがいいということであれば、今のままで出来る友達作りをされてはいかがでしょうか。

友達の作り方に関連するページがこちら

友達はもちろん、恋人探しであっても、自分の話しネタが多いほうが、コミュニケーションもとりやすいと思います。

盛り上がる話題を知っておくことで、会話も盛り上がることが増えると思いますよ。

友達、恋人、夫婦、職場の人間関係であっても、相手への興味と敬意が重要です。

それもないのに、近づきたいからといって質問ばかりしてると、嫌われることもありえます。相手が女性でも男性でも、年上でも年下でも、上司でも部下でも、先輩でも後輩でも、誰であっても、相手に興味と敬意を持っていたいものです。

大人(社会人)になってからの友達の作り方はこちらでも書いています。

このページをお読みいただいてからのほうが、分かりやすいと思います。