HSPの電話相談はどこ【2022】聞いて欲しい話したい時におすすめ

HSPの電話相談はどこ【2022】聞いて欲しい話したい時におすすめ

HSPの方が楽になる方法。

それは「話すこと」です。

それでは、

  • HSPだと自分で思う方
  • 電話で悩み相談したい
  • 誰かに話を聞いて欲しい

という場合に、おすすめの先生を紹介します。

電話相談できる先生はたくさんいますが、その中でも、私がおすすすめする「お二人」の先生をご紹介します。

先生ご紹介の後に、なぜ対面ではなく、電話相談がおすすめなのかも書いていますので、ぜひ参考にして下さい。

HSP気質で電話相談におすすめの先生

HSP気質で誰かに話したい時は

まずは、先生のご紹介から。

一ノ瀬ゆう先生「寄り添いサポーター@繊細さん」

私がおすすめする理由。

  • 10年で約1000人のお悩みを聞き解決した相談事の専門家
  • 500件を超える高い評価
  • ご本人がHSP
  • ココナラでプラチナランク

いつも予約が入っている(お願い中)状態ですので、すぐには電話が繋がらないかもしれませんが、そんな時は「電話予約」を入れておきましょう。

実績のある方ですが、感想を読むと分かりますが、安心してお話できるという声が多いのがよくわかります。

料金 100円/1分
お申込み方法 リンク先のココナラのページより
電話予約 可能

HSPご本人が電話で相談に乗ってくれる一ノ瀬さんのサービスにココナラで申し込む

野崎真礼先生「繊細さん専門相談員・HSPセラピスト」

私がおすすめする理由。

  • 繊細さんのための相談室として繊細な方専門
  • 喜びの感想がたくさん
  • ご本人がHSP

これは私の持論ですが、じっくり否定せずに話を聞くというのは、カウンセリングやコーチングなどの知識だけでは難しい部分があると強く感じています。

ご本人の経験、カウンセリングやコーチングの「経験」などを通じて、寄り添えるカウンセラーやコーチになれるものと思います。

野崎先生にはその経験があるからこそ、口コミでの評価が高いのかと思います。

  • 誰にも言えないお悩み
  • 繊細で傷つきやすく、疲れやすい
  • 家族のお悩み・対人関係のお悩み
  • ちょこっと誰かと話したい

否定されることなく、何でも話せる方が一人でもいると、日々の支えになることと思います。

野崎真礼先生に話してみる

野崎先生は、心が弱っている人に寄り添えるカウンセラーさんだと感じます。

HSPの電話相談はココナラをおすすめする理由

HSPの電話相談はココナラをおすすめする理由

私はココナラで登録されている先生をおすすめしていますが、その理由をお伝えしておきます。

もちろん、ココナラの電話相談はメリットだけではなく、デメリットもありますので、そこはよく把握しておいたほうがいいでしょう。

また、今後、ココナラ以外でも、HSPに関して、この先生がおすすめですという方がいらっしゃいましたらご紹介していきます。

HSPの方のココナラ電話相談のメリット

こういうメリットが考えられます。

  • 顔を見せないし、個人情報を伝えないので深い話が出来る
  • 分単位で課金されるので、小まめに相談できる
  • 先生にもよりますが、予約を取れる

一つずつ解説します。

顔を見せず個人情報を伝えずHSPの話が出来る

人間関係で悩みがあった時、心が落ち着かない時、誰かに話を聞いて欲しい時。

相談する機関となると、精神科や心療内科や心を専門に扱うクリニックなどがあります。

もちろん、そういう専門機関を受診するのも一つの手段ですし、それで上手くいく方はいらっしゃると思います。

ただ、顔を見せて話すこと、個人情報を病院に提出することを考えると、敷居が高いとも言えます。

ココナラの電話相談の場合は、顔を見せずに電話だけで話せますし、個人情報を先生に見せることもありません。

プライバシーが守られた状態で話が出来るのは大きなメリットだと考えす。

電話が分単位で課金されるので、小まめにHSPの相談ができる

専門機関やネットでのカウンセリングの場合、時間単位で予約を取ることになります。

30分だったり、60分といった時間単位ですね。

このあたりは、病院なのか、オンラインの心理カウンセラーなのかによっても違ってはきますが、オンラインの場合は、50分6,000円といった価格設定ですね。

これも個人的な考えですが、もし1ヶ月に1度カウンセリングを受けるのであれば、1週間に1回、電話相談(話を聞いてもらう)をしたほうが、気持ちの落ち着きには効果があるのではないでしょうか。

なぜかというと、電話で相談することで、アドバイスをもらって悩みを解決する効果があるかもしれませんが、次の予定を楽しみにすることで、それが心の支えになる効果もあるからです。

ココナラの先生によって分単位の価格が異なりますが、一番安い場合で1分100円です。

であれば、50分6,000円のカウンセリングを1ヶ月に1度受けるのであれば、1回のカウンセリングを10分にして1,000円。それを週1回にして、月に4回にしたほうがいいというのが私の考えです。

1週間に1回10分の会話をするとして、そこに向けて、「先生に何を聞いてもらおう」という意識が、ポジティブな思考に繋がると考えます。

この考えは、私が影響を受けたポジティブ心理学の影響を受けています。

「楽しみをカレンダーに書く」という方法は、ショーン・エイカー氏が言っていたものですが、メンタルケアのためには、とても効果があると感じています。

ですので、分単位が課金されるココナラは、小分けにカウセリング、相談ができるのが大きなメリットです。

先生にもよりますが、HSP相談の予約を取れる

ココナラの電話相談サービスは、予約できる先生と出来ない先生がいます。

これは出品者側の設定によるものです。

予約が出来ない先生の場合は、「相談中」になっていると、予約も出来ませんので、空きが出来るのを待つしかありません。

予約が出来る先生の場合は、枠が一杯でも、すぐに電話受付できる場合でも、予約申込が出来るので、あとは先生と日時を調整することが可能です。

このあたりは、申し込みの流れが非常に分かりやすいのが、ココナラなんです。

HSPの方のココナラ電話相談のデメリット

ココナラ電話相談サービスもメリットだけではありません。

もちろん、デメリットもあります。

それは、先生の質です。

心のケアをしてくれる先生には、公認心理師、臨床心理士、産業カウンセラー、といった資格を持った先生もいますが、心理カウンセラーと名乗るには、誰の許可も、どんな資格も必要がありません。

コーチや占い師もそうですね。

ですので、心理カウンセラーといっても、カウンセリングの知識があろうがなかろうと、名乗ることは出来るわけです。

ココナラの場合、占いに関しては、「認定占い師」という制度が2021年に出来ましたが、カウンセリンに関しては、そのような制度もありません。

ということは、カウンセリング経験もない、知識もちょっと本を読んだくらいでも、「心理カウンセラーです」と名乗って、ココナラに出品出来てしまうんです。

私の経験上、心理に関する資格を持っていても、すぐに否定するような聞き方をする知り合いがいますし、決して、資格がすべてとは思いません。

ただ、受ける側が先生を選ぶ時に、何を基準に選べばいいかが分かりづらい部分でもあります。

プロフィール欄に、持っている資格を書いている人もいますが、一人一人チェックしていくのはなかなか大変です。

もしかしたら今後、ココナラの中でも、カウンセリングの公的資格を持っている人で検索できるようになったり、カウンセリング経験が何年以上という条件で検索できるようになるかもしれませんが、今のところは、自分で考えて探す必要があります。

私が思うのは、やはりカウンセリングで否定はあって欲しくありませんが、現実、ないわけではありません。

HSPかどうかにかかわらず、やはり否定されたら、気分が落ち込んでり、自己肯定感が下がることはあるでしょう。

ココナラの電話相談のデメリットは、質の悪いカウンセラーに当たる可能性があるということです。

以上です。