自分に自信をつける方法(1)「勉強も仕事も恋愛も自分のマニュアルを作る」

自分に自信をつける方法(1)「勉強も仕事も恋愛も自分のマニュアルを作る」

自分に自信をつける方法、第一回目です。

Youtubeで動画を配信した内容のブログ版ですので、動画がこのブログはほぼ同じ内容です。

自分に自信を持つのはとても大切です。

最近では、自己肯定感という言葉もよく目にしますが、「自分なら大丈夫、できる」と思えるかどうかは、自信があるかどうかとも関係してくると思います。

ぜひ動画かブログでご覧下さい。

動画版はこちらです。

ブログ版はこちらから、ご購読下さい。

自分に自信をつける方法(1)「勉強も仕事も恋愛も自分のマニュアルを作る」

今日のテーマは「自分に自信をつける方法」です。

「自分に自信をつける方法」といっても、色んな方法があります。

例えば。

  • 人と比べることをやめる
  • 知識をつける
  • 小さな目標を決めて成功体験を積む
  • 何か新しいことをとにかく始める
  • 自分の長所や強みをみつける
  • 自己暗示をかける
  • 自分を褒める
  • 筋トレをする
  • 出来たことをノートに書く
  • 感謝する

ネットや動画で調べたら、もっともっとたくさん出てくると思います。

僕は今、40代後半なんで、学生時代の頃ってインターネットはなかったんです。

だから、今みたいに「自分に自信をつける方法」を知りたいと思ったら、本で読むか、自己啓発セミナーとかを受けるくらいしか方法がなかった気がします。

その頃と比べると「自分に自信をつける方法」を知る手段は大きく増えましたよね。

検索サイトで検索する、youtubeで動画をみる、本屋に行く、セミナーを受ける。

オンラインでもオフラインでも、たぶんね、ネットがなかった頃と比べると「自信をつける方法」は簡単に知れると思います。

自信を持っている人は増えていない気がする

ではです。

僕が学生の頃、ネットがなかった頃。20年以上前ですね。

その頃と比べて、ネットがあって、自信をつける方法をすぐに見つけれる今。

この2つの時期を比べて、自信を持っている人は増えたのでしょうか。

方法はたくさん見つけれるようになったんですから、当時より、自信を持っている人が増えてても不思議ではないですよね。

でもね、僕は増えてる気がしないんです。同じくらいかもしれませんが、決して増えてるとは思えないんです。まあ感覚ですよ。別にアンケートをとったりデータを分析したわけでもなく、完全な憶測ですけどね。

なぜか?

僕の答えは「方法が増えすぎたから」だと思うんです。

例えばね、何らかの方法を探してるとします。「自分に自信をつける方法」としましょう。

ネットで検索したら、ブログとかが出てきます。「自信をつける方法10選」とかですね。

では。

あなたが、もしそのような記事を読んだとして、どうなりますか?

読み終わって、なるほどなるほど、と、確かに確かに、と。それで終わったりしないですか?

僕は、そういうこと今までに何度もありましたし、たぶんずっとそんな感じでした。

今でもそういうことあります。

つまり、行動は何も変わっていないということなんです。

なぜ、行動が変わらないかというと、方法が多すぎるからです。

もし10選と載っていたとして、いきなり10個の方法をすぐに始めるなんて不可能です。

最初に僕が言った、「人と比べることをやめる、知識をつける、小さな目標を決めて成功体験を積む」とか、この動画をききおわった後すぐに、行動に移せますか?無理ですよね。

ということは、自分でこの中から選ばないといけないわけです。

まず、その作業が大変です。

10個を比較して、自分にはどれが合っているか。考えるのが大変なんです。だから、行動に移せない。

というのが僕の考えです。

そこでです。

ここから本題です。

人との関わりに自信を持つ

「勉強も仕事も恋愛も自分のマニュアルを作る」

というタイトルをつけました。

自分に自信をつける、といっても、それではあまりも漠然としてるので、テーマを決めましょう。

今回は「人との関わりに自信を持つ」としましょう。

もし、これを聞いていただいているあなたが求めてる自信とは違うかもしれませんが、考え方としては同じなので、聞いていただけたらと思います。

方法としては、1冊ノートを用意します。

このノートはあまたが作るマニュアルの本です。

今までは、誰かの方法が載ってるマニュアルを、ネットや動画でみてまわっていただけかもしれません。

それを変えるんです。

そのノートのタイトルは「私の人間関係マニュアル」でも何でもいいです。自分でつけて下さい。

そして、これから、誰かの方法を知って、それは取り入れたいと思ったら、あなたのノートに自分の言葉で書いていくんです。

例えばです。

「人との関わりに自信を持つ」と考えたときに、まずは「自分から話しかけられるようになる方法」を探してみよう。としたとします。

そしたら、その方法を調べる。たくさん出てくると思います。そこで終わってはダメなんです。

その方法の中から、これは絶対取り入れたい、と思うものを自分のマニュアルに自分の言葉で書く、そして実践する。

これを1ヶ月も続ければ、「私の人間関係マニュアル」は確実に濃い中身になっていきます。

そして、実践してみると分かりますが、上手くいくと思った方法が上手くいかないことが出てきます。
これがとても大事なんです。

方法なんてのは、絶対上手くものではないんです。

例えばね。僕は昔、話の聞き方というのを学んだことがあるんです。こういうふうに聞きましょうという10の方法みたいのでした。

否定しない、相槌をうつ、最後まで聞くとかね。

確かにもっともなことを言われました。

でもね、いくら話の聞き方を学んでも、いきなり攻撃的な人がいたり、まったく話してくれない人がいたり、その聞き方を使えない場面って、何度も何度もあったんです。

まあ、今はそれで良かったと思っています。

なぜかというと、どんな方法も万能ではない、ということが分かったからです。

で、話をもどしますね。

「私の人間関係マニュアル」というのは、自分の軸になっていくんです。

方法ってね、たくさんあるので、自分が信じた以外の方法や考え方を目にすることが出てきたりするんです。

このマニュアルの大事なところは、どんな方法を目にしても、「自分はこうだ」と言える軸になるんです。そしてその軸が、自分の自信になるんです。

自分に自信がない状態というのは、「自分ならこうだ」とはっきり言えるような、考えがまとまっていない状態という可能性があるんです。

ですので、一つ一つ、自分の軸を作っていくんです。それが「私の人間関係マニュアル」なんです。

今回は「人との関わりに自信を持つ」として紹介しましたが、もし恋愛に自信を持ちたいなら「私の恋愛マニュアル」を作ってみましょう、もし仕事に自信を持ちたいなら「私の仕事マニュアル」を作りましょう。

最後に。

僕はノートを作りましょうといいました。

これが大事なんです。

人は忘却の生き物です。

意識を向けていないことは、すぐに忘れます。

3日前の夜ご飯は何を食べましたか?覚えていますか?

もし、その3日前が、誕生日だったら覚えているかもしれませんね。

でも、日常の中での食事って、1日、2日もたてば忘れていきますよね。

ネットで方法を探したり、心地よい言葉を耳にしても、次の日には忘れてることが多かったりするんです。

だから、書き留めることが大切なんです。

だって、人は忘却の生き物ですから。

「自分に自信をつける方法」は、まだまだお話したいことがありますので、動画の高評価が増えてきましたら、、またご紹介します。

本日は以上です。

コーチ、未知賢人でした。

ではまた。