就職や転職に求められるコミュニケーション能力まとめ

新卒での就職活動であれ、転職であれ、コミュニケーション能力が求められる場面は多くあります。

僕自身は、大学を卒業後に就職し、その後、何度も転職を繰り返した経験がありますが、会社によって求められるスキルは異なるでしょうけど、それでもあって損はないのがコミュニケーション能力です。

コミュニケーション能力が全てではありませんが、ないよりはあったほうが有利になることでしょう。

コミュニケーション能力が会社で必用とされる理由

コミュニケーション能力がなぜ会社で求めれるか?

それは会社の方針や考え方にもよるとは思いますが、僕のように最初は1人で自営業者として活動している人もいますが、就職活動や転職活動するということは、会社にはそれなりの人が働いているということでしょう。

自分一人で経営することでもない限り、多くの人とかかわりながら仕事をすることとなります。

会社に入れば、数名でプロジェクトを組むこともありますし、2日でペアで仕事を担当することもあったり、上司がいて部下が出来たり、会社の中での人間関係も仕事の一つというくらい、複雑にからんで来ます。

ある人に話を聞いたのですが、会社を退職する理由で多いのが「金銭面」や「待遇面」より、「対人関係」と答えた人のほうが多かったそうです。

僕自身も、今まで会社を辞める際、一番大きな理由はやっぱり「対人関係」でした。

仕事自体は、人と接しない仕事をすることは出来ても、会社の中でのコミュニケーションは避けて通ることは難しいです。

営業職として取引先とのコミュニケーションだけでなく、社内にもコミュニケーションをとる場は多くあります。

もし自分が人材を採用する立場だったと考えると、やはりコミュニケーション能力は高いにこしたことはないと思いませんか?

就職や転職でコミュニケーション能力を活かしたいなら具体的に

就職や転職での面接の際に、自分のPR文などを書く際に、コミュニケーション能力が高いとアピールしても、受ける側からするとよく分かりません。

言葉で「自分はコミュニケーション能力が高い」「コミュニケーションに自信がある」などと言われてもどういうったタイプのコミュニケーションかが分かりません。

  • 上司と部下とのコミュニケーション
  • 板ばさみになった時のコミュニケーション
  • 取引先とのコミュニケーション

様々なコミュニケーションがあります。

では会社が求めているコミュニケーションとはどういうものでしょうか?

まずは社内でのコミュニケーションでしょう。

会社に入れば上下関係があったり同期との関係があったりします。

一言でコミュニケーション能力が高いといっても、具体性がないと他人からはどう評価していいか分かりません。

そこは具体的に自身の経験を踏まえて、なぜ「コミュニケーション能力が高い」と自信を持って言えるのか。それをアピールしたほうがいいでしょうね。

コミュニケーション能力向上のきっかけとなった経験をアピールする

まず新卒での就職活動の場面。

その時点で、今までどういった対人関係があったかですね。

多いのが学生生活でのクラブ活動やサークル活動でしょう。

小さな社会です。先輩がいて後輩がいて。そんな環境で身につくのが「気を使う」ということ。

常に同じ学年の友達と過ごすのとは違う緊張感であったり、遠慮であったり。

コミュニケーションの機会が増えることでしょう。

ただ、それが良い方向に向かっているかどうかというと、一概には言えません。

先輩からの影響で、後輩には厳しくする、遠慮なくものを言う、圧力をかけるような言い方をする、そういったやり方が後輩に引き継がれている場合もあります。

ですので、さらに具体的に、クラブ活動やサークル活動でどういった点が、コミュニケーション能力の向上に役立ったか。

そこまで述べたいところです。

では中途採用、転職の場面。

すでに社会人として活動したことがあるか、もしくは、新卒以外での入社、転職の場合ですね。

その場合は、学生生活が終わってすでに数年経っていると思いますので、学生自体とはまた違った活動をした経験があるかもしれません。

地域のボランティア活動であったり、自治会活動であったりですね。

僕の場合は自治会の会長を務めたことがありますが、そこでの経験は大きな転機となりました。

ただ単に、多岐に渡る世代の方々と接する機会が増えたただけでなく、どのようにするのが円滑なコミュニケーションに繋がるのか、それを深く考えるようになりました。

  • 聴くこと
  • 質問すること
  • 自己開示すること

人見知り克服のためのスキルとして得た知識のほとんどは、地域活動によるものだと思っています。

心理学を学んでいたこともありますが、実際に、多くの人と接し、コミュニケーションについて考えさせられる場面が多ければ多いほど、学びも多いことでしょう。

この場合でもいかに具体的にアピールできるかが大切でしょう。