【聞き上手になる方法】聞くのが上手い人を真似るが近道

【聞き上手になる方法】聞くのが上手い人を真似るが近道

【聞き上手になる方法】聞くのが上手い人を真似るが近道

聞き上手になりたい、もっと上手く人の話を聞けるようになりたい。そういうご相談をいただくことがありますが。本や動画やセミナーで学ぶこともできますが、おすすめは、聞くのが上手い人の特徴を真似る方法です。

コーチ、未知賢人です。

今日は「聞き上手」をテーマに、ラジオのようにお話をさせていただきます。

電車の中や寝る前にでも、ゆったり聞いていただけたら嬉しいです。

音声版はこちらのYouTubeにて。

聞き上手ってどんな人?

数日前に、知り合いと話をしている時に、「聞き上手」という言葉が話題に上がったんですね。

「こういう聞き方してくれると、話しやすいですよね」とか「こういう聞き方されると、もう話したくないって思いますよね」といった話になったんですね。

例を挙げると、「最後まで聞いてくれる」というのが真っ先に挙がりました。

これね、その会話のもうちょっと前に、別の知り合いの方が言ってたんですが、その方には心理学を学んでる知り合いがいて、話しをする機会もあるそうなんです。

そういう心理学とか学んだる人って、聞き上手なイメージがありますが、その知り合いの方は、全然最後まで話しを聞いてくれないそうなんです。

話しが終わる前に、アドバイスをしてくるそうなんです。

「もっとこうしたらどうかな?」とか、話しが終わる前に、アドバイスしてくるそうなんです。

もちろん、心理学を学んでいる人がみんなそうってわけじゃないですけど、僕の知り合いにも何人もいるんです。心理学を学んでいて、人の話を聞いてるようで、すぐに自分のアドバイスを始める人がね。

でね。

話し戻りますけど、聞き上手な人って、無暗にアドバイスをしないですよね、っていう話しになったんです。

もちろん、アドバイスを求められたらアドバイスをしたらいいでしょうけど、求められてもないのに、アドバイスをされたら、時々嫌な気持ちになったりするんじゃないでしょうかね。

まあ、そんな感じで、「聞き上手」について色々話してる中で、そういえば、僕が最近、この方はすごく聞き上手で素敵な方だなって思った人がいたので、そのことについても話したんです。

その方というのが「突撃!隣の晩ごはん」でお馴染みの「ヨネスケさん」です。落語家さんであり、タレントさんでもあります。

数か月前から、この方のYoutubeチャンネルを楽しみにしているんですけど、会によっては、若手の落語家さんと対談みたいなのをしてるんです。

それを見た時、「思ってた方と違うな~」という印象がありました。

というのも、すっごく話しやすい方だなという印象を受けたんです。

例えばね。

  • 相手がずっと年下でも、敬意を持って話を聞く
  • どんどん話したくなるような相槌を入れる
  • 前のめりな感じで、興味を持って話しを聞く

そういう感じです。

4月だったかで確か74歳になったヨネスケさんなんですが、その対談を見てて、何と謙虚な方なんだろうって思ったんです。

この方だったら、もっと話を聞いて欲しいなって思うだろうなってね。

でね。

ここからは、「聞き上手になる方法」をテーマにお話ししていきます。

聞き上手になる方法

クライアントの方からのご相談としてね、会話の時に、「どういう聞き方をしていいか分からない」とか「聞き上手になりたいんです」というお話をいただくことがあります。

そんな時にね、僕がよくお話しすることがあって。

それはね。「聞き上手になるには、聞き上手になる方法という本を読むよりも、聞き上手な人を一人挙げて、その人の聞き方の特徴を挙げて、それを真似るほうが近道だったりしますよ」ということなんです。

聞き上手って、ものすごく漠然としてしていますね。

だから、聞き上手になる方法といった本では、「こういうふうに聴きましょう」という方法が載っているわけです。

ところがね、その方法を取り入れるのは、一時的に上手くいっても、なかなか続けるのが難しかったりするんです。

それはね、もし、その「聞き上手になる方法」という本を書いた人が、あなたが尊敬する人の本だったり、憧れの人だったりしたらまだいいと思います。

でもね、まったく知らない人が書いた本だったりしたら、その方法を取り入れようとしても、自分がどういう聞き上手になれるのかがイメージしにくいんだと思います。

だからね、僕がおすすめする、聞き上手になる方法は、順番としてはこうです。

  • あなたが聞き上手だと思う人を一人挙げる
  • その人が聞き上手だと思う聞き方や、聞く時の特徴を5つ挙げる
  • その5つの会話の中で取り入れる。そして続ける

これだけです。

ちょっと面倒でしょ。

「聞き上手な人ってだれかな?」とか「どんな特徴があるかな?」とか考えないといけないんです。

でもね、このほうが近道だと僕は思ってます。

これはね、聞き上手だけでなく、他のコミュ力でも同じやり方で上手くいくはずです。

質問が上手くなりたいならね。

対談するような番組を見て、質問の上手い人を見つけるんです。

どういう質問をしてるか?

その内容とかタイミングを分析してみるんです。

そして、それを真似るんです。

そうすることで、目標を設定しやすいでしょ。

本でコミュ力を学ぶデメリットはね、イメージしにくいんです。

300ページもあるような、聞き方を買うよりもね。

自分が聞き上手だと思う人を分析して、その人を真似るほうが、僕は確実で早いと思っています。

良かったら参考にして下さいね。

今日はここまでです。

久しぶりの配信となってしまいましたが、これからもラジオっぽく配信を続けますので、ぜひ、チャンネル登録しておいて下さいね。

コーチ未知賢人でした。

では、また。

関連ページはこちらです。

先日、LINE公式アカウントでもご案内しましたが、コミュニケーションコーチングから、少し変えたサービスを始めました。

それが、【コミュニケーション専門のオンライン家庭教師】です。

内容だけでも見ていって下さいね。