聞き上手は否定しない│否定から入る人は疲れるし話したくない

聞き上手は否定しない│否定から入る人は疲れるし話したくない

聞き上手になるには否定しない。

それが今日の課題です。

否定というのは、「相手の話し」の否定、「相手自身」の否定。どちらもです。

否定されて嬉しい人はいないでしょうから、聞き上手になるには否定はやめましょう。

  • 聞き上手になりたい人
  • コミュ力おばけになりたい
  • 就職や転職の時にコミュニケーション力を強みにしたい

そんな皆さんは、ぜひ最後まで見ていって下さいね。

youtube音声版はこちらです。

なお、こちらの「コミュ力おばけの学校」では、聞く力、話す力、質問する力を上げる方法もまとめていますので、ぜひ参考にして下さい。

では本題です。

聞き上手が否定しない2つのこと

会話の例を挙げます。

知り合いとの会話です。

A:新しい仕事を始めようと思うんです。○○という感じの仕事なんです。

B:うーん、でも、その仕事は簡単ではないと思いますけどね。

どうでしょうか。

話を最後まで聞かずに、Aさんの「やろうとしてる仕事」を否定しています。

では次。

職場での上司と部下の会話です。

部下A:今度の商品、クライアントに新しいアプローチをしてみようと思うんです。

上司A:うーん、いや、お前に出来るの?今までのことがあるからな~

こういう聞き方をされてどうですか?

実は、どちらも、僕自身が経験したことなんです。

最初の知り合いとの会話でしたら「僕のアイデア」を否定されています。

次の上司からは「僕自身(の能力)」を否定されています。人格否定とも言えます。

否定から入る人というのは、「話しの内容」か「話してる人自身」のどちらかを否定しています。

時には両方ということもあります。

こういう方は、やる気を削ぐのが上手いんです。

話してみると、だんだんやる気がなくなってきたりします。

では、聞き上手な人はというと、そうです、逆です。

否定しないで聞いてくれる人です。

聞き上手になるには「否定ばかりする人」にならない

聞き上手になるには、否定ばかりする人にならなければいいんです。

自分と違う考え、価値観の話をされると、ついつい否定したくなるかもしれませんが、否定したところで、お互い気持ちの良いものではありません。

まずは「そういう考え方もあるんだな」と受け入れましょう。

決して「同意しましょう」と言うわけではありません。

相手の考えを「一旦キャッチしましょう」ということです。

コミュ力おばけの学校で大事にしている「話の聞き方」の一つが、この「否定せずに話を聞く」ということです。

否定ばかりする人との付き合い方

これを読んでいただいている人は、きっと聞き上手になりたい方ですよね。

ですので、きっと、相手の話しも相手のことも、否定したりするような聞き方はされないと思います。

では、話をするとすぐに否定する人が目の前に現れたらどうしましょう。

  • 何を言っても否定される上司や親
  • 頑張ってるのに否定される先輩
  • いちいち否定する人

多くの人は、こういう否定ばかりする人に出会ったこと、否定ばかりされる経験をされたことがあるのではないでしょうか。

その場合はどうするか?

  • 相手はそういう人だと受け入れる(諦める)
  • 距離を置く

相手はそういう人だと受け入れる、というのは、先ほどと同じく「否定から入る人なんだな」と受け入れることです。

そこから「なぜそんなに否定的なんだろう?」と考え出すと、ストレスが増幅してしまいます。

無視するわけではありません。ただただ「そういう否定から入る人なんだな」で終わりにするということです。

距離をおくことが出来るなら、それも一つです。

やっぱり、否定から入る人が身近にいると、少なからず影響を受けます。

職場でも家庭でも学校でもそうですが、否定しない人のほうが、話しをしていて心地よいと思います。

ただ、そう簡単に距離を置けない相手もいるでしょうから、その場合は、やはり「そういう人なんだな」で考えを止める練習をしたほうがいいと思います。

聞き上手は否定しない│まとめ

今回は、否定ばかりする人の心理については触れませんでしたが、マウントを取りたいのかもしれませんね。

どういう理由であれば、否定された側はストレスになるし、疲れるでしょう。

本当に大切な人であれば、「否定」するのではなく、「提案」してあげることは好ましいと思います。

聞き上手を自分の強みの一つにするには、「否定しない性格」を入れたいところです。

コミュ力おばけの特徴の一つとして「否定しない聞き方」をご紹介しましたが、反論してはダメとか、何でも同意するということではありません。

最後に、「聞き上手になるには」をテーマにした関連ページをご紹介します。

話しの途中でアドバイスするのはやめたほうがいいですね。聞き上手になるには、とにかく最後まで話を聞くことが大切です。

どうしてもアドバイスが必要な場合でも、まずは相手の話しを最後まで聞いてからにしましょう。

話しの腰を折るようなアドバイスは、嬉しいものではありません。

聞き上手は否定しない:Q&A

聞き上手になるために、人の話しを否定しない練習方法はありますか?

これはもう練習あるのみです。

聞き上手になるために特に大事なことは「否定、反論、アドバイスせずに、最後まで話を聞く」ということです。

これをまず意識して聴いてみましょう。

例えば「あなたが面白いと思わないテレビドラマ。

それについて、めちゃくちゃ面白い!っていう話をされた場合。

いえいえ、全然面白くないです、と本音を言う必要はありません。

だって、相手の方が面白いと思ったのは事実ですから。

相手の方を敬う気持ちがあれば、相手の方の価値観を否定することはないと思います。

相手への興味と敬意は忘れないでいたいものです。

人格否定する職場の先輩や上司との関わり方

話の流れで、自分の意見を否定されることはあっても、人格否定が続くようでしたら、それは「そういう人なんだな」では済まされません。

意見や行動などについて否定してくるのではなく、仕事とは関係ない部分のことで、人格を否定されるなら、それはいじめやパワハラといったものになり、犯罪行為にもなりえます。

社内で相談できる部署があるなら相談したほうがいいでしょうし、外部の相談窓口に相談したほうがいいでしょう。

気をつけないといけないのが、自分がどういう聞き方をしているかということです。

部下や後輩の話を聞く時に、気付いたら、人格を否定するような発言はしていないか、あるいは、子供や部活の後輩に対して否定から入る人になっていないか、少し考えてみることも大切だと思います。

以上です。