オンライン読書会「コミュ力おばけの読書会」(ZOOM開催/コーチ ハラサトシ)

オンライン読書会「コミュ力おばけの読書会」(ZOOM開催/コーチ ハラサトシ)

コミュ力おばけの学校では、テーマごとに色々な会を開催しています。

このページでのご紹介はこちら。

オンライン読書会「コミュ力おばけの読書会」

こういう方におすすめの会です。

  • 読書会に参加するのが好きな方
  • 読書会に参加したいけど勇気が出ない方
  • 読んだ本のことを誰かに話したい方
  • 読書会を主催してみたい方
  • コミュニケーション力を上げたい方

私の読書会体験

私が初めて読書会に参加したのが2018年のこと。

私含めて8人がカフェに集まり、好きな本を持ち寄り順番に発表していく。そんなオーソドックスな読書会でした。

かなり緊張していたのを覚えています。

その後、他の方が主催する読書会に参加させていただいたりもしましたし、私もカフェやオンラインで何度も開催してきました。

読書会の魅力とは?

読書会といっても、主催者によって、やり方も目的も様々です。

詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

基本的なやり方は、こういう流れです。

  1. 順番に自己紹介
  2. 一人ずつ順番におすすめの本を紹介
  3. 質問の時間

人数の分だけ、「発表と質問の時間」を繰り返します。それだです。

読書会の魅力は

  • 知らない本を知るきっかけになる
  • 自分が好きな本の話しを聞いてもらえる
  • アウトプットすることで知識が定着する
  • 楽しい時間を過ごせる

などがあります。

コミュ力おばけの読書会の特徴は?

私が主催する「コミュ力おばけの読書会」は、基本的な流れは同じです。

特徴はというと、「コミュニケーションを大切にする」という点です。

「本が好きな方が、好きな本のことを発表しあう場所」であると同時に、「コミュニケーションの経験を積める場所」という位置づけです。

コミュニケーションで大切な3つ

  • 自分の言葉で本の話をする
  • 他の方の発表をじっくり聴く
  • 発表した方に質問する

読書会で経験できる、コミュニケーションで大切な「話す・聞く・質問する」という経験は、日常生活ではなかなか出来なかったりします。

この読書会では、上手く話せないといけない、巧みな質問をしないといけない、なんてことはありません。

ご参加の方には、ぜひ、人との関わりの時間を大切にしていただけたらと思います。

読書会の費用等とお申込みについて

コミュ力おばけの読書会
価格1,000円(税込)/60分~90分/募集人数、ご参加人数によって時間は変動します
募集人数1人~
発表する本の種類基本は「自由」ですが、会によっては、課題図書として、指定の本について発表しあう会もあります。
備考詳細は、下記ページにてご案内します。

詳細&お申込みはこちら

こくちーずのページへ

お願い

読書会の開催予定が決まっていない場合は、上記こくちーずのページにも予定が掲載されていません。ご連絡をいただけましたら、随時開催します。その場合は私と二人での開催とさせていただきます。下のメルマガにご登録いただき、メルマガに対して「読書会希望」とご連絡をいただけましたら、日程調整をさせていただきます。なお、メルマガ読者様は、今のところ読書会参加費が無料です。

よくあるご質問【コミュ力おばけの読書会】

読書会に参加したことがありませんが、大丈夫ですか?

もちろん大丈夫です。上手く話せなくても、短い時間でも大丈夫です。

オンラインだけの開催ですか?

今の段階ではオンラインのみの開催です。以前はカフェ等でも開催していましたので、今後、時期をみて、カフェや飲食店での開催もしていきます。メルマガでご案内します。

私が読書会で発表したい本(したことがある本)一覧

私が今まで読んだ本で、この本を読書会で紹介したいなと思う本、今までにご紹介したことがある本、それらをまとめておきます。

ウドウロク(有働由美子さん)

ウドウロク(有働由美子さん)

ウドウロク(有働由美子さん)

テレビでみる印象と、本を読んでからの印象では随分と変わりました。

ざっくばらんで、人間くさくて素敵です。

自分の弱さを出してくれるから、自分の弱さも出していいんだと思えそうです。

「自分らしく生きよう」と思える一冊です。ちょっと自分に自信がなくなったときにも、いいのではないでしょうか。

女性だけでなく、男性にもおすすめの一冊です。

小さな習慣

小さな習慣

小さな習慣

いかに「小さいこと」から始めるか。それが継続のカギだということです。

ついつい、完璧を求めるあまり、始める時に大きなハードルを自分で作ってしまうこともあります。

ブログだったら、2000文字以上書かないといけない、Youtubeの動画だったら10分以上の動画を作らないといけない、ウォーキングなら15分以上歩かないといけない。

何かと、目標を高くしたほうが上手くいきそうな気がします。それに、目標を立てている時の気分がいいんです。

でも、実際は、その高いハードルでは継続が難しいことも多いんです。小さな習慣から、まずは始めてみる。そんな本です。