コミュ力アップに絶対おすすめのメルマガ
特典PDFをプレゼント

コミュ力おばけは謙虚さを忘れない(謙虚さを身につけるとコミュ力は上がる)

コミュ力おばけは謙虚さを忘れない(謙虚さを身につけるとコミュ力は上がる)

【記事まとめ】
  • コミュ力おばけは謙虚さを忘れないんです
  • 謙虚さを身につけるとコミュ力は上がるでしょう
  • 謙虚な人ってこんな人
  • 謙虚で控え目でも自信は持っていればいい

謙虚って何?
控え目だけじゃないですよ、というページです、まずは最後までどうぞ

何でも知っているかのような人がいます。

悟ったかのように、全てを知り尽くしてるかのような人がいます。

きっと、それだけの努力と苦労をされてきたのでしょうから、それは尊敬に値することです。

ただ、コミュニケーション力でいうと、謙虚さが欲しいものです。

コミュ力おばけは、年を重ねても「教えて下さい」という言葉を使います。

あるいは「どういう意味ですか?」、「詳しく教えてもらえますか?」、「なぜそのようなことが出来るようになったのですか?」といった質問も投げかけます。

こういった言葉は、謙虚さがあるからこそ生まれるものです。

  • 自分は何でも知っている
  • 目の前の相手から学ぶことなんて何もない
  • 教えてもらうなんてプライドが許さない
  • この人より自分のほうが立場が上だ
  • 今上手くいってるのは自分の実力と努力の結果だ

理由はいろいろあると思いますが、コミュ力おばけは謙虚に教えを請うんです。

コミュ力を上げるための謙虚さ

謙虚になりましょう。

そう言われて、「はい、わかりました、今から謙虚になります」といえる人はなかなかいないでしょう。

謙虚なコミュ力おばけは、その人生の中で、努力や苦痛や上手くいかなかった経験などから、いつのまにか謙虚な人になったのかもしれません。

もしかしたら、親からそういう教育を受けてきたのかもしれません。

それでも、もし、その気になれば、謙虚な人にはなれます。

謙虚な人の特徴

謙虚な人。

少し漠然としてるので、謙虚な人の特徴を挙げます。

謙虚な人は驕らない

謙虚な人は、自分のしてきたことを自慢げに話したりしません。

人と比較して、自分がいかに優れているかを話したりしません。

もちろん、自分のことを下げているわけではありません。

自信を持っていても、プライドがあっても、それでも、周りの人達の力があったから、今の自分があると感謝する気持ちを持っているんです。

自分の力だけで、成功したと思うような人は、周りの人から慕われることはまずないでしょう。

年齢や役職で態度を変えない

これは「驕らない」に通じるものがあります。

例えば会社の社長であっても、謙虚な社長は、今の会社があるのは、社員の皆さんのおかげだという思いがあります。

ですので、全社員に感謝の気持ちを持っています。

年齢や役職でも態度を変えません。もちろん、付き合いの長い人に対して、ざっくばらんに話したりすることはありますが、それでも、年下だから後輩だから、新入社員だからといって、偉そうにしたりはしません。

自己主張より人の話しをよく聴く

自己主張のために自分のことを話すより、相手の話をよく聴きます。

謙虚であるから相手の話をじっくり聞けるというのもあります。

相手が話し終わっていないのに、自分の話を始める人がいますが、それは、「相手の話より自分の話のほうが重要だ」と言っているようなものです。

謙虚な人は、相手の話をよく聴きます。

感謝の気持ちを忘れない

謙虚な人は「ありがとうございます」と感謝の言葉をよく口にします。

どんな些細なことでも、相手が誰でもです。

これは出来そうでなかなか出来ません。

それも心から感謝の言葉を口にされます。とってつけたように、いつもと同じように用意していたような感謝の言葉ではなく、心を込めて感謝の言葉を口にします。

謙虚さを身につけるにはまず感謝の気持ちから

謙虚さを身につけるといっても、簡単ではありません。

まずは「感謝な言葉」を口にする習慣をつけましょう。

とはいえ、言葉にすればいいというわけではありません。

やはり、心からの感謝の言葉が大切です。

思い出してみましょう。今まで、どれだけの人にお世話になったか。

今自分があるのが誰のおかげか。

ノートに書いてみましょう。

恐らく、どんな相手でも、感謝することはあるはずです。

いきなり、全ての知り合いに感謝の言葉をかけるのは無理でしょう。

ですので、まずは、知り合いの名前を書き出して、一人一人に感謝する点を書き出していきましょう。

  • 優しく話を聞いてくれた
  • 旅行の話をしてくれた
  • 笑顔で挨拶してくれた
  • ランチに一緒に行ってくれた

何でも構いません。

そのようにして、感謝するのを当たり前にしていきましょう。

謙虚さを忘れないための習慣

コミュ力おばけは謙虚です。

自分に余裕がある時だけでなく、忙しかったり、自分の時間がない時でも、謙虚になるのに時間もお金もかかりません。

ただ、謙虚でいるだけでいいんです。

  • 謙虚な人は驕らない
  • 年齢や役職で態度を変えない
  • 自己主張より人の話しをよく聴く
  • 感謝の気持ちを忘れない

これは謙虚な人の特徴のほんの一部です。

これらだけでも、謙虚さを身につけたら、周りの反応、接し方も変わってくることでしょう。

謙虚だからって、控え目だけということではありません。時には前に出て、道を切り開くことも必要でしょう。

普段は謙虚で控え目でも、時には自分から前に出て行く大胆さを出すのもいいでしょう。

そのあたりは柔軟さも大切ですね。

それでは最後に関連ページを何ページかご紹介しておきます。

まずはコミュ力おばけは感謝を忘れないというお話しです。

謙虚に学ぶんです。誰が相手でも「教えて下さい」と言えるので、どんどん新しい情報が入ってきます。するとまた新しいアイデアが浮かぶというわけです。

仕事場でもコミュ力おばけは、謙虚に学びます。新入りでも、古株でも、誰が相手でも、素直に学ぶ心と、好奇心がありますから、遠慮はしますが、教えてもらい、学びます。そして成長します。

教えて下さいといわれた側も、きっと嬉しいことでしょう。だって、教えて下さいと言われるということでは、自分を認めてもらえてるということですからね。

そして最後に、コミュ力おばけの作り方のメルマガのご紹介です。

すぐにコミュ力を上げる方法もあります。ぜひメルマガに登録しておいて下さいね。