質問力を磨くトレーニングは「時間軸」と「想像」を加えて鍛える【コミュ力おばけの質問力】

質問力を磨くトレーニングは「時間軸」と「想像」を加えて鍛える【コミュ力おばけの質問力】

コミュニケーション力の中で、質問力は大切です。もし、雑談や会話の中で、何を質問していいか分からないって思った時のご参考にぜひ。

今日のテーマはこちら。

質問力を磨くトレーニングは「時間軸」と「想像」を加えて鍛える。

目指すところ。

質問力を磨くことで、会話や雑談を楽しむ。初対面で人見知りしないくらいに、自然と質問が出てくるようになる。

どうやって質問力を鍛えるか?

質問力を磨くトレーニングとして、質問ノートを作るという方法があります。時間軸と想像を加えることで、違った角度から質問できるようになります。

時間軸を意識してみると、質問力は上がると思います。

ただ、大切なことは、やはり相手への興味と敬意です。それがないことには、どんな質問をしても、上辺だけのものになりかねません。

まずは興味と敬意です。

こんな方におすすめの内容です。

  • 質問力を鍛えたい
  • 質問するのが苦手
  • 何を質問していいか分からない
  • 初対面の人に人見知りしがち
  • 質問力をつけるトレーニングをしたい
  • コミュニケーション力が上がる方法を知りたい

それではスタートです。

質問したいけど何を質問していいか分からない

相手に興味はある。相手のことを知りたい。

でも、何を質問していいか分からない。

そんなことありませんか?

初対面で人と接するのが苦手な人に多いのが、こういうお悩みです。

質問力を鍛えることで、人見知りを改善できたり、雑談が弾んだり、メリットは多いです。

今回は、「時間軸」と「想像」という点から、質問力を鍛える方法をお伝えしていきます。

質問はタイミングが大切

質問力について書く前に、一つ大切なことをお伝えしておきます。

質問力とは、質問の量が多いことではありません。いつでもどこでも誰にでも、質問をすることが良いわけではありません。

質問で大切なのは「タイミング」です。

ベストなタイミングなんてのは、誰にも分かりません。相手があることですので、もしかしたら、私がする質問も、時にはタイミングが悪いこともあることでしょう。

リズム(調子)というのは、誰にでもあると思います。

気分が良い日、悪い日。ワクワクしてる時、沈んでる時。ポジティブな時間、ネガティブな時間。

相手が今、どういう状態なのか、興味を持つこと。そして、よく観ること。これも大切です。

今から質問力を鍛える方法を書きますが、どんな方法であって、まずは相手をよく観て、今この質問して大丈夫かなと考えてから、質問することがおすすめです。

とはいえ、あまり神経質になることもありません。質問してみた後の相手の反応で、その後の会話も考えればいいんですからね。

質問力を磨くトレーニングは「時間軸」と「想像」を加えて鍛える

では本題。

今回は、質問力を磨くトレーニングとして、2つご紹介します。

  • 時間軸を変える
  • 想像を加える

一つずつ解説します。

時間軸を変える

例えば、一つの質問があります。

趣味ってありますか?

まあ、初対面の人とはしないかもしれませんが、よくある質問です。

この質問は「今の趣味を教えて下さい」という質問です。

この質問の時間軸を変えます。

  • 今までにしてきた趣味ってどんなのがありますか?
  • 学生の頃って趣味はありましたか?
  • 社会人になってから趣味は変わりましたか?

これが過去の質問ですね。

次は未来の質問です。

  • これから始めたい趣味はありますか?
  • 仕事をやめた後にしてみたい趣味はありますか?

つまり、「今」のことだけでなく、「過去」のことと「未来」のことも質問するという方法です。

趣味じゃなくても、仕事のこと、旅行のこと、学んでること。何でもいいんです。

ただ、一つ注意が必要です。

まだ親密な関係でもない場合は、過去のことを詮索しすぎないほうがいいでしょう。

過去の仕事、過去の趣味、過去の恋愛。

過去のことを話したくない人もいるでしょうから、そこは、今の話しについて、どのくらい話してくれるか様子をみてから、過去の質問はしたほうがいいでしょうね。

質問は、会話を弾ませることもありますが、人を不快にさせることもありますからね。

想像を加える

先ほどの質問で続けます。

趣味ってありますか?

この場合は、「もし~なら?」と想像してもらいます。

もし、時間もお金も自由に使えるなら、どんな趣味をしてみたいですか?

その人のことを知れる質問です。

「時間もお金もあっても、今の趣味を続ける」

という人もいるでしょうし、

「時間もお金もあったら、世界一周してみたい」

という人もいるでしょう。

そうやって、「もし」を使って、質問してみるのも、会話を広げる方法の一つです。

質問力を磨くトレーニングとして「質問ノート」を書く

紹介した「時間軸」と「想像」で質問力は上がると思います。

さらに質問力を高めるために、質問ノートを書く、という方法があります。

詳しくはこちら。

質問力を高める質問ノート。

質問の前に自分のこと話すことも必要な場合あり

自分のことはほぼ話さずに、相手に質問ばかりする。

それは避けたほうがいいでしょうね。

自己開示と言いますが、自分のことを話すことも大切です。

会話のキャッチボールの中で、片一方だけが話すのは、悩みを聞く時とかはいいでしょうけど、雑談の場合は、自分のことも話し、相手の話も聞く。

特に自分の苦手なことや、恥ずかしい経験なんかも話してみると、相手も心を開いてくれることもあると思います。

コミュ力おばけの質問力(コラム)

質問力とは何でしょうか?

質問の量ではありません。

相手のことに興味を持ち、敬意を払っていれば、自然と話を聴きたいと思うことでしょう。

その時に、素直に質問できる力が質問力だと思います。

つまり、相手に興味も敬意もない人は、いくら質問を繰り出しても、質問力があるとは思えません。

質問力がない人より、ある人のほうが、やはりビジネスでも強みを発揮できると思います。

営業マンであれば、相手が何を求めているかを知る必要があります。さらに傾聴力もあれば、相手に質問して、じっくり話を聞く。これだけでも、仕事の成果も違ってくることでしょう。

質問力を学ぶには、講演会やセミナー、コーチングを受けてみるとなどいろいろな方法がありまあすが、私のおすすめは、自分一人で出来るトレーニングです。

それが質問ノートです。

就職したての新入社員の研修にも質問力のトレーニングはおすすめです。ワークショップを通じて、身につけていけば、きっと様々な仕事の役に立つことと思います。

さらに、研修などで質問力を学ぶだけでなく、その意識を持続するために質問ノートを使うんです。

質問のフレーズだけを覚えるような方法ではなく、自分から自然と質問が出てくることを目指すのがいいでしょうね。

今後の企業研修でも、質問力は求められるスキルの一つだと思います。

本日は以上です。

それでは質問力に関するページをご紹介しておきます。

私は昔から極度の人見知りでしたが、それを克服していけたのは、決して人見知りになった原因をしったからではなk、コミュ力を上げることが出来たからです。特に質問力については、地域のボランティア活動の中で、多くの人と関わる中で身についてきました。

お互いが興味を持っている関係であれば、スキルとか関係なく、相手のことを知りたいから質問する、という自然な流れが生まれたりします。

質問力を鍛えるには、ノートを使うのがおすすめです。

ジャーナリングもおすすめです。ジャーナリングは、ストレス解消や頭の中を整理にするためにも効果的だと思いますが、「質問力」を鍛えるにもおすすめです。

というのも、ノートに文字で書くということは、頭の中を言語化することです。ジャーナリングをする際に、あの人に質問したいこと、というテーマにしてみてはどうでしょうか。

手を止めずに書き続けていると、予想していなかった質問が浮かんでくることもあるでしょうね。それを実際の会話で使うんです。

初対面での質問は要注意です。

特にプライベートな質問は、下手をしたら、嫌われる可能性もあります。それくらい質問ってデリケートに考えたほうが良さそうです。

神経質になりすぎないほうがいいですが、初対面では特に気をつけましょう。

質問力がないとどうなるか。自分から人に問いかけないということは、自分から話すしかありません。相手が話してくれないなら、質問するか、自分の話をするかです。

ビジネスシーンでも、恋愛でも婚活でもそうですが、ないよりはあったほうがいいのが質問力だと思います。

人見知り克服のためにも、質問力をつけることはおすすめです。

この講座の中でも、話す力、聞く力とともに、質問力も紹介しています。

以上関連ページでした。

それではまた。

コミュ力おばけの学校、コミュ力コーチ、ハラサトシでした。