性格を変えたい方へ【1つの方法】最短で変わるには?

性格を変えたい方へ【1つの方法】最短で変わるには?

性格を変えたいですか?

私もそう思ったことは数えきれないくらいあります。

  • 気にしすぎる性格を変えたい
  • 何をしても長続きしない性格を変えたい
  • 優しくなれない性格を変えたい

挙げるときりがありません。

ですので、

「性格を変えたい、変わりたい」という気持ち

「性格を変えたい、変わりたい」という気持ちはよく分かります。

ネットや本でも、たくさんの「性格を変える方法」が出ています。

ただ、そういう方法で、上手くいかなかった、というお声も聞いたりします。

今回は、実際に私のクライアントの方からの嬉しいお声をいただいている、「性格を変える方法」をご紹介します。

これが、

私が考える「最短の方法」

です。

なぜ?性格を変えることは難しいのでしょう?

なぜ?性格を変えることは難しいのでしょう?

性格とは、持って生まれた「気質」と、育ってきた「環境や周りの人たちの影響」が、関係します。

「気質」は変わらないとしても、「環境」は人生の中でどんどん変わっていきます。

ほんの短い時間だけ環境が変わっても、影響は大きくありません。

それが、1週間、1ヶ月、1年と。

環境が変わり続けると、性格にも影響が出てきます。

私の場合は、

職場の上司に毎日怒鳴られ続けているうちに、自信をなくし、発言がネガティブになっていきました。

1日だけ怒られても、きっと、その日のうちに忘れてしまいます。

問題は「繰り返し」なんです。

逆に。

あなたが「性格を変えたい」として、何か行動を変えようとしても、それを続けて習慣にしないとどうなるか?

そうです、すぐに忘れてしまうんです。

つまり、性格を変えるには、

「繰り返しが大事」ということです。

性格を変えたいなら繰り返しが大切

自分が望む性格に変わっていきたいなら、何らかの行動を「繰り返す必要」があるんです。

それが、「性格を変えることが難しい理由」です。

性格を変えるために「行動を決めて繰り返す」

性格を変えることは、不可能ではありません。

むしろ、考え方としては、とってもシンプルです。

  • 口癖と行動を変える
  • 繰り返す

これだけです。

考えてみると、当たり前のことです。

ただ。

問題なのは、

  • 口癖と行動の決め方
  • 繰り返す方法

です。

考え方としては簡単なのですが、

「どう行動すればいいか?どう繰り返せばいいか?」

というところで失敗している人が、少なくないと感じます。

そこで。

私が販売しているテキストは、この2つの方法に特化しています。

こちらのココナラのみで販売していますので、販売ページをまず読んでみて下さい。

性格が変わると、毎日が変わるはずです

性格を変えたい時の行動のためのテキスト

性格を変えたいなら「真似るが最短」

テキストの内容を少し解説します。

方法としては「真似る」という方法を使います。

「誰」の「何」を真似るのか?

ポイントはそこです。

変わりたいけど変われない理由は「行動」が決まらないから

性格を変えたい。

そうは言っても、「今のどういう性格を、どう変えたいのか」が人によって違います。

例えば。

気にしすぎる繊細すぎる性格を変えたい⇒おおらかで図太い性格になりたい

こういう人がいたとします。

ところがです。

図太すぎて雑な性格を変えたい⇒細かいことにも気づける繊細な性格になりたい

という人がいたりします。

  • 繊細な性格から図太くなりたい人
  • 図太い性格から繊細になりたい人

このように、ある人にとっては「変えたい性格」、ある人にとっては「なりたい性格」だったりするんです。

つまり。

なりたい性格に正解はないんです。

ということは、「こうすれば良い性格になれますよ」というマニュアルは存在しないんです。

ここが大きなポイントです。

なりたい性格というゴールが人によって違うんです。

ということは、何をすればいいか?という「行動」も人によって違う、ということです。

では、どうやって行動を決めるか、というと、「真似る」という方法を使います。

真似る性格は「あなたのなりたい人物」

あなたが今、性格を変えたいと思っているなら。

  • もっと穏やかな性格になりたい
  • 活発で明るい性格になりたい
  • 人を楽しませれる性格になりたい

こういう漠然とした言葉で、なりたい性格を表すことは出来ると思います。

ところが、それでは「行動」が決まりません。

そこで。

  • あなたのなりたい人物を決める
  • その人物の特徴や口癖や行動を挙げる
  • それを真似る

これが、私がテキストでお伝えしている全体的な流れです。

ぜひ、やってみて下さい。

テキストの中では、具体的に、どうやって真似ていくかを書いています。

まずは、販売ページだけでもチェックしてみて下さい。

性格が変わると、毎日が変わるはずです

性格を変えたい時 参考ページ

性格一覧

性格や特徴を表す言葉をまとめました。

就活や面接でも、自分の性格を表現する機会はあると思います。

性格を変えたい時は、まずは「自分の分析」から始めてみるのもおすすめです。

ポジティブにもネガティブにもならずに、客観的に、「私ってこういう性格だな」というのを書き出していくんです。

頭で思っているだけでなく、ノートに書き出してみると、案外自分では気づかなかったことにも気付けたりします。

また、性格というのは、見方によっては、プラスにもマイナスにもとることが出来るんです。

「臆病」というとネガティブですが、「慎重」というとポジティブですよね。

このように、自分の性格の両面を見ていくのも、新しい発見があって楽しいですよ。

性格を変える方法

性格を変える方法として、8種類掲載しています。

よく「ダメな自分を変えたい」という人がいますが、結局は、変わるには、自分を診断して、行動を変えるに尽きます。

そういう自分を受け入れるとか、受け入れられないということではなく、「なりたいように変わっていけばいい」と考えてみてはどうでしょうか。

性格を変える方法は、このブログでご紹介している以外にも、たくさんの人が解説しています。

どれがあなたに合っているかは分かりませんが、「行動を変える方法」がはっきりしているものをおすすめします。