コミュ力アップに絶対おすすめのメルマガ
特典PDFをプレゼント

質問力を鍛えるトレーニングは自宅でノートを書くことから【コミュ力おばけの質問力】

質問力を鍛えるトレーニングは自宅でノートを書くことから【コミュ力おばけの質問力】

まず「まとめ」から
  • 質問力はトレーニングで鍛えることが出来る
  • コミュ力おばけに質問力は絶対必要
  • 質問力を鍛えるコツ
  • 自宅でも質問力を鍛えることは出来る

質問力を鍛えるの?
はい、トレーニングで力はつきます

今日は「質問力」のことです。

今までも何度も「質問力」のことについては書いてきました。

なぜ質問が大切なのか?

それはお分かりいただけたと思います。

問題はここからです。

  • 質問力は営業などの仕事でも重要
  • 質問力はコミュニケーションで必須の力
  • 恋愛でも質問力向上でモテる
  • 質問力のおすすめ書籍

いろんな「質問力」についてこのブログでも書いてきましたが、いざ、人を前にして、どんどんと質問が浮かんできますか?

本を読んでる時、質問力のテクニックをネットや動画で見つけた時、そんな時はきっと「これで質問力は完璧!」って思うんです。

ところが、いざ、人を目の前にすると、全く質問が浮かんでこないとか、何を話していいか分からないとか、うまくいかないことがあるんです。

そこで今回は、私が考える「質問力を鍛えるトレーニング方法」です。

質問力&コミュ力をあげたい方向け
  • 自宅で出来る質問力を鍛えるトレーニングとは?
  • 最強の質問力の磨き方は自宅から
  • 人と雑談する時間がない人は自分一人で出来るトレーニングが大事

こういう内容です。

もし面白そうだなと思ったら、ぜひ読み進めて下さいね。

関連ページを先にご紹介しておきますので、このページを読み終わったら、ぜひ、参考に読んでみて下さい。

雑談力と会話力をあげるための「質問ノート」雑談力と会話力をあげるための「質問ノート」

質問力に大切な質問ノートのことです。

質問で相手の話したいことを知る大切さは仕事でも同じ質問で相手の話したいことを知る大切さは仕事でも同じ

相手の話したいことを知るための質問力のこと

初対面の人と話すのが苦手で会話が続かないなら「ネタと質問で話題を増やすノート術」(コミュ力おばけになる方法)初対面の人と話すのが苦手で会話が続かないなら「ネタと質問で話題を増やすノート術」(コミュ力おばけになる方法)

初対面の人見知りも会話力も質問力で解決しましょう

それでは本日もスタートです。

自宅で出来る質問力を鍛えるトレーニングとは?

質問力の大切さは他のページで書いたので、今回は、いきなり本題から始めます。

質問力を鍛える、質問力のトレーニング、何をしますか?

経験を積む?人とたくさん会う?

それもあると思います。

でもその前に出来るトレーニングがあるんです。自宅でね。

それをご紹介します。

コミュ力おばけになるためのノート術

質問力は瞬発力が求められるからこそのトレーニング

質問力をつけましょうとか言いますが、本では学べないことがあるんです。

それは瞬発力です。

質問は会話の中でのことです。

瞬発力が必要です。

それを、本を読んだりセミナーを受けただけで、質問力がすぐに向上するかというと、それは難しいことでしょう。

ではどんなトレーニングをするか?

ノートに質問を書き出していく

雑談力と会話力をあげるための「質問ノート」雑談力と会話力をあげるための「質問ノート」

以前に書いた質問ノートにも書きましたが、誰かを想定して質問を考えてノートに書いていくんです。

最初は知人、友人、会社の人、学校の友達、誰でもいいです。

スマホに入ってる連絡帳から、1人1人順番に名前をノートに書き出していきます。

そして、その人に今から会ったとしたら、どんな質問をするか?

それを書き出していくんです。

質問が浮かばない?

もし、質問が浮かばないようなら、実際に面と向かっても質問は思い浮かばないことでしょう。

  • スマホの連絡帳から1人ずつ順番に名前を書き出す
  • 今その人と出会ったらどんな質問をするか書き出す

それだけです。

  • 学生時代の友達に何十年振りかの再会時の質問
  • 以前勤めていた会社の同僚との再会時の質問
  • 今の会社の上司への質問
  • しばらく会ってない家族への質問

いろんな質問があると思います。

5W1Hを使って質問を作るのもいいでしょう。

これを毎日繰り返します。

質問力を鍛えるトレーニングとしては珍しいかもしれませんが、普段から質問をすることを考えておくことが大切です。

ロープレのようなものを、自宅で一人でコツコツと繰り返すんです。

コーチングやコンサルを受けるより、こういったノートを活用したほうが、コミュ力、質問力、雑談力は身につくことと思います。

実際のノートの書き方などはメルマガでまたご紹介しますね。

質問力を鍛えるトレーニング まとめ

質問力が向上すると、対人関係の苦手意識も減ってくることでしょう。

質問して話を聴く、時々自分の話をする。

質問力の練習はどこでも出来ます。

先ほどはノートに書き出す方法でしたが、電車の中でもできますよ。

電車の中って、最近はほとんどの人がスマホの画面を見ています。

そんな中で、ちょっと目立ってる人いませんか?

例えば、本を読んでる人。

最近は電車で本を読んでる人も減ってます。ですので、ちょっと目立つと思います。

その本を読んでる人と、もしその場で話をしないといけないとなったら、どうしますか?何を話しますか?何を質問しますか?

それをシミュレーションしてみるんです。

  • 何の本を読んでるんですか?
  • 普段から本を読むのが好きなんですか?
  • 1ヶ月に何冊くらい本を読むんですか?
  • 読書会とかに参加したりしますか?
  • おすすめの本はありますか?
  • 電車の中での読書は集中できるって本当ですか?
  • 電子書籍で読んだりしますか?
  • 読書以外に他に趣味はありますか?

正解はありません。

とにかく質問することをシミュレーションするんです。

私の「コミュ力おばけの作り方」のワークでも、この手の方法は取り入れいています。

もし、電車で通勤、通学しているなら、一度やってみて下さいね。

それでは本日は以上です。

雑談が上手い人は質問が上手い人【会話の間と相手の話したいことを意識する】雑談が上手い人は質問が上手い人【会話の間と相手の話したいことを意識する】

雑談力を上げるためにも、コミュ力を上げるにも、質問力は大切ですよ。

質問力を鍛えるトレーニング
質問力の本を読むだけ、セミナーを受講するだけ、それでは質問力の向上はなかなか見込めません。自宅なり電車なりで自分なりのトレーニングをしたほうがいいですね。コミュ力おばけになるには日々の積み重ねが大切です。