人間関係コーチによる「質問力を上げる勉強会オンライン」

人間関係コーチによる「質問力を上げる勉強会オンライン」

普段から質問をするの習慣がある人、どれくらいいるんでしょうね。私の感覚からすると、10人に1人もいない気がします。

今日のテーマはこちら。

質問力を鍛える!磨く!オンライン開催の質問力勉強会、を始めます。

以前から、読書会、あがり症や人見知りな方向けの雑談の会などをオンラインで開催していきました。

今回始める「質問力を上げる勉強会」は、まさに「質問」だけに特化した勉強会です。

こんな方おすすめのオンラインの会です。

  • 質問するのが苦手
  • 何を質問していいか分からない
  • 初対面での会話に困る
  • 質問力をビジネスに活かしたい
  • 質問力で恋愛を楽しみたい
  • 質問力のトレーニングをしたい

質問力がない人は損をする場面があります。

持っていて損はないのが質問力です。

詳しくはこちらから。

今日は、なぜこの勉強会を始めるのかについてです。

コミュニケーションで特に大切な「質問力」

このブログ「コミュ力おばけの学校」の中では、コミュニケーション力を上げる方法を、私の経験も交えてご紹介しています。

コミュニケーションの基本は、話すこと、聴く事、質問すること、これら3つの組み合わせで進んでいきます。

その中でも、私は「質問力」について一番重きを置いています。

コーチになるずっとずっと前から、「質問」について興味があったんです。

私の場合はコーチになったから、質問に興味が沸いたのではなく、その逆です。

質問が好きで、質問をすることで、たくさんの方とのコミュニケーションが上手くいった経験があるから、コーチになりたいと思ったというのも一つあります。

では、なぜ質問力がそこまで大切なのでしょうか?

会話の出発点は何か?

これは初対面での会話を例に上げます。

それは、人見知りでお悩みの方、会話が続かない、盛り上がらないというお悩みをいただくことが多いからです。

人見知りする方や、会話が苦手な人に対して、こんなアドバイスがあります。

「聞き上手になりましょう」

聞き上手になると、相手が話してくれますよ。というアドバイスです。もしかしたら、そんなアドバイスを聞いたことがある人もいるかもしれません。

確かに、話を聞くことは重要です。その聞き方によって、相手がどこまで深い話をしてくれるかは違ってきます。

ただ、今回は初対面での場面です。

「相手は話してくれますか?」

ちょっと考えてみて下さいね。

ある交流会でのこと。

あなたと、Aさん、二人きりになりました。

あなたはAさんに話しかけますか?

人見知りするタイプの方なら、話しかけないですよね。話しかけれないですよね。

もし、Aさんが聞き上手だったらどうですか?

きっと、話しかけないですよね。

理由は2つ。

  • Aさんが聞き上手かなんて、見ただけでは分からないし、ちょっと話しても分からない
  • 初対面のAさんに、いきなり自分のことを聞いて欲しいとも思わない

それなのに、「聞き上手になれば、相手が話してくれますよ」というアドバイスは不自然じゃないですか?

「いやいや、人見知りは聞き上手になれば解消されるよ」、という方もいるかもしれませんが、私の考えは違います。

聞き上手の前に、まず「質問力」です。

聞き上手になるには、最初はこのくらいで十分です。

「否定、反論、アドバイスせずに、最後まで話を聞く」

ブログで何度も書いてきたことです。これだけで聞き上手です。

後は、頷きながら、時に相槌を入れながら聞く。これだけです。

その前に質問です。

質問で、会話のきっかけを作るんです。

質問して聞く。質問して聞く。合間に自分の話をする。

それが大事です。

では、どうやって質問力をつけていくか?

それは実践しかありません。

本を読んだだけでも無理ですし、セミナーや勉強会を受けただけでも、足りません。

実践あるのみです。

私がコーチになる前のことですが、地域のボランティア活動の中で、子供から年配の方まで、色んな方に質問をしました。

その中で、会話が弾むこともあれば、全く会話が弾まないこともありました。

それは今でも同じです。

そもそも、相手が会話したいと思っているかどうか、それも人によりますし、タイミングにもよります。

私は良かれと思って話しかけても、相手は、「今は誰かと話したい気分じゃない」ということもあるわけです。

つまり「質問力をつけたからといって、誰とでも会話が弾むとか、誰とでも盛り上がる会話が出来るわけではない。」ということなんです。

でも、それでいいんです。

とにかく、一人でも多くの人に、質問してみるんです。

そうすれば、質問することが怖くなくなってきますし、誰とでも上手く話せるわけではない、ということが分かります。

そうなると、人に対する恐怖心も薄れてくると思いますよ。

でも、どう質問していいか分からない。

そんな方に向けた勉強会がこれなんです。

質問力を磨くための勉強会がこれ

コミュニケーション力というものは学べます。

でもそれを使えるかどうかは、また別の話しです。

話し方、聞き方、質問力、それなら知識として頭に入れていたとしても、実際の会話でそれが使えるかどうかは分かりません。

ということで、適度な緊張感、プレッシャーがある状態で、質問する練習をしておいたほうがいいんです。

その練習場所が、私が開催している「コミュ力おばけの読書会」だったり、新しく始める「質問力を上げる勉強会」なんです。

この「質問力を上げる勉強会」は、基本は、私からの質問の仕方を解説するセミナー形式となりますので、まずは、質問の方法を知っていただく場所です。

時間があれば、少し雑談の時間を作りますので、そこで、実際にどのように質問をするかを試してみていただけたらと思います。

自分に向けた質問力でやりたい事も見えてくる

コミュニケーションにおける「質問力」とは別に、質問力にはもう一つ大切な役割があります。

それは、自分に対する質問です。問いかけとも言います。

例えば「やりたい仕事が分からない」、「やりたい趣味がない」という声を聴く事もありますが、その場合は、自分に対する質問(問いかけ)が足りない可能性があります。

自分自身に対して、浅い質問をしていれば、答えも浅くなります。深い質問をしていれば、答えも深くなります。

例えば、自分にこういう質問をしたとしましょう。

「私が本当にしたい仕事はなんだろうか?」

これは浅い質問です。

ここでこう答えます。

「うーん、特にないな、別にしたいこともないし。」

これが浅い答えです。

これでは、自分がやりたい仕事が見つかりにくいことでしょう。

質問力のある人は、自分に対しても深い質問を無意識にしていたりします。

  • 私が本当にしたい仕事はなんだろうか?
  • 今までしてきた中で、何の仕事をしてた時が楽しかっただろうか?
  • 自分が今までに褒められたことが多い仕事は何だったかな?
  • どの場所(会社、自宅、カフェ)で働く時が仕事が捗るかな?
  • 誰と働いてる人に、嬉しいことが多かったかな?
  • 仕事で誰かに褒められた時って、どんな時かな?
  • なぜ、仕事をしないといけないんだろう?
  • どれくらいの収入がある仕事だったら私は満足するんだろう?

他にもいくらでも出てくると思います。

こういう質問を自分に向けると、普段は意識していないことが、見えてきたりします。

つまり、自分の価値観に気づけたりするんです。

コーチングでは、自分では意識していないことを、質問によって引き出したり、気づいたりしてもらうこともありますが、それを自分一人でも出来るのが、質問力のある人です。

質問力を鍛えると、自分に対する質問も深く具体的なものになり、自分のことを理解することに繋がります。

私の場合は、色々な人との対話の中で、やりたい仕事が見つかりました。

自分に対する問いかけ、質問を変えることで、やりたい仕事も見つかるかもしれません。

質問力を鍛えるトレーニングはこちら

コミュ力おばけの学校の中では、質問力を上げるトレーニング方法もご紹介してきました。

あらためて、ここでもご紹介しておきます。

これは実際に勉強会でも少しお話しする内容です。

質問力を磨くトレーニングは、質問する内容を少しずらしてみることもおすすめします。時間をずらすんです。そして、想像を加えたりもするんです。

質問ノートを書くのはおすすめです。

これも勉強会でお話しします。自分だけの質問ノートを書いていくことで、質問力を鍛えることは出来ます。

質問力がつくと、職場でも恋愛でも友達関係でも役立つことはたくさんあります。

モテるようになることもあるでしょうね。マッチングアプリでメッセージが続かない場合でも、質問力は役に立ちます。

私が好きな名言です。

やはり体験するしかないんです。質問力をつけたいと思ったら、実際にたくさんの質問をするしかないんです。

頭で分かっていても、実際に質問が出てこないことはよくあります。

経験を積みましょう。

以上です

質問力まとめ

質問力については、1日で身につくものではありません。

かといって、時間をかければ、勝手に質問力がつくものでもないと思います。

やはり知識と経験が必要です。

仮説と検証です。

毎日、一人でもいいので、誰かに質問をしてみる。その習慣が大切です。

私がかかわる人の中で、すごく嬉しい質問をしてくれる方がいます。

その方は、質問力も学んでいないし、心理学も学んでいません。

では、なぜ、その人は質問が上手いのか?

それは「興味」です。

人に対する興味があるんです。

コミュニケーションで大切なこと「興味」と「敬意」というお話しも何度かしました。

興味と敬意を持って、質問力を見につけて実践する。

それを繰り返せば、着実に質問力はついてくるはずです。

本日は以上です。

人間関係コーチ、ハラサトシでした。