スピーチとプレゼンとパブリックスピーキングの違いは?人前で話すのは同じ

スピーチとプレゼンとパブリックスピーキングの違いは?人前で話すのは同じ

「スピーチ」と「プレゼン」と「パブリックスピーキング」ってありますよね。

何が違うのでしょうか?

人前で話すという点は共通していますが、この3つの違いってなんでしょうか?

  • スピーチとは人に何かを伝えるイメージ
  • プレゼンとは説得して動いてもらうイメージ
  • パブリックスピーキングとはスピーチやプレゼン含め公衆で話すこと全体を指すイメージ

僕が考える3つの違いは、こういうイメージです。

もう少し詳しく見ていきましょう。

スピーチは伝える

結婚式のスピーチ、来賓のスピーチ、PTAや自治会等の組織の代表のスピーチ、自己紹介、パーティーでの乾杯のスピーチ、朝礼でのスピーチ。

いろんな場面でスピーチ(speech)をする機会があると思いますが、「スピーチとは伝える」ことと言えると思います。

「発表」というニュアンスも近いと思います。

特に何か資料を見せながらということも、まずないでしょうし、一方的に言葉を伝えるのがスピーチということでどうでしょう。

時間は1分以内のこともありますし、もっと長い場合もあります。あまり長いスピーチは歓迎されないことも多いですね。

プレゼンは説得し動いてもらう

プレゼンテーション(presentation)は「説得し動いてもらう」ことを目的にしています。

スピーチと違い、パワーポイントを使ったり資料を見せながら話したり、スライドを映したり、補助的なツールを使うことも多いです。

時間は数十分という長さの場合もあります。

プレゼンというと、「自社の商品やサービスのプレゼン」を行う機会もあります。

その時にスピーチという言葉は使いません。

その時の目的は「相手を説得して動いてもらう」つまり「購入してもらう、採用してもらう」ように働きかけるものです。

つまり、「動いてもらう」ことが重要になってきます。そこがスピーチとの大きな違いです。

取引先に、商品のプレゼンをするとして、「良い商品ですね」って思ってもらっただけでは失敗です。

その商品の取り扱いを決めてもらうためのプレゼンなので、その場で「良い評価」をもらっただけではダメなんです。

行動に移してもらう必用があるということです。

パブリックスピーキングとは?

もう一つ似たような言葉に「パブリックスピーキング」なるものがあります。

「公衆でのお話し」という意味ですので、スピーチに近いように感じますが、僕はどちらかというと「プレゼン」のような意味合いで使っています。

「スピーチの要素とプレゼンの要素」を持ったものというイメージです。これは僕の勝手なイメージです。

パブリックスピーキングとは公衆で話すという意味から、「プレゼンもスピーチ含め人前で話すこと全体を指す」という人もいます。

講演会は、スピーチというより、パブリックスピーキングという印象があります。

このあたりの定義は、自分でするしかない気がします。

スピーチとプレゼンでは原稿作りも練習方法も違う

スピーチやプレゼンに関する本はたくさん読みましたし、実際のスピーチで役立つことも情報としてはたくさん得てきました。

ただ、スピーチとプレゼンの違いは全く考えていなかったので、考えてみると、僕はプレゼンをする機会というのは全くなかったなと思います。

会議の場で、突然意見を求められて何かを発言しないといけないとなった場合、求められるのはプレゼン力ではなく、咄嗟のコメント力やスピーチ力です。

つまり、自分がこれからどういう場面がどういうスキルかを把握してから、学んだり練習したりするほうがいいなと思いました。

ちなみに、このページで書いてきた「スピーチとプレゼンとパブリックスピーキングの違い」については、正確な定義のようなものはないようなので、僕が勝手に書いているだけです。

読書会とビブリオバトルの違い

読書会では、気軽に自分が読んだ本のことを発表します。楽しかった、良かった、こんな気持ちになった、という発表でいいです。相手の反応は気にせずに、自分の思ったこと、感じたことを発表します。

ところが、ビブリオバトルの場合は、「どの本が一番読みたくなったか?」を最後に皆さんから投票してもらいますので、その本の発表の目的は「読みたくなってもらう」ことにあります。

それが読書会との大きな違いです。いかに、読みたくなってもらえるような構成ににするか、話し方にするか、それを考えないといけません。「楽しい本でした」だけでは、読みたくなってもらいにくいですもんね。

ただ、ビブリオバトルの場合は、パワーポイントや資料は使わずに、言葉だけを使いますので、そこに難しさと楽しさがあると感じてます。

読書会はスピーチのような発表の場、ビブリオバトルはプレゼンのように説得する場。

そんな感じですかね。

スピーチ・プレゼン・パブリックスピーキングの関連本

書棚には「スピーチ」、「プレゼン」、「パブリックスピーキング」の本が何冊も並んでいますが、あらためて、スピーチのスキル、プレゼンのスキル、パブリックスピーキングのスキル、それぞれを学んでいこうと思い、まとめてみました。

ちなみな、僕は長年、あがり症が酷かったので、スピーチやプレゼン関連の本は何冊も読みましたが、効果はほぼ出なかったです。

振り返ってみると、どの本も間違いなく素晴らしい本だったんだと思いますが、僕が、本を読むだけで、何も行動を変えなかったのが一番の問題だったと思います。

やはり、スピーチにしてもプレゼンにしても、トレーニングは必須だと感じています。

それでは本の紹介です。

スピーチやプレゼン含め、コミュニケーション能力を上げるに役立つ本をご紹介しています。

話す力、聞く力、質問する力、雑談力、伝え方など、きっと鍛えることが出来る本ですので、参考に。

コミュニケーション能力を培うには、やはり、普段から人と接する機会があるに越したことはないt思います。セミナーや講座で学ぶのではなく、実際の人間関係の中で、嫌なこともありながら学ぶことも多いと思います。

大学生でしたら、人と接するバイトで鍛えるのもいいでしょう。社会人でしたら、仕事の中で、自分なりの課題を持って取り組めば、少しずつでもコミュ力は上がると思います。

僕はスピーチやプレゼンであれば、やはり齋藤孝先生の本は外せないと思っています。

人前で話すのが苦手な人は、話し方や構成だけでなく、心構えみたいなのも、この本から学べると思いますよ。

プレゼンの本でしたら、この本もおすすめです。

プレゼンの構成も学べますよ。

コミュニケーション力を鍛えるためのコーチングについて。

体験コーチングセッションもありますので、良かったら見ていって下さいね。

本日は以上です。