好きな趣味を話すスピーチ会でプレゼンやあがり症克服のため、そして趣味が見つかるきっかけになる

好きな趣味を話すスピーチ会でプレゼンやあがり症克服のため、そして趣味が見つかるきっかけになる

好きなことなら上手く話せるけど、興味のないことを話すとなる緊張したりあがったりってことないですか?

今日のテーマはこちら。

好きな趣味を話すスピーチ会でプレゼンやあがり症克服のため、そして趣味が見つかるきっかけになる

以前開催していたスピーチ会のことです。

人前で話す練習であり、あがり症克服の練習のための会、それがスピーチ会でした。

その時は、テーマは決めずに好きなことをお話しいただいていました。

それを、テーマを「好きな趣味」にすることで、もっと話しやすいかなと思います。

今後開催する時は「テーマを趣味」して開催しようと思います。

こんな方あぜひ最後までご覧下さい。

  • 人前で話すと緊張して声が震える
  • スピーチやプレゼンの練習をする場所が欲しい
  • あがり症を克服したい
  • 趣味がないから趣味を見つけたい

それではスタートです。

スピーチ会の目的は「人前で話すこと」に慣れること

2019年に始めた「スピーチ会」ですが、元々の目的は、人前で話すことに慣れる場所を作ることでした。

あがり症を克服する方法、スピーチやプレゼンが上手くなる方法。

そういったノウハウ、ネットと本屋だけで、十分の情報は手に入ります。

ところが、人前でも話せそうだなと思って、いざみんなの前に立って話そうと思っても、全然言葉が出てこないし、頭も真っ白になるし、声が震えるしといったことも経験しました。

つまり、「どうやって話すか」ばかりをいくらインプットしても、人前での練習を続けないことには、いざ本番のスピーチやプレゼンの時には、やっぱり苦手意識が残ってしまっていることもあるだろうということです。

そんなスピーチ会のテーマを「趣味」にするメリットもたくさんありそうなので、今後のスピーチ会について少し考えてみました。

テーマ自由のスピーチ会の効果

テーマ自由でスピーチ会を開催してきましたが、本当に皆さんそれぞれのテーマでお話ししていただけました。

仕事の話し、生まれ育った街のお話し、家族の話し、本の話し、食べ物の話し、趣味のお話しなどですね。

テーマが決まっていませんので、ご参加いただきやすいというのはあったと思います。

ただ逆に、自由だからこそ、何を話していいか分からないというお声もありました。

テーマを趣味のスピーチ会のメリットは「話しやすいこと」と「趣味が見つかること」

テーマを「趣味」にしてスピーチ会をするメリットが2つあります。

話しやすいことと、趣味が見つかるかもしれない、とういうことです。

テーマが決まってるほうが話しやすい

これは、参加者の方からご意見をいただいたんですが、テーマを自由にすると「何を話していいか分からない」という人も多いと思うということでした。

ですので、何でもいいので、テーマを決めて、それについてお話ししていただいたほうが、参加もしやすいのではないか、とのことでした。

確かに、考えてみるとそんな気もします。

では、「テーマを趣味」にすると、趣味がある人しか参加できないかというと、決してそんなことはありません。

「無趣味」をテーマにお話しいただくでもいいんです。

趣味を探したいけど、始めてすぐにやめてしまう、

むしろ、無趣味な方にもご参加いただくメリットはあると思います。

皆さん、好きな趣味のことだからこそ、好きなようにお話しいただけるかなと考えています。

趣味を見つけるきっかけになる

このブログのテーマは「コミュ力おばけの学校」として、人との関わり、コミュニケーションについて書いています。

特にコミュ障とか、人付き合いが苦手な方に、コミュ力を上げる方法や人間関係が上手くいくヒントをご紹介しています。

また、自己肯定感が低い、自分に自信がない、やりたいことが見つからない、やりたい仕事が見つからない、という人にも、時はコーチングを通じてサポートさせていただくこともあります。

私自身、人間関係コーチングとして、色々な方と関わらせていただく中で、「趣味がない、楽しみがない」という方は、ストレスを発散するのが苦手な方も少なくありません。

では、「なぜ趣味が見つからないのか?どうしたら趣味が見つかるのか?」を考えてみると、「趣味に触れる機会が少なすぎる」ということがあるのかもしれません。

以前にこのような記事を書きました。

結論としては、「自分の強みを見つけたいのであれば、周りの人の強みを見つけようとするアンテナを張りましょう」というお話しでした。詳しくはリンク先を読んでみて下さい。

それと同じで、趣味を見つけたいのであれば、「自分が過去に少しでもかじった趣味のことを話す」ことと、「周りの人の趣味のことを聞かせてもらう」のがいいのではないかと思うんです。

人が興味を持って取り組んでいる趣味のことを知ろうとすることで、その中に、自分もワクワクすることが見えてくる気がします。

ちなみに、私が今までほんの少しでも関わった趣味がこちらです。

  • サッカー(小学生・中学生)
  • ギター(大学生の時に半年位だけ。コピーしたのはskidrowとモトリークルー)
  • サバゲー(社会人になって1年くらい。下手すぎるのと身体の調子が悪く挫折)
  • 将棋(小学生の時)
  • 音楽鑑賞(洋楽も邦楽も聴きます)
  • ライブ(モトリークルー/ヴァンヘーレン等)
  • 映画鑑賞(サスペンスかアクション多め。近年は人間ドラマも。)
  • 落語(2019年に初めて生で見ました)
  • テニス(2019年に開始。まだ数回。とんでもなく下手です。)
  • ウォーキング(出来るだけ毎日歩いています)
  • ゲーム(switchとかプレステとかアプリのゲームとか。ここ数年してません。)
  • カラオケ(ストレス発散に一人でも行きます)
  • 読書(小説よりも実用書、ビジネス書が多いですが、基本、本が好き)
  • 釣り(小学生の頃にサビキ釣りを始めて、その後も海釣りは時々行きました。下手です。)

どれも浅い趣味ですが、無趣味だと思っていた私でも、改めて書き出してみると色んなことに興味があったんだなと気付きました。

スピーチ会で「テーマ趣味」にすることで、ご参加の皆さんにとって、新しい趣味を見つけるきっかけになったり、過去の趣味を思い出して、また始めてみようと思うきっかけになる気がします。

コロナウイルスの影響により、会議室でのスピーチ会開催は控え、オンラインZOOMで数回開催しましたが、最近はそれも控えております。

また、時期がきましたらスピーチ会を再開しますので、プレゼンやスピーチの練習がてら、ぜひご参加いただけたらと思います。

再開のご案内はメルマガにて配信しますので、ぜひご登録下さい。

趣味がコミュニケーションのきっかけになることも多い

このブログは「コミュ力を上げる」を一つのテーマにしていますので、コミュニケーションの点からも趣味について書いておきます。

前に書きましたが、趣味があってもなくても幸せな人は幸せだし、趣味とは言えなくても、ストレスを解消する方法を持っている人もいます。

趣味を持つのも持たないのも、本人の価値観です。

ただ、趣味を持っていると、人と関われるきっかけが増えるのは間違いないでしょう。

コミュニケーション力を上げるには、知識を得るだけでは何も変わりません。

やはり、実際の人との関わりの中で学ぶことが多いからです。

例えば、人見知りやあがり症を克服するため、雑談で話しが盛り上がるようになるたため、色んな目的で本を読んだり、セミナーを受けたりすることもあるかと思いますが、それだけでは、何も変わりません。

実際の人との対話の中で試行錯誤をする必要があります。

趣味があり、その趣味を通じて人と接する機会があるなら、学んだ事を実践してみる機会も増えるかもしれません。

もちろん、一人で楽しむ趣味がいいなら、それも素敵だと思います。

ただ、人との関わりを学びたい、友達を増やしたい、恋人を見つけたい、結婚相手を探したい、就職や転職でコミュニケーション力を活かしたい。そんな目標があるなら、趣味を見つけて、それをきっかけに、コミュ力を磨くのもいいと思います。

プレゼン力ならビブリオバトルもおすすめ

前にビブリオバトルのことを書きました。

好きな本をプレゼンするバトルです。

読書会とは違い、「自分が発表する本を読みたいと思ってもらう」ことを目的としています。

そこでチャンプ本を決めるわけです。

好きな本を好きにシェアする読書会とは違い、プレゼン力が試されます。

私はまだビブリオバトルは体験会に参加しただけですが、かなり緊張もしましたが、話すことも楽しかったですし、聞くのも質問するのも楽しかったです。

今後、ビブリオバトルも主催したいと思っています。

読書会であれビブリオバトルであれスピーチ会であれ、話す準備をする、話す、振り返る、このい流れを作っていけば、確実に話すのは上手くなっていくはずです。

オンラインで話す場所を作っていますので、話す練習場所を求めている方は、ぜひご参加下さい。

本日は以上です。

今回の記事に関連するページをご紹介しますので、ぜひあわせて読んでみて下さい。

人前で話す練習は、家で出来ることもありますが、やはり、小さなプレッシャーを受ける経験は大きいと思います。

たとえ一人でもいいので、人の話す機会を増やすことで、あがり症や人見知りの改善に繋がっていくことでしょう。

本を読む、セミナーを受ける、それだけでは、出来る気になって終わりとなってしまうこともあるでしょう。私がそうでした。

とにかく、実践が大切です。

自信が持てる名言として紹介しましたが、どんな場面でも重要なことですよね。

やりたい仕事を見つけたい、自分の価値観を知りたい、自分の強みを知りたい、どんなことでも、ワークや診断だけでは分からないこともあります。

自分で体験してみて分かることもきっとあります。

机に向かっているだけでは分からないこともあります。

きっと趣味でも同じです。

やってみて、続かないならまた違う趣味を探せばいいだけです。

以上です。

今後の予定ですが、趣味を見つけたい方向けの会も開催します。

まずはメルマガ読者さんからのご案内になると思いますので、ぜひ登録をしておいて下さい。

メルマガに登録いただくと自動返信メールが届きますので、質問がありましたら、そのメールへの返信でお問い合わせ下さい。

それでは、次回のブログもよろしくお願いします。

人間関係コーチ、ハラサトシでした。