職場の人間関係に疲れるし自信がない│めんどくさいから気にしないではすまない時のコーチング&カウンセリング

職場の人間関係に疲れるし自信がない│めんどくさいから気にしないではすまない時の4ステップ

今日のテーマは「職場の人間関係に疲れるし、上手く付き合う自信がない」こと。

僕も会社員時代がありました。

転職を6回ほどしたので、正社員として7社ほどで勤めましたが、人間関係で疲れなかったことは1社もありません。

皆さんは、職場の人間関係に疲れるってどんな時でしょうか。

  • 職場の人間関係で孤立してしまった
  • 職場の人間関係のストレスが酷くて家に帰っても引きずってる
  • 職場の先輩や上司から、やんわりと飲みに誘われる(行きたくないのに)
  • 何かとマウントを取ってくる人が職場にいる
  • 言うことを聞いてくれない後輩や部下がいる
  • 陰口を言われてるのを別の人から聞いた
  • やたらと攻撃的な口調の人がいる
  • 機嫌が良い時と悪い時の波が激しい人がいる

挙げていくと切りがなさそうです。

ちなみに、こういう方々は、僕が出会ったことがある人ばかりです。

では、職場の人間関係に疲れた時、どうすればいいか?

もちろん、正解は分かりません。皆さんが決めていただけたらと思います。

ただ、こういう考え方をしてみてはどうですか、ということで、4ステップをご紹介します。

マンツーマンでのコーチング&カウンセリング体験版はこちらで受付しています。

人間関係、仕事、恋愛の悩み改善のお手伝いをします 4ステップで目標を目指すコーチング&カウンセリング体験版です

職場の人間関係に疲れた!上手く付き合う自信がない時の4ステップ

現在のお悩みを「職場の人との人間関係に自信がない」ということにします。

基本は、いつもの4ステップでいきましょう。

  • 自分を知る
  • なりたい自分(目標)を決める
  • 行動を決める
  • 繰り返す

人間関係のお悩みの中でも、職場でのことって多いですよね。

良かったら、頭の中を整理するためにも、ノートに書き出してみて下さいね。

自分を知る「職場での人間関係の今」

まず第1ステップは「自分を知る」ことです。

職場での人間関係について、この質問に答えてみて下さい。

  • 職場の人とも、気が合えば、友達になりたいですか?
  • 職場の人とは会社だけの付き合いをしたいですか?
  • 職場の人間関係はドライなのがいいですか?
  • 休みの日にまで会社の人に会いたくない?
  • 仕事の悩みを何でも話せる人が職場にいますか?
  • 先輩や上司ともっとコミュニケーションを取りたいですか?
  • 職場にどうしても好きになれない苦手な人がいますか?
  • 自分は精一杯、コミュニケーションをはかろうと努力していますか?
  • 職場の人との飲み会は必要だと思いますか?

こういった質問に答えていただくことで分かるのは、現在のあなたの価値観です。

正解はありません。

例えば、「職場の人との飲み会は必要だと思いますか?」という質問に、「はい」と答える人もいれば、「いいえ」と答える人もいます。

どちらが正しいとか間違っているということではなく、価値観の違いです。

この価値観を押し付けあうと、ストレスになりますよね。

会社の人と飲みに行きたくもないのに、半強制的に連れて行かれ、お金も自腹とかだったら、そりゃストレスにもなります。

このステップ1で「自分を知る」というのは、他の人のことは置いておいて、まずはあなたが、職場での人間関係についてどう考えているのかを、一旦整理してみましょう。

ということです。

目標を決める「職場の人とどんな関係でいたい?」

ステップ1で自分のことを知りましたら、次は「目標」です。

「職場での人間関係をどうにかしたい」時、目標を立てるとしたら、どんなことがありますか?

どういう状況になったら、あなたにとっての職場での人間関係のストレスは減りますか?

これも当然人によって違うはずです。

  • 職場は職場として、それ以外の場所では付き合わない
  • 会社の人と食事や飲みに行ったりはしない
  • 忘年会や新年会などの集まりには参加したくない
  • 先輩や上司から、偉そうな指示を受けたくない
  • 攻撃的な言葉を使う人と一緒に仕事をしたくない
  • もっと和やかな楽しい会話をしたい
  • みんなともっとワイワイ楽しみたい
  • 自分の後輩や部下には優しくしてあげたい
  • 休みの日に仕事の連絡をしてきて欲しくない

こういう目標も挙げるときりがありませんし、人によって違うものです。

この目標を見ていくと、どうすればいいか見えてきます。

  • 会社の誰かに言えばどうにかなるかもしれないこと
  • 自分が変わればどうにかなるかもしれないこと
  • 自分の力ではどうにも出来そうにないこと

誰かに言えばというのは、こういうことです。

先輩からの嫌な飲み会の誘いがあるなら、言い方を工夫して、飲み会には参加出来ないことを伝えましょう。身内の状況もあり、どうしても参加できない、と言うのもいいでしょう。

自分が変わればというのは、こういうことです。

職場での会話がぎこちない、刺々しいという場合。あなたが、ムードメーカーになって、話しを盛り上げるとか、あなたが雰囲気を作るということです。

自分の力ではどうにもならないこと。

攻撃的な言葉を使う人がストレス。この人をどうにかするのは、かなり難しいでしょう。どうにもならないかもしれませんね。

つまり、こういうことです。

ステップ1で、あなたの職場の人間関係の状況や価値観を見つけていきます。

ステップ2で、「こうありたい」という目標を決めていきます。

そして、その目標については、「自分で出来ること」、「自分ではどうにも出来ないこと」がある程度はっきりすると思います。

文字で書くのは簡単ですが、実際には職場って、何で言える雰囲気ではなかったり、人の話しを全く聞かない人がいたりするので、もしかしたら、全部「自分にはどうにも出来ないこと」と出るかもしれません。

それでも、分類してみることで、行動に繋がることもあります。

「職場の人間関係に疲れる時」に出来る行動は?

自分に出来そうなこと、自分にはどうにも出来ないだろうということ。

それぞれに分けてみましょう。

そうすることで、どういう行動を取ればいいかが見つかったりします。

例えばです。

どう考えても、どれもこれも自分ではどうにも出来ない!疲れ切ってしまった。

そうなると、後は、耐えるか部署の移動や転職か。が濃厚になるでしょう。

耐える、といっても、「職場はストレスがあっても仕方がない。気分転換はプライベートで趣味を楽しもう。」と思える人もいれば、どうにもやり場がなくて辛い、という人もいるでしょう。

最後の選択はご本人が決めるしかありません。

では、こういう場合。

職場は職場で割り切りたい、他では会いたくない。

今までは、誘われるたびに嫌な気持ちになったり、ストレスになっていた。

そんな時は、自分が変わることもできそうです。

例えば「私は、職場は職場で考えたい。だからプライベートでは会いたくない」と決めてしまうわけです。

誘われたときに「私は、プライベートでは会社の人に会いたくないんで」と断ると、相手も悲しいかもしれないし、嫌な気持ちになるかもしれません。

ですので、言い方を変えてみるのもいいでしょう。相手の方が、「それなら仕方ない。プライベートで職場の人と会いたくないのも無理はないですね」と思ってもらえるような、伝え方を考えて見てはどうでしょうか。

少し違う事例ですが、実際に僕の身近な人のことです。

ある集まりのグループLINEがあるのですが、一人だけグループには入っていません。

連絡がある時は、その人だけ個別に送らないといけないので、手間はかかります。

もし、その人が「グループLINEって嫌いなんです」という理由だけで、グループに入らないのであれば、他の人の気持ちとしては「個別に送るのが手間なんだけど!」と思うかもしれません。

実際は、その人は「過去にLINEを乗っ取られたことがあって、それからグループとかに入るのは避けてるんです」と言っています。

「それなら仕方ないな」

ということで、誰もその人がグループに入っていないことは言いません。

伝え方次第で、相手の方の反応も違ったりします。

もちろん、どんな言い方をしても、上手くいかないこともあります。

もう一つ。

職場の人間関係で、上手く話せない、伝えれない、話を聞いてもらえない。

そういうコミュニケーションの面でのお悩みの場合は、ご自身が、聞き方を学んだり、伝え方を学んだり、出来ることはあるかもしれません。

もしかしたら、自分が変わることで、周りとのコミュニケーションを変えることもできるかもしれません。

もちろん、ご本人が「それなら出来る」と思えるかどうか次第ですけどね。

ということで、こう考えてみましょう。

まずは「自分にどうにかできることか、どうにも出来ないことか分類してみる」

次は「どうにか出来ることなら、何が出来るか考えて行動してみる」

全部「どうにも出来ないことだったら、離れる(部署移動や転職)も考える」

つまり。

職場の人間関係に疲れた⇒離れる(部署移動や転職)

ではなく、

職場の人間関係に疲れた⇒自分の価値観を知る⇒目標(どうありたいか知る)⇒行動できることはやってみる⇒どうにもならないから、部署移動や転職

このように、「自分に向き合う時間を作る」ことで、思ってなかった自分の新しいことに気付けたりするかもしれませんよ。

人間関係は常に変動するから「繰り返し」で自分と向き合う

職場の人間関係って、もちろん会社にもよりますが、常に変動してると思います。

  • 苦手な人が転勤していなくなった
  • 厳しい攻撃的な上司がやってきた
  • 仲の良い同僚が辞めた
  • 新年会も忘年会も会社の方針でなくなった
  • 自分が部署のリーダーになって偉そうに言われることが減った

そして、あなたと職場の方たちとの人間関係も変わりゆくものだと思います。

ですの、今回ご紹介した、ステップ1で自分を知る、ステップ2で目標を決める、ステップ3で行動する、というステップを繰り返してみることをおすすめします。

なぜなら。

会社を辞める理由の多くは「人間関係」にあると言われているからです。

もし今、職場の人と上手くいっていなくて辛い、という場合、「あなたが何か変えれることがあるかもしれません」し、逆に、「今すぐ辞めたほうがいいかも」となるかもしれません。

これは分かりませんが、自分と向き合ってみると、行動を変えれたりすることもよくあります。

皆さんの職場での人間関係が、良いふうに変わっていくことを願っています。

職場の人間関係に自信がない方へのアドバイス

職場で人間関係にはよく悩みましたが、こじれることもあれば、時間とともに解決していったこともありました。

「自分は職場でどうありたい」

それを考えてみて下さい。

人との関わりが苦手だとしても、そんな人だからこそ向いている仕事があったりもします。

仕事というのは、多くの方がある程度の年齢までは続けることになると思います。

その仕事の時間が苦痛だったら、やっぱりストレスの多い毎日を過ごさないといけなくなってしまいますからね。

人間関係もそうですし、働くことについても、自分なりの考えをノートに書き出してみるのもおすすめですよ。

良かったら、こちらのページも参考にしてみて下さい。

職場の人間関係に自信がない方へのQ&A

職場の人間関係を気にしない方法はありますか?
完全に気にしないでいられるかは、その人との関係性にもよると思います。気にしないでいようとしても、会社の隣の席に座ってる上司が相手となると、どうしても気にはなると思います。ですので、気にしない、というより、「どういう関わり方がいいかな」という、自分になりの目標を考えてみるのもいいと思います。距離を保ちつつ、でも、自分が聞き上手になれたら、もっと良い関係を築けるかもしれません。「気にしない」ことを目標にしていると、余計に気になる存在に、変に意識が向いてしまう存在になってしまうかもしれません。