タロットカードの意味一覧(全78枚)正位置/逆位置の読み方

タロットカードの意味一覧(全78枚)正位置/逆位置の読み方

コミュニケーションコーチ未知賢人です。
タロットリーディングをさせていただくこともあります。

さてさて。

タロットカードは、22枚の大アルナカと、56枚の小アルカナ、合計78枚のデッキで構成されています。

1枚1枚のカードが持つ意味と解釈を一覧で掲載します。

ただ、これは僕の解釈や捉え方ですので、皆さんはそれぞれ、ご自身で考えた意味や解釈を採用していただけたらと思います。

タロット占いでつまづくポイント

タロット占いをしようと思い、カードを購入したとします。

恐らく、まずはカードの意味を覚えることと思います。

そこが第一のつまづくポイントだと思います。

「0は愚者」というのは、どこの解説本では同じだと思いますが「1」は「魔術師」や「奇術師」と解説されている本もあります。

「2」は「女教皇」だったり、「女司祭」だったりします。

また、カードごとの意味も、1枚のカードに対して、たくさんの意味が含まれています。

1枚のカードに対して、だいたいのイメージと言葉をまずは覚えて、あとは占っていくうちに感覚で伝えれるようになると思います。

解説本には、1枚のカードごとに、5個も10個もキーワードをが書いていたりしますが、全部頭に入れてから占うのではなく(そもそもそんなにたくさん暗記も出来ないかもしれません)、まずは、自分からでもいいので、占ってみるほうが上達も早くなることでしょう。

このページの「タロットカード一覧」では、1枚のカードにつき「1つのキーワードと一言」、正位置と逆位置それぞれの簡単な説明を載せておきました。

あくまでこのキーワードは参考にしていただき、皆さんご自身で、ご自身がピンとくるキーワードを見つけて下さいね。

カードごとの意味を暗記するのはやめたほうがいいでしょう。

直感だけでタロットリーディングは出来るのか?

「カードの意味を覚えてはいけません」

そういう教え方をする先生もいます。

では、カードの絵だけを見て、それで鑑定できるようになるのかというと、それは無理でしょう。

最低限の知識というものは必要なはずです。

例えば「ワンド」であれば「情熱」を意味するわけです。

それを知っているかどうかで、リーディングに違いが出てきます。

どの程度を最低限を考えるかは別にして、完全に直感だけで、カードを見た印象だけでリーディングをするというのは無理だと思いますし、それはおすすめしません。

僕のおすすめは、「1冊だけ本を買って後はひたすらリーディング」です。

本を何冊も買ってしまうと、迷う原因です。

僕は独学なので、最初に何冊も本を買ってしまい、迷いに迷いました。

結局は、最初に購入した本だけを元に、あとは毎日毎日自分なり家族なりを占っていくことで、次第に言葉が出てくるようになりました。

まずは、78枚、一覧でご紹介しますので、参考にしていただけたらと思います。

タロットカード一覧

1枚ずつ更新していきますので、まだ作成途中です。ご了承下さい。

大アルカナ

0:愚者

  • 一言意味:自由
  • イメージ:無限の可能性

1:魔術師

  • 一言意味:創造
  • イメージ:何でもできる!自信を持ってスタート!

2:女教皇

  • 一言意味:精神性と知性
  • イメージ:落ち着いてるね!

3:女帝

  • 一言意味:実りを享受
  • イメージ:収穫だ!

4:皇帝

  • 一言意味:コミュニティの統率
  • イメージ:私についてこい!

5:司祭

  • 一言意味:精神的秩序
  • イメージ:ルールとモラルを教えるよ!

6:恋人

  • 一言意味:選択と調和
  • イメージ:そそのかされるな!

7:戦車

  • 一言意味:力強く全身
  • イメージ:コントロールしながら進め!
7:戦車(正位置)前・エネルギー・行動・勢い・信念

今こそ前に進む時。

スピードを上げて進もう。

行動に移すとき。

リーダーとして率いていく。

エレルギーに満ちた状態。

自分の信念を持つ。

7:戦車(逆位置)見切り発車・コントロール出来ていない・暴走・衝突

間違った方向に進んでない?

もうちょっと準備してからでも良くない?

意見がぶつかりあいそう。

ケンカになりそうなので気をつけよう。

一旦感情を抑えたほうが良さそう。

一旦止まって考え直してみることも必要かも。

8:力

  • 一言意味:関わり続ける力
  • イメージ:力任せではなく辛抱強く!

9:隠者

  • 一言意味:孤独な探求
  • イメージ:自分の内面を見てみよう

10:運命の輪

  • 一言意味:変わり続ける運命
  • イメージ:絶え間なく回り続ける!

11:正義

  • 一言意味:バランス
  • イメージ:公平と公正!不正は許さん!

12:吊るされた男

  • 一言意味:じっと試練
  • イメージ:身動きとれない!
12:吊るされた男(正位置)停滞・忍耐・慈愛・献身・奉仕・熟考・束縛・犠牲

今は試練の時、耐える時。

しばらくは進展なく停滞する時期。

奉仕の精神で人のための活動をしてみる。

考えること、悩むことで新しい閃きが生まれる。

自分を犠牲にしてしまう。

12:吊るされた男(逆位置)自分中心・徒労・逃避癖・焦り・苦しい状況・悪あがき・もがく・もどかしい・焦らないほうがいい

自分中心になりすぎていませんか?

苦労が報われないこともある。

逃げ出したい気持ちに囚われる。

焦りが募って悪あがきをしてしまう。

相手の立場に立って考える余裕がない状況。

13:死神

  • 一言意味:終わりと始まり
  • イメージ:再スタートだ!

14:節制

  • 一言意味:交流
  • イメージ:混ぜるとどうなる?

15:悪魔

  • 一言意味:欲望の誘惑
  • イメージ:本能のままに!

16:塔

  • 一言意味:突然の衝撃
  • イメージ:急にバーン!

17:星

  • 一言意味:希望
  • イメージ:理想と目標に進め!

18:月

  • 一言意味:ぼんやりした不安
  • イメージ:なんかはっきりしない!

19:太陽

  • 一言意味:成長と喜び
  • イメージ:先は明るいぞ!

20:審判

  • 一言意味:復活と蘇り
  • イメージ:再び!

21:世界

  • 一言意味:完成
  • イメージ:ゴール!やりきった!

小アルカナ

ワンド(火×情熱)

ペンタクル(地×物質)

ペンタクルのエース
ペンタクルのエース(正位置)実り・安定・繁栄・計画的

いよいよ力を発揮する時が来た。

今までしてきたことが実を結びそう。

物質的な何かが手に入りそう。

頭で考えるより行動に移す時。

経済的に良い方向に向かいそう。

計画を立ててコツコツ頑張ってきた。

恋愛運も良さそうなので、結ばれる可能性あり。

ペンタクルのエース(逆位置)機会の損失・不安定・無計画・険しい道のり

まだ準備が整っていない。

金銭的に不安定。

計画が具体的になっていない。

努力する方向が間違っているのかも。

チャンスを失うかも。

ソード(風×知性)

ソードの6

親子を乗せた船。船をこぐ男性。暗い空からも、決して明るい方向に進んでいないように見えます。

船をこぐ男性は自分で船を操縦できますが、親子は自分では船をコントロールできません。行く末は全て船頭に任せている状態です。流れるままに進むしかありません。

行き着く先は明るい未来か、暗い困難か。

いずれにしても、今は船の上。自由に動ける状況ではないところに、このカードの象徴的な意味がありそうです。

ソードの6(正位置)新たな出発・移動・方向転換・途中・脱出

後戻りできない途中。

考え方を変えている途中。

今の環境からの脱出。

出張や転勤や転職といった今の場所からの移動。

ソードの6(逆位置)困難に戻る・逃げたい・ギクシャク・上手く進めない・先行き不安

逃げたい気持ちが強いけど逃げられない。

ここに留まりたい気持ち。

考えを変えたくない頑固さや執着。

カップ(水×感情)

カップの5

一言で言うと:あ~やってしもたって感じ

黒いマントの男が一人で立ちすくんでいますね。

うつむいて、倒れてる3つのカップを見ながら、呆然と立っています。

さあ、5つのカップには何が入っていたのでしょうか?

赤い液体、緑の液体、カードからは何かは分かりませんが、きっと大切なものだったのでしょう。

それが、物質的なものか、目に見えない感情のようなものかは分かりません。

ただ、3つのカップは倒れていますが、2つのカップは倒れていません。

それに気付けるかがポイントです。