雑談力に自信がない│話すネタがない?苦手な雑談はネタとコツと話題で練習コーチング&カウンセリング

雑談力に自信がない│話すネタがない?苦手な雑談はネタとコツと話題で練習4ステップ

雑談が苦手です。そういうお話しもよく聞きます。

では「雑談とは何でしょうか?」と聞かれると、何と答えますか?

今日はこういう方向けです。

  • 自分は雑談力がないと思う
  • 会話するのは苦手なほうだ
  • 初対面で何を話していいか分からない
  • 雑談の時の話しのネタや話題がない
  • 自分との雑談はきっとつまらないと思う

もう一つ質問です。

「雑談力がある人ってどんな人ですか?」

僕が考える、雑談力を鍛える4ステップをご紹介します。

それではスタートです。

動画版はこちらです。

雑談が苦手!雑談力を鍛えるための4ステップ

現在のお悩みが「雑談が出来ない、雑談が苦手」だとしましょう。

基本ステップは、やはり4つです。

  • 自分を知る
  • なりたい自分(目標)を決める
  • 行動を決める
  • 繰り返す

今回も、いくつか質問しますので、ノートに書きとめながら読んでみていただけたら嬉しいです。

自分を知る「雑談とは何?」

まずは第1ステップ、自分を知りましょう。

「雑談とは何でしょうか?」

ここでは「テーマが決まっていない会話」としましょう。

では質問です。答えてみて下さい。

  • 雑談が苦手だと思うのはどんな時ですか?
  • 2人の時でも3人以上の大勢の時でも、同じくらい雑談が苦手ですか?
  • 相手が同性でも異性でも、同じくらい雑談が苦手ですか?
  • 何気ない会話が純粋に楽しいって時はありますか?
  • 聞き役が多いですか?話し役が多いですか?
  • 初対面の相手に、自分から話しかけることは出来ますか?
  • 沈黙は怖いですか?

とりあえず7つ質問しました。

ぜひ、その答えから、ご自身の傾向、特徴を分析してみて下さい。

なぜ、最初に自分を知る必要があるか。

これは、僕の経験ですが、「雑談が苦手なんです」という人も、実は、どこでも誰とでもざっくばらんに話してる人がいるんです。

つまり、本当は雑談(テーマがない会話)もその人は上手いんです。

その人がいると、周りの人が笑顔になったりするんです。

ところが、ご本人は「雑談が苦手」と言ってたりするんです。その人は、謙遜してるのではなく、本当に悩んでるんです。

この7つの質問のお答えいただくことで、こういう自分に気づけるかもしれません。

  • 友達となら大丈夫だけど、職場の人とは雑談が苦手
  • 2人だったらだいたい大丈夫。でも3人以上になると、黙ってしまう
  • 相手は異性のほうが苦手かな
  • 楽しい会話、あります。仲の良い友達とだったら
  • どちらかというと聞くほうが多いかな
  • 初対面の相手に自分から話しかけることも時々はあるかな
  • 沈黙は怖いです

この方を見て、皆さんはどう思いますか?どんな人だと思いますか?

僕は、ポイントは「職場」だと思います。

職場の中に、話しにくい人がいるのかもしれません。もしかしたら、職場の人間関係に何らかの悩みがあって、「職場の人との雑談が辛い、嫌、避けたい」という別の悩みが本当はあるのかもしれません。

分かりませんけどね。話してみないと。

大事なのは、「雑談の何が苦手?」というのを知ることです。

それを知った上で、次のステップへ進みましょう。

なりたい自分(目標)を決める「雑談力がある人って誰?」

ステップ2は「目標を決める」ことです。

具体的に決めていきます。

多くなくてもいいです。一つでもいいです。具体的に決めましょう。

ここの目標ば漠然としていると、次のステップの行動が決まりません。

例えばです。

ステップ1で、自分はこういうタイプだと分かったとしましょう。

話すネタに困って、いつも会話に入れない

目標をどう決めるかですが、方法はいくつかあります。

  • 会話のネタをたくさん持っておくことで、あらゆる話題についていけるようになる
  • 自分の知らない話題が出たら、質問して聞き役に徹する

このように、具体的に、目標を決めていきましょう。

一つ質問です。

「皆さんによって、雑談力がある人ってどんな人ですか?有名人、芸能人、身近な人、誰でもいいので、一人挙げるとすると、誰ですか?」

もう一つ。

「その人が、雑談力があるなって思うのは、どういう点ですか?」

これを書いてみて下さい。

その書き出した内容を見ていくと、あなたが理想とする「雑談」が見えてくると思います。

それを踏まえて。

「あなたの目標は何と設定しますか?」

ノートの書いておいて下さいね。

行動を決める「質問力+話すネタ」

ステップ3では、いよいよ行動を決めていきます。

これも具体的なものが必要です。

そして、実践したい行動には大きく分けて2つあります。

  • 実際に人を前にした時の行動
  • 一人で出来るトレーニング

この両方を並行したほうがいいんです。

よくある雑談力トレーニングでは、「こんな質問をしましょう」とか「こんな聞き方をしましょう」とか「こんな話し方をしましょう」というものもあります。

もちろん、実際に人と接している時に、試行錯誤するようなトレーニングも大切です。

ただ、そんな練習場所を毎日作れるかというと、それは人によると思います。

人によっては、そもそも人と接する機会、雑談をする機会が、1週間に1回あるかないか、という場合もあるでしょう。

ですので、「一人で出来るトレーニング」も必要になってくる、ということです。

通常のコーチングセッションでは、まずは目標を決めてから、それに向けての行動(課題)を決めていきますが、ここでは、例を挙げてご紹介します。

  • 現状:話すネタに困って、いつも会話に入れない
  • 目標:自分の知らない話題が出たら、質問して聞き役に徹する

課題(行動)としては、この2つを挙げてみます。

  • 会話のネタを増やすこと
  • 質問力をつけること

この2つを行動に移していくんです。

  • 会話のネタを増やすには「ネタ帳」を作る
  • 質問力をつけるには「質問ノート」を作る

これが一人で出来るトレーニングです。

そして、「実際に人を前にした時の行動」としては、一人で出来るトレーニングをやってきた内容を実践に移すわけですが、ここで一つブレーキがかかることがあります。

それが「相手はどう思うだろう?こんな質問して大丈夫かな?」という不安です。

これを取り除いていくには、「口癖を変える」ことが効果を発揮します。

このようにして、口癖と行動を変えていくことで、「雑談力に自信がない」という悩みを克服していくわけです。

正直、時間はかかります。

1日で劇的に雑談力が身につくことはありませんが、前に進んでる感覚を得ることが出来るはずなので、自分に自信を持つことに繋がると感じています。

繰り返す「人と会うたび実践」

ステップ4は「繰り返す」ことです。

どこからどこまでを繰り返すかというと、1、2、3の全部です。

ステップ1の「自分を知る」は定期的にアップデートしましょう。

今の自分は「雑談力」という点ではどうだろうか?

ステップ2の「目標」も同じです。

最初に決めた目標への到達度はどのくらいだろうか?

また、新しい目標を加えたり、修正したりもしましょう。

ステップ3の「行動」についても、上手くいきそうな行動はそのまま続ければいいですし、新しい行動をプラスするのもいいでしょう。

何が大事かとういと「試行錯誤」です。

「雑談力をつける」というテーマにした場合、絶対的な正解はありません。

なぜなら、人によって、悩んでる部分が違うわけですから、対策も違うわけです。

本や動画や講座では「雑談力をつけるための答え」がすでに出ているよう感じるかもしれませんが、実際は、「その人に合った答え」かどうかは分からないんです。

ぜひ、この4ステップを使って、あなた独自の「雑談力に自信を持つ方法」を作り上げて下さいね。

雑談力に自信がない方へのアドバイス

誰とでもどんな時でも雑談が出来るようになったらいいな、と思っている方もいるかもしれません。

僕は今まで、仕事やボランティアの中で、色んな方と雑談をしてきましたが、一つ思うことがあります。

「誰とでもどんな場面でも、雑談が上手くいくという人はいない」ということです。

なぜなら。

  • 雑談が嫌いな人がいます
  • 今は、雑談したくない、というタイミングの人がいます

みんながみんな会話をしたいと思っているわけではないんです。

ですので、「誰かと会話がかみ合わなかった」、「会話が盛り上がらなかった」としても、気にすることはありません。

そういう方だったのかもしれません、そういうタイミングだったのかもしれません。

ただ、そう思えるようになるには、トレーニング、経験が必要です。

コミュニケーションについて学び、経験し、失敗していくと、だんだんそれが自信に繋がっていくと思います。僕の場合はそうでした。

ですので、ぜひ、試行錯誤して下さい、失敗して下さい。

その積み重ねが、きっと自信に繋がると思いますよ。

雑談力に自信がない方へのQ&A

雑談力におすすめの本はありますか?
うーん。雑談のための本よりも、幅広い知識を得ることが出来る本を読むほうがおすすめです。僕のおすすめは、自伝やエッセイです。気になる人が書いてる人の本は、雑談にも役立つことが多い気がします。出来れば、あなたが思う、雑談が上手い人が書いている自伝がいいと思います。

最後に関連ページをご紹介します。

口癖をなぜ変える必要があるかというと、自分の苦手意識が潜在意識と関係しているかもしれないからです。

潜在意識は、人の思考や行動に大きな影響を与えるといわれています。もし、雑談が苦手、という思いがあるなら、それも潜在意識に入っている苦手意識かもしれません。

雑談力には質問力は大切ですが、では、多く質問することが質問力となるかというと、そうではありません。

いわゆる「質問攻め」は時に、恐怖や苦痛を与えます。質問する時の根本に、相手への興味と敬意があるかがポイントです。

話すことがない、という時は、こちらも参考に。

友達、恋人、家族、職場、色んな場面で使える会話力を手に入れましょう。

マンツーマンのコーチングセッション、会話力を鍛える練習場所、オンラインで開催しています。

コーチングが基本ですが、お悩みによっては、講座のような内容を中心にすることも可能です。

以上です。

コーチ、未知賢人でした。