雑談が苦手でできない人から「雑談が上手い人へ」ネタと話題作りのコツで雑談力を!

雑談が苦手。誰とでも雑談が出来るようになりたい。

そういうご相談、お悩みを聞くこともあります。

そこで、このページでは「雑談」をテーマに、雑談に関するお悩み解決のヒントをご提案していきます。

こういう方はぜひ参考にして下さい。

  • 雑談に苦手意識がある
  • 雑談で何を話していいか分からない
  • 職場や学校での雑談に入れない
  • そもそも雑談なんているのか疑問に思う
  • 雑談のネタや話題作りのコツを知りたい

目指すのはこちらです。

「雑談の苦手意識を克服する」

それではスタートです。

なお、僕とマンツーマンで雑談の練習、トレーニングをするサービスはこちらです。

顔出しなしで「雑談力を鍛える練習場所」提供します 誰とでも話せるように、自分から話しかけられるようになりたい方

雑談とは?未知の雑談についての2つの価値観

雑談とは何か?

このページでは「テーマが決まっていない、2人以上で交わす会話」としておきます。

先ほど目指すところは「雑談の苦手意識を克服する」と書きましたが、そのお話をする前に、まず僕が考える「雑談」についての考え方を先に書いておきます。

雑談が上手い人は誰とでも雑談が出来るわけではない

雑談力がついたら、いつ誰とどんな場所でも雑談が出来る、会話が続くかというと、それはありえません。

僕も10代から80代までと、幅広い方たちと雑談する機会は多くありましたが、中には雑談をしたくないという人もいます。

それは元々、人と話すのが好きではないのか、誰とも話したくないタイミングだったのかは分かりません。もちろん、僕との相性が合わなかった可能性もあります。

ただ、僕自身で言うと、やっぱり時と場所によっては、誰とも話さず一人でいたい時もあります。

その時に、雑談上手な人が来ても、僕は話したくないんです。

僕だけでなく、やっぱり知り合いの中でも同じ感覚の人はいます。

つまり、誰からも嫌われない人がいないのと同じで、誰とでも雑談を続ける人はいない、というのが僕の考えです。

何が言いたいかというと、「雑談の苦手意識を克服する」という目指すところは書きましたが、決して「誰とでも雑談が楽しめるようになりましょう」というわけではないですし、それは無理だと受け入れましょう、ということです。

雑談が弾まなくも、何ら気にする事はありません。

雑談をしないという選択もある

雑談できる人が、偉いとかすごいとか良いとか、なんてことはありません。

雑談をしない、という選択もあります。

無理に誰かと話さないといけない、近くの人と話さないといけない、なんというルールはありません。

これは価値観です。

  • 色んな人と雑談をしたいという人もいい
  • 基本、誰とも話したくないというのもいい
  • 話しかけられたら話すけど、自分からは話しかけないのもいい
  • 雑談は時間の無駄だと思うのもいい

僕は雑談が好きです。雑談をすることでストレス解消にもなりますし、知識も増えるし、いいことがたくさんあるので。

でも、これは僕の価値観です。

人にこの価値観を強要することはありません。

もし、あなたが「雑談は不要」と考えているなら、それでいいと思います。

ただ、価値観は変わりゆくこともあります。

もしかしたら、時が過ぎれば、「雑談も楽しそう」と思う日が来るかもしれません。

雑談が嫌いなら「雑談はしない」と選択するのも自由です。

雑談力を鍛えるための考え方

雑談力を鍛えるための「方法」の前に、まずは、雑談力を鍛えるための考え方を知っておいて下さい。

雑談力を鍛えるには、実際は、口癖と行動を変える必要があると感じています。

ただ、その前に、僕が考える「雑談で大切な考え方」をご紹介しておきます。

雑談力を上げるための「質問力、聞く力、話す力」

雑談力で大切な3つの力は「質問力、聞く力、話す力」です。

これを一つ一つ底上げしていけば、雑談力を鍛えることは可能です。

雑談で気をつけたいこと

雑談をする時に、トラブルになったり、嫌な気持ちになる人を生むことを避けるために、気をつけたいことをまとめました。

3人以上での雑談で気をつけたいこと

2人での雑談と、3人以上での雑談では、話す内容が違ってくると思います。

Aさん、Bさん、Cさんの3人で雑談をしていたとしましょう。

AさんとBさん共通の趣味であるテニスの話題を、その3人の場所で雑談しようとするとどうなるでしょう?

もしかしたら、Cさんはテニスに興味はあるけど、まだしたことがないという人なら、2人の話を聞いてるだけでも楽しいかもしれません。

ところが、Cさんはテニスに全く興味もないならどうでしょう。退屈でしかありません。

その場を離れるか、何となく聞いてるだけの時間が過ぎるかもしれません。

可能であれば、3人以上で雑談なら、参加者全員が知ってるテーマ、興味があるテーマを選んだほうが、嫌な思いをする人は減るでしょうね。

これは、飲み会は何人がベストな人数か?というテーマになった時にもよく出てくる話しです。

4人くらいまでなら、同じテーマで雑談もしやすいですが、5人以上になると、退屈な人が出てきますよね、という話です。

出来れば、雑談の輪に入っている人みんなが分かる話をするか、4人以上なら、2組に分かれて話すかにしたほうがいい場合もあります。

これはLINEグループでも同じ。

自分が全く知らない話題を、LINEグループの数人がし始めたりすることってありませんか?

いわゆる雑談、世間話を、全く興味がない人も聞かされるわけですから、やっぱり不快に感じます。

いくら通知オフにしても、大事な内容も書き込まれているかもしれませんので、一応、全部見ておかないといけません。

そうやって、人の時間を奪いかねないということは意識しておきたいところです。

雑談で相手の話を引き出す力(聞き出すのが上手い人になる方法)

相手の話を引き出す力といっても、無理矢理話してもらうことではありません。

相手が気持ちよく、自分の言葉で好きなようにお話ししていただくために、どうすればいいかです。

お互いが遠慮しすぎたりで、自分が思うように話せないと、やっぱり人間関係がギクシャクしがちです。

聞き出すのが上手い人は、どんな力を持っているのでしょうか。

相手の話を引き出す力とは、大きく分けると「質問力、聞く力、話す力」です。

どれも欠けることなく、力をつけていけば、相手の話を引き出す力は自然と身についてくるはずです。