ツインレイ【会いたい衝動】会いたくてたまらない

ツインレイ【会いたい衝動】会いたくてたまらない

ツインレイと会いたくてたまらない。

そんな時ありませんか?

ツインレイと出会えたものの、サイレント期間だったりで、なかなか会えない時。

でも、会いたくてたまらない時ってありますよね。

ツインレイと会いたい衝動に駆られる時。

そんな時にどうするか?

まず結論です。

ツインレイと会いたい衝動を抑えて、自分と向き合い連絡は取らない。

この一択です。

サイレント期間は、執着を手放す試練の時期でもあります。

決して、会いたい衝動に駆られることが悪いことではありません。

そこに執着があるかどうかが問題だと感じます。

ただ、もしかしたら、気になる相手がツインレイではないかもしれません。

  • サイレント期間だけどツインレイと会いたくてたまらない
  • ツインレイと会いたい衝動にかられてしまう
  • 本当に相手はツインレイなのか疑問がある

という方は、最後まで読んでいって下さいね。

会いたい衝動、会いたくてたまらない思いを、どう処理していいかがきっと分かります。

では、解説します。

ツインレイと会いたい衝動は自然なこと

ツインレイと会いたい衝動は自然なこと

ツインレイと会いたい衝動は自然なこと

サイレント期間は、ツインレイとの連絡が途絶えます。

チェイサーがランナーを追いかける期間に入りますが、試練の時期です。

執着を手放すって簡単に言いますが、それがなかなか出来ないんです。

とはいえ、ツインレイを信じているなら、ここの試練を乗り越えないことには統合まで辿り着けません。

では、ツインレイと会いたい衝動とは具体的にどういう感情か?

みていきましょう。

ツインレイと会いたい衝動はこういう気持ち

ツインレイと会いたい衝動はこういう気持ち

ツインレイと会いたい衝動はこういう気持ち

ツインレイと愛情を確かめたいと思うこと、ありますよね。

会って確かめたい。

直接話を聞きたい。

そう思うこと、あるのではないでしょうか?

というのも、会うことも出来ないで離れている時間。

あなたなら、どうしますか?

たぶん、「想像する」と思います。

  • 彼は今何をしてるんだろう
  • 彼の私への気持ちは変わってないかな
  • 他に好きな人が出来たりしていないかな

誰かのことが好きになったら、こういう思いを頭の中で考えることってありますよね。

それは自然なことです。

ただ、一つ問題があります。

想像というのは、時にネガティブなことを考えてしまいます。

  • もしかしたら、離れてるうちに、気持ちが冷めてしまっていないだろうか?
  • 本当に私のことを好きなんだろうか?
  • 本当に彼(彼女)はツインレイなのだろうか?

色んな想像が浮かんでくると思います。

もしも。

ツインレイとは、

  • 絶対に結ばれる運命にある
  • 試練を乗り越えたら絶対に上手くいく
  • サイレント期間の後には必ず統合が待っている

と決まっていたらどうでしょうか。

きっと不安もなくなるのではないでしょうか。

ツインレイといっても、必ず恋愛に発展するか、結婚に繋がるかは分かりません。

ツインレイ以外の人と結婚する可能性ももちろんあるわけです。

そう考えると、不安が募るのも当然です。

ツインレイと会いたくてたまらないサイレント期間

ツインレイと会いたくてたまらないサイレント期間

ツインレイと会いたくてたまらないサイレント期間

ここからは「サイレント期間」について書いていきます

「サイレント」という文字通り、沈黙の期間です。

2人が離れ離れになるんです。

ツインレイの統合に向かうためには、どうしても試練の時期が必要だそうです。

2人はそれぞれランナーとチェイサーに分かれます。

男性がランナーになるケースが多いようで、逃げていく側ですね。

女性がチェイサーになるケースが多いようで、追いかける側です。

サイレント期間の始まりと終わりには、前兆があります。

ただ、それも誰かが教えてくれるわけではありません。

ツインレイサイレント期間の長さも決まっていません。

自分で判断するしかありません。

この不明確な期間が、悩みを増やす要因です。

いつからいつまでがサイレント期間と分かっていれば、会いたい衝動も抑えることはできるでしょうけど、終わりは分からないんです。

何年も続くかもしれないんです。

数か月のことあれば、10年以上ということもあるようです。

お互いが成長し、サイレント期間は終わり、統合に向かうことになります。

ツインレイと会いたい衝動から自分と向き合う時間へ

ツインレイと会いたい衝動から自分と向き合う時間へ

ツインレイと会いたい衝動から自分と向き合う時間へ

ツインレイと会いたい衝動があったらどうするか?

まずは、それを受け入れることです。

そして、自分と向き合う時間を作ることをおすすめします。

自分と向き合うといっても、具体的に何をするかですが、日記を書くことをおすすめします。

これは多くの人が、日記を書くことで、自分を発見できると言っているように、確かに日記を書いている間、頭の中を整理できます。

彼の気持ちはいくら考えても分かりません。

お互いが会いたい気持ちを持っているとして、苦しい期間で、会いたくてたまらないかもしれませんが、その想いも日記に綴っていきましょう。

ツインレイが本物なら、乗り越えられると信じるしかありません。

信じられなくなってしまうと、精神的にしんどい時期になってしまい、試練を乗り越えることが難しくなってしまいます。

相手はツインレイではない可能性を探る

相手はツインレイではない可能性を探る

相手はツインレイではない可能性を探る

ツインレイと会いたい衝動をどうしても抑えられない時。

一つ思い出して欲しいのですが、彼がツインレイだと思った理由は何か?

何らかの確認方法を使いましたか?繋がっている証拠は見つかりましたか?

それとも、ツインレイ鑑定士に相談しましたか?

確認方法として、よく挙げられるツインレイは身長差があるといったものは、恐らく関係ないと思います。

一緒にいて心地よいかどうかのほうが大事なポイントだと感じます。

また、ツインレイは歯並びが似てるというのも同様で、似てるかもしれないし、似てないかもしれません。

何が言いたいかというと、実は彼はツインレイではないかもしれないということです。

脅しているわけではありません。

もし、ツインレイでもないのに、サイレント期間だと思って、じっと何年も経ってしまったらどうしますか?

きっと後悔しますよね。

もし、ツインレイ鑑定士に診断してもらったのではなく、自分で確認しただけなのなら、彼はツインレイではないかもしれないと考え、一度鑑定してもらうのも一つの方法です。

ツインレイと出会う前兆を感じることもありますが、全く感じないこともあるようです。

どうやって分かるかについては、霊感や霊視であったりチャネリングを使ったりするようですね。

会いたい衝動をどうにかしたい時は、鑑定という選択肢も頭に入れておきましょう。

ツインレイ鑑定士に相談するメリット

ツインレイ鑑定士に相談するメリット

ツインレイ鑑定士に相談するメリット

ツインレイと会いたくてたまらない時。

鑑定士や占い師さんに相談するのも一つの方法です。

会えなくて辛い時にも。ツインレイ鑑定で気持ちを落ち着かせて相談してみましょう。

相談内容としては、

  • あの人は本当にツインレイでしょうか?
  • ツインレイと会えなくて辛いのですが、どうしたらいいですか?
  • ツインレイと次に会えるのはいつくらいでしょうか?

といった内容でもいいでしょう。

会いたい衝動にかられている時は、モヤモヤしたり、イライラしたり、落ち着かないこともあります。

気を付けたいのが、ストレスです。

あまりにもストレスを受けすぎると、投げやりになったりすることもありますよね。

それを避けるためにも、誰かに相談できるに越したことはありません。

もちろん、仲の良い友達で、ツインレイとの悩みを何でも相談できるならいいですが、そういう友達がいる人ばかりではないと思います。

だからこそ、「ツインレイとのことで、何かあった時に、いつでも相談できる占い師、鑑定士」を見つけておくことをおすすめします。

ツインレイと会いたい衝動を抑えるコツ

ツインレイと会いたい。

その気持ちが悪いことは何もありません。

ただ、過度にその衝動が激しくなりすぎると、ストレスになったり、ツインレイに対して不満を持つ原因になりえます。

それは避けたいところですよね。

会いたい衝動の元になっているのが、男性性反応なのか、下半身に関する体の相性のことなのか、それは分かりませんが、いずれにしても、統合を目指すなら、そういう強い執着や強い思いを捨てることも必要になる場面はあるはずです。

そこで、会いたい衝動を抑えるコツの一つを紹介します。

それが「マインドフルネス」です。

感情は一種の反応です。

会いたい衝動も反応です。

ですので、その反応自体を止めようとするのではなく、その反応が起きないように意識の向け先を変えるんです。

そうです、今に意識を向けるんです。

何でもいいので没頭できること、集中できることを見つけて、そのことを考えるんです。

本でも映画でもいいんです。

ツインレイのことを考えることが悪いわけではありませんが、考えすぎると、どうしても心配や不安が押し寄せてきたりします。

性的衝動が起きることに罪悪感なんて必要ありませんし、健全なことでしょう。

抑えきれなくなってきたら、趣味でもいいので、夢中になれることに没頭しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA