コミュ力アップに絶対おすすめのメルマガ
特典PDFをプレゼント

コミュニケーション力が低いと就活や転職に厳しいか?

コミュニケーション力が低いと就活や転職に厳しいか?

【記事まとめ】
  • コミュ力が低い人は就職活動も不利なのか?
  • コミュニケーション能力は就活で重要なのか?
  • コミュ力がないと仕事に影響出るのか?
  • コミュ力おばけになるために出来ること

コミュ力と就活のこと
人との関わり方が上手いに越したことはない、、まずは最後までどうぞ

そももコミュニケーション力って何なのか?

実はその定義は曖昧なものです。

  • 自分の気持ちを言葉にするのが上手い?
  • 相手の話を引き出すのが上手い?
  • 聞き上手?
  • 初対面でも人見知りしない人?
  • 相手を説得するのが上手い人?
  • 相手の気持ちを察することが出来る人?

こればかりは、分かりません。

このブログの中で「コミュ力おばけを作る方法(コミュ力を上げる方法)」ということで、メルマガも書いていますが、その中には「自分のマニュアルを作る」という項目があります。

誰からも好かれる人はいません。

どんな会社からも求められる人もいません。

ですので、自分はどうなりたいのか?誰のようになりたいのか?

それを決めていくんです。

コミュ力が低いより高いほうが就活では有利なのは間違いないと思います。

ただ、コミュ力という定義が曖昧です。

もし志望する会社があって、その会社にどうしても入りたい。

そんな時に何をするか?

どうすれば、その会社から求められる人材になれるか?

それを考えると思います。履歴書にもその想いを書くと思います。

これはコミュ力とは関係なく、「なぜその会社に入りたいのか?」を相手に伝わるように話せるスキルは必要です。

それがコミュ力というなら、やはりコミュ力は必要です。

「コミュニケーション力が低いと就活や転職に厳しいか?」

その答えは、私としては、はいかいいえで答えるなら「はい」とお答えします。

ただ、そのコミュ力は努力で少しずつでも上げることは出来ます。

実際に、自分が苦手な人付き合いを努力で克服していっている人もいます。

だから、努力しましょうっていうことではありませんが、できる範囲で、自分なりのコミュ力を高めていけばいいのではないかと思います。

話すのが苦手だけど、聴くのはとても上手い。それも素敵です。

あとは会社の判断です。

会社の中には、コミュショウと呼ばれるような、コミュニケーションが苦手人も少なからずいることでしょう。それでも、大切なポジションについている人なんていくらでもいます。

これからは個性も輝ける時代です。

それぞれの個性を活かせるように工夫されている会社もあります。

コミュ力が全てではありません。自分の強みを発揮できるように、まずは自分と向き合ってみるのもいいと思います。

「自分はこういう点は苦手ですが、こういう点は得意です」

そうやって自分を分析して言葉にすることから始めてみるのもいいでしょう。

そして、もし、もっと上手く話せるようになりたいと思ったら、そのための努力をするのもいいでしょう。

会社が求めるコミュニケーション力とは?

会社側としては、コミュ力が高い人と低い人がいた場合、やはり高い人を選ぶ可能性は高いと思います。

ただ、先ほども書きましたが、何をもってコミュ力が高いというかは、定義がありませんし、人によって捉え方が違います。

ですので、「前向きで明るくハキハキ話して、人と接することが好きな人」であっても、その会社や担当者に合わなければ、採用されないかもしれません。

それは誰にも予測できないことです。

では、仮に私が会社の面接官で、採用担当だとして、どんなコミュ力を持っている人なら会社に入って欲しいと思うか?

参考になるか分かりませんが、何点か書いておきます。

メンタルヘルスをコントロールできる人

会社として困るのが、採用したものの、短期間で会社を辞められることです。

人を採用するにもコストがかかります。さらに、育てるとなると、もっとコストがかかります。

それを、入社して半年とかで退職されると、会社としては大きな損失です。

ですので、そういう意味でのコミュ力、対人スキルは持っておいて欲しいと思います。

これは私の経験ですが、「頑張り屋で完璧主義、真面目で、仕事の覚えも早い、人と接するのも上手い」といった方でも、早くに辞めてしまう人を見てきました。

完璧主義ゆえに、自分が思うようにいかないと、ストレスをかかえ、会社に見切りをつけてしまうこともあるようです。

もっと柔軟な考え方や態度が出来る人のほうが、長く会社で活躍してくれるかもしれません。

ということで、自分のメンタルヘルスをコントロールするのが上手い人は、私としては欲しい人材です。

会話上手ではなく噂やゴシップ好きはご用心

コミュ力が高い、お話しが上手い、と思って会社に入ったら、ただの噂好きということもあります。

ですので、人のことを悪く言う、うわさが好き、事実より自分の意見が大事、そういう人はご遠慮願いたいタイプです。

お話しが好きそうなので、一見、コミュ力が高いと思うかもしれませんが、それはコミュニケーション力ではありません。

ただのトラブルメーカーです。

会社内のトラブルに多いのが、社内での噂です。事実とは違うことが流れてきて、それがきっかけで、社内での揉め事に発展することもあります。

コミュ力とややこしいクセを間違えないようにしたいところです。

本日は以上です。

コミュ力を鍛える場所はどこにでもあります。一人でも出来ます。

コミュ力おばけは初対面でも人見知りなし!コミュ力やしゃべりを鍛える場所はどこ?コミュ力おばけになるためにコミュ力やしゃべりを鍛える場所はどこ?

このブログで書いているコミュ力おばけになる方法、コミュ力を上げる方法のメルマガです。

最後に、コミュ力おばけと就職活動と転職活動のこと。

もし、少しでもコミュ力を上げたいということでしたら、こちらのページもご参考に。