「聞き上手は自分の話をしないんですか?職場の人は私に質問ばかりして自分のことを話しません。」

「聞き上手は自分の話をしないんですか?職場の人は私に質問ばかりして自分のことを話しません。」

お悩み相談に回答します。

30代男性会社員の方からです。

職場の人の話しです。とても優しい人で話しやすくて素敵な人です。少し気になることがあります。それは、色々と質問してくれるので私のことはよく話すんですが、その人はほとんど自分のことを話しません。私から質問すると、少しは答えてくれますが、すぐに質問で返されます。私からするとその人はすごく聞き上手な人という印象なんです、聞き上手な人って自分の話はしないものなんでしょうか。

それでは僕からの回答です。

執筆はコーチ未知賢人です。

聞き上手は自分の話をしないわけではない

その人が、なぜ自分の話をあまりしないのかは分かりません。

その人しか分からないことですので、いくら考えても正解は出ないんですが、可能性としてはこういうことがありえます。

  • 自分のことを話すのが苦手
  • 自分のことを話すのを避けたい
  • 相手のことをとにかく知りたい
  • 自分のことを話さないようが聞き上手だと思っている

恐らくこのあたりでしょう。

苦手というのは、単に、自分のことを上手く話す自信がないから話さないケース。

避けたいというのは、過去に、自分のことを誰かに話して、それが原因でトラブルが起きた、嫌なことがあったというケースです。

知りたがりが理由で、とにかく相手に質問しまくる人もいます。

そして最後。これは過去の僕がそうでした。

聞き上手というのは、「相手にいかに気持ちよく話してもらうかが大事」というのは、よく言われることです。

だから、効果的な質問をして、相手にたくさん話してもらいましょう。

だって、人は自分のことを話したいという欲求がありますからね、という理屈です。

さて。

その人が、この4つのどれかに当てはまるかは分かりませんし、他の理由があるのかもしれません。

では、回答に入りますね。

今回は「聞き上手な人って自分の話はしないものなんでしょうか。」という部分に対してご回答しますので、参考にしてみて下さい。

結論から言うと、「僕の考えでは、聞き上手は自分の話もします。」となります。

解説しますね。

まず「聞き上手」という定義は人によって違うと思いますが、ここではこうしておきましょう。

「話しを聞くの上手く、ついつい何でもい話しをしてしまう人」

あくまで今回定義しただけですので、ぜひご自身でも考えてみて下さいね。

ここでポイントは「ついつい何でも話しをしてしまう人」という点です。

聞き上手な人は、相槌が心地よかったら、優しく頷きながら聞いてくれたりという特徴があると思いますが、「話しをしてしまうのはどういう人か」となると、僕は「共有、共感してくれる人」という条件もあると思います。

というか、雑談のような会話で大事なのは、この共有、共感だと思います。

この共有してる感覚、共感してくれている感覚を生み出せるのが、コミュ力が高い人だと僕は思います。

自分のことを話さない人と、共有、共感ってできますか?

例えば、あなたが、好きなミュージシャンの話しを相手にしているとしましょう。

Aさんはとても話しを聞いてくれる人だけど自分の話を全然しないので、Aさんがどんな音楽が好きなのかも知りません。質問すると、「まあ、音楽は流行りのものばかりかな」という感じであまり自分のことを話してくれません。でも、聞くのは上手。
Bさんも話しを聞くのは上手だけど、自分の話しをするのも好き。だからBさんも自分と同じミュージシャンが好きなことを知っている。

あなたは、AさんとBさん、どちらとお話ししたいと思いますか?

僕なら迷わずBさんなんです。

Aさんは、自分のことをほとんど話さないので、共有、共感をしにくいんです。

Bさんは、Aさんほど上手に聞いてくれるわけではありませんが、同じミュージシャンが好きということもあって、そのミュージシャンについての情報を共有したり、コンサートに行った時の感動を共感しあえたりします。

コミュニケーションの語源はラテン語のコミュニスです(諸説あります)。

コミュニスは「共通の」といった意味があり「共」という言葉がコミュニケーションの根本にあると僕は考えています。

そう考えると、あなたが話してばかりで、相手の方は聞いてばかりということであれば、それは、話題を共有しているというより、あなたが一方的に話題を提供しているという感じがします。

コミュニケーション力が高い人は、話題も感情も一方通行ではなく、双方向のやりとりをする人だと思います。

ということで、まとめるとこうなります。

  • 僕の考えでは、聞き上手は自分の話もします
  • ついつい何でも話しをしてしまう人が聞き上手
  • 聞き上手は自分のことも話して、話題や感情を共有共感します

決して、その相手の人が聞き上手ではないという意味ではないですよ。

あくまで、僕が考える聞き上手な人とは異なるかなという印象があるということです。

参考にしていただけたらと思います。

回答は以上です。

以下、僕の考えを少しお話します。

聞き上手になるには自分の話はしない方がいい、とは違う

結局はバランスなんだと思います。

自分の話をしたり、相手の話しを聞いたりのバランスです。

人によって、話すのが好きな人もいれば、聞いてる時間のほうが好きな人もいます。

本当に人それぞれです。

ですので、一概に、何割にくらい話して、何割くらい聞くのがベストというのはありません。

相手に合わせたり、自分に合わせてもらったりしながら、会話というのは成り立つんだと思います。

決して、自分の話はしない方がいいなんことはありません。

かなり前の話しですが、ダウンタウンナウという番組で、萩本欽一さんが出演されていた回がありました。

浜田さんが、萩本さんに質問したんです。

すると萩本さんは「まず自分のことを話せ!」と言われたんですね。

その時のシーンがものすごく鮮明に残っています。

インタビューや悩み相談なら、どちらかが一方的に話すこともあると思いますが、雑談であれば、自分のことを話して、相手にも話してもらうということも大切だと感じました。

最近思うのは、相手が自分のことを話してくれると安心できる部分もあるということです。

特に初対面だったり、まだ出会っても間もない時期というのは、相手は「よく知らない人」です。

言い方が悪いかもしれませんが、得たいのしれない人物とも言えます。

やっぱり人って、得たいのしれない人やモノに対して警戒心を持つ気がします。

だから、自分のことを開示していったほうが、相手も話しやすくなると思うんです。

自分の話しをしない人がつまらないとまでは言いませんが、さっきも言いましたが、話題や感情を共有できたほうが、会話って楽しい気がしませんか?

そう考えると、自分の話しをして、相手に自分のことを伝えるというのは、大切なコミュニケーションですし、聞き上手な人というのは、相手が安心して話せるように、自分のことも上手く話してる人なのかなと思います。

聞き上手な人になりたい方も参考にしていただけたらと思います。

以上となります。

人間関係コーチ、未知賢人でした。

その他の人間関係の悩みにもお答えしています。

最後に関連ページのご紹介です。

以上です。

最後に、聞き上手になる方法として、いくつかご紹介します。

聞き上手な人は、人の意見も人自体をも否定していません。

否定しないというのは、決して反論しないという意味ではありません。

ろくに話しも聞かずに、否定する人がいますが、まずは最後まで話を聞くことが大切です。

聞き上手は会話どろぼうになりません。

人の話しを横取りしたり、人の話を奪う人にならないということです。

自分が話したくなっても、まずは相手の話しを最後まで聴く事とが重要です。

モテる男性も女性も、聞き上手でもありますが、質問も上手で、話すのも上手。

どれか一つだけではなく、どれも上手くなっていけば、コミュ力は着実にあがっていくことでしょう。

コミュ力おばけと呼ばれる人は、これらのどれもが上手いんでしょうね。

以上です。