初対面で人見知りしない人「会話が続かない、仲良くなれない、緊張する」を受け入れる

初対面で人見知りしない人「会話が続かない、仲良くなれない、緊張する」を受け入れる

初対面で人見知りするのが辛い。

そういうご相談もいただきます。

僕はまず人見知りをしません。

相手が何歳でも。

相手が女性でも男性でも。

相手がどんな役職の人でも。

相手が誰であっても人見知りをしません。

絶対とは言えませんが、まずしません。

では、僕は、初対面でも「誰とでも仲良くなれるのか?」というとそんなことはありません。仲良くなれないことはいくらでもあります。

では、僕は、初対面でも「誰とでも盛り上がる会話が出来るのか?会話が続くのか?」というとそんなこともありません。会話が途切れることなんていくらでもあります。

では、僕は、初対面でも「誰が相手でも緊張しないのか?」というと、そんなこともありません。相手によっては緊張します。

おや?と思うかも知れませんが、まず、僕が考える人見知りの定義をしておきます。

「人見知りとは、初対面で誰かと会う時に、緊張しすぎて精神的に苦痛を感じること」としましょう。

この定義はあくまで僕の定義です。

つまり、こういうことです。

「僕はまず人見知りをしません。初対面で誰かと会う時に精神的に苦痛を感じることもまずありません。ただ、初対面で誰とでも仲良くなれるわけでもなりませんし、会話が盛り上がる、会話が続くということでもありませんし、緊張しないわけでもありません。」

もしかしたら皆さんの中には、「人見知りしない人とは、誰とでも初対面で仲良くなれる人、会話が続く人、緊張しない人」と思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、僕の考えはそうではありません。

人見知りでお悩みの方の参考になると思いますので、ぜひ、最後までご覧下さい。

なお、Youtubeの動画版はこちらです。内容はほぼ同じですが、ブログ版は追記することもあります。

なお、人見知り克服をテーマにしたまとめページはこちらです。ぜひこちらも参考にして下さい。

では、本題です。

人見知りの原因は反応に過敏になりすぎていた

僕は、初対面の人と楽しい会話ができるよう、色々な試行錯誤をしてきました。そしてこれからも試行錯誤を続けますが、それでも相手の方がどう反応するかは分からないと思っています。

元から僕はそういう考えだったわけではありません。

学生時代は、人と目を合わせて話すことも出来ませんでした。社会人になってから、人間関係が主な原因で6回も転職をしました。独立し、一人で自宅で仕事を始めてから、余計に人が苦手になっていき、人見知りも激しくなりました。

その頃は、とにかく「どう思われるだろう?」という思いが常にありました。

これを言ったらどう思われるだろう?これをやったらどういう気持ちになるだろう?

相手の反応に過敏になりすぎていたのは分かっていましたが、それをやめることは出来ませんでした。

その後、ボランティア活動に関わることになったのですが、そこから人見知りは大きく改善されていき、今では、まず人見知りしないところまできました。

「どう思われるだろう?」という思いから、「色んな人がいるから、どう思われるかは僕には分からない、相手がどう反応するかは分からない」と思うようになったからだと思います。

ではです。

僕は「どう思われるか気にするのをやめよう」と思ってやめたわけではないんです。では、なぜ、そう思えるようになったか?

それは、「初対面で上手くいかなかった経験」だと思います。

僕が自宅で仕事を始めた頃。毎日毎日、朝起きて仕事をして、子供を保育園に送っていき、また家に帰り仕事をして。それが平日の1日でした。休日は家族と買い物にいくくらいで、誰かと会う事もありませんでした。つまり、家族以外の人と会う事はほぼゼロだったんです。

それが、ボランティアを始めてから、否が応でも新しい出会いがあります。初対面の出会いがあります。その中で楽しい会話ができたこともあれば、攻撃的な人から嫌なこと、傷つくこと、腹の立つことを言われたりも、たくさんありました。

さて。

僕が誰とも話さなかった頃と比べると、ボランティアの活動を始めてから人と会う人数は何倍にもなりました。

その中で分かったことは、

  • いくらこちらがあれこれ考えて質問しても、答える気がない人、全然答えてくれない人がいます
  • いくらこちらが話を聞きたいと思っても、話をしてくれない人もいます
  • いくらこちらが話したいと思っても、聞く耳を持ってくれない人がいます

皆さん、意地悪しているわけではなく、もしかしたら、「今は、誰とも話をしたくないタイミング」だったのかもしれません。

皆さんはどうでしょうか?

いつでもどこでも誰とでも、雑談をしたいと思って生活をしていますか?

少なくとも僕はそうではありません。

電車の中だったら、一人でゆっくり小説を読みたい時もありますし、家にいる時でも話をするよりゆっくり映画をみたいタイミングもあります。会社員時代を振り返ってみても、仕事終わりにみんなで飲みに行ってお話ししたいと思う日もあれば、早く帰ってすぐに寝たい日もありました。

これは初対面の人が相手でも同じです。

雑談をしたくないタイミングの人はいます。

相手により、話したい話したくない、という感情が揺れることもあると思います。

つまり、僕にはどうにもできないことが山ほどある、ということが分かったんです。

僕は、そう思っているので、初対面の人と仲良くなれなくても、会話が続かなくても、気にならないんです。

  • 初対面で何か話さないといけない、会話を続けないといけない
  • 初対面で好印象を持たれないといけない

そういう気持ちが強すぎると、初対面の人と会うのが苦痛に感じるようになり、人見知りしてしまう可能性が高くなりそうです。

とはいえ。

  • 初対面で会話が続かなくてもいいや、と思いましょう
  • 初対面で好印象を持たれなくてもいいや、と思いましょう

と言いたいわけではないんです。

どうすれば会話が続くだろう、どうすれば好印象を持ってもらえるだろう。

それを考えて、試行錯誤することは、とても素敵なことだと思うんです。

ただ、いくら頑張っても試行錯誤しても、相手がどう反応するかは分かりませんし、会話が続かないかもしれないし、好印象を持ってもらえないかもしれない、ということを受け入れておくことが大事だなと思うんです。

つまりこういうことです。2つ挙げます。

  1. 初対面が楽しくなるための試行錯誤はしつつ
  2. 相手がどう反応するかは分からない、ということを受け入れておく

この同時進行が大事だと思うんです。

一つ目の試行錯誤で、会話力に自信をつけつつ、二つ目で自分ではどうにも出来ないことを受け入れる

とういことです。

最後に。

私は人見知りだから、と思わないほうがいい

人見知りという、大きな枠で自分を決め付けないほうがいいと思います。

「私は人見知りだから」と思い続けていると、余計に初対面が億劫になります。

人見知りは甘えとは僕は思いませんが、自分で自分に暗示をかけるのはやめたほうがいい、ということです。

一つ目の、初対面が楽しくなるための試行錯誤については、Youtubeやブログで、初対面での会話について解説していますので、良かったら参考にして下さい。

二つ目の、受け入れる、という点については、もう一度言います。「相手がどう反応するかは分からない、ということを受け入れておく」。これです。

初対面に苦手意識がある方は、ぜひ参考にして下さい。

コーチ、未知賢人でした。