初対面の異性との会話が苦手なら対策3つ

異性と話すのが苦手なら対策3つ

異性と話すのが苦手。

この悩みも少なくありません。

男性なら男性と、女性なら女性と話すことは出来るけど、相手が異性となると話すのが苦手。

異性と話せるようになる方法は?

結論です。

慣れていくしかないと思います。ただ、慣れましょう、と言われても、何をしていいか分からないと思いますので、今日からできる対策を3つご紹介します。

その前に、こちらの関連ページもご紹介しておきます。

特に初対面が苦手な人はぜひ読んでみて下さいね。

では本題です。

異性と話すのが苦手な原因は「意識しすぎ」

まず、そもそも異性と話すのが苦手な原因は何なのか?ということです。

可能性はいくつかありますが、大きいのがこれでしょう。

「どう思われるか怖い」

多くの人は、異性と話すより同性と話す機会のほうが多いと思います。

そうであれば、普段から話し慣れていない異性と話すのが苦手であっても、不思議ではありません。

そして、心のどこかで「異性からモテたい」とか「異性から嫌われたくない」という思いがあるのかもしれません。

いずれにしても、「どう思われるか」という意識が、話すことに対する苦手意識を生んでいるのではないでしょうか。

そうであれば、解決方法は簡単です。

「どう思われてもいい」と思えばいいんです。

と言いたいところですが、それが出来たら苦労しないんです。

意識を変える、というのは簡単ではありません。

変えるのは「行動」です。

異性と話すのが苦手な時の対策3つ

それでは、異性と話すのが苦手時の対策3つです。

異性とも自然に話してる人を真似る

先ほど書きましたが、「どう思われても気にしなくていいですよ」という意識改革ではありません。

イメージとしては、こういうことです。

あなたにとって「異性とも同性とも、わけ隔てなく自然に話してる人」は誰でしょうか?

友達、職場の同僚、先輩後輩、上司部下。

誰でもいいので、一人思い浮かべてみて下さい。

身近な人にいないなら、テレビタレントでもyoutuberでも構いません。

思い浮かべてみて下さい。

そして、その人の特徴をノートに書き出しましょう。

その人の、口癖と行動を書き出しましょう。

それが出来たら「真似る」だけです。

口癖と行動を日々真似るんです。

そうすれば、近づいていくことができるはずです。

あとはやるかやらないかだけです。

会話力を学び異性と話せる自信をつける

異性と話す時に、「どう思われるか気になる」のは、自分の会話力に自信がないこともあるのではないでしょうか。

  • 会話は続くだろうか
  • 沈黙にならないだろうか

こういった不安があると、どうしても、異性と話せない、好きな人に話しかけられない、ということにもなりかねません。

ですので、会話力、コミュニケーション力を学ぶんです。

学ぶだけでなく、実践を繰り返すんです。

コミュニケーションで大切なこととして「話す力、聞く力、質問する力」と、いつも書いていますが、それらを一つずつ底上げしていけば、確実に自信がつくと思います。

異性と話せる場所を作る

慣れは大切です。

もし、普段から異性と話す機会がない、というのであれば、まずは異性と話せる場所を作ることがおすすめです。

いくら、真似しようと思っても、会話力を磨いてそれを発揮してみようと思っても、そもそも異性と話す機会がないなら、練習も出来ません。

慣れと書きましたが、それは、失敗経験も含みます。

私はコミュニケーションコーチとして活動していますが、今までコミュニケーションで上手くいくことばかりだったかというと、そんなことはありません。

たくさんの失敗を繰り返しました。

私の質問によって嫌な気持ちにさせたこともありますし、上手く自分の気持ちを伝えることが出来なかったこともあります。

会話が全く弾まないことなんていくらでもありました。

そんな時はやっぱり少し凹んだりもしましたが、失敗した経験は、上手くいく方法を強化してくれます。

では、どうやって異性と話せる場所を作るか。

  • オンラインの会に参加する
  • マッチングアプリを利用する
  • 趣味のサークルの参加する

オンラインの会というのは、読書会や雑談の会です。

ネットで調べるとたくさん出てきますので、そういう場所に参加するんです。

オンラインですので、自宅から気軽に参加できますし、雰囲気が合わないと思ったら、早めに退席することも可能です。

マッチングアプリというと、男女の出会いの場所という感じもしますが、中には、もっとラフな友達を作りたいという人もいます。

会うか会わないかは別にして、まずはメッセージのやりとりから、異性と話す練習から始めてみるのもいいでしょうね。

最後は趣味サークルです。

会話が弾むかどうか、それは共通点があるかどうかが影響します。

共通点がなくても、会話を広げることも出来ますが、やはり異性との話が苦手な段階でしたら、まずは共通点ありきで知り合うことをおすすめします。

もし、趣味がない、趣味が見つからない、ということでしたら、今後趣味の見つけ方も紹介しますので、そちらも参考にして下さい。

自分が参加できそうな会がないなら、自分で作る方法もあります。

異性と話すのが苦手ならとにかく慣れる

異性と話すのが苦手なら、とにかく慣れるしかありません。

コミュニケーションの本を読んだり、動画を見たりすることで、出来そうな気になると思いますが、実際に、異性を目の前にしたら、話すことが出来ない、なんてことも起こりえます。

とにかく実践です。慣れることです。

異性と話すのが苦手を克服してモテる方法

今、異性と話すの苦手でも、それを克服して、モテる男、モテる女になることは十分に可能です。モテる方法も、やはり日々の積み重ねが大事なんです。

1日では無理ですが、地道にコツコツとコミュ力を上げていけば、性格を変えることも自分を変えることも出来ます。

ぜひ、このブログも参考にしてみて下さい。

また、一人で取り組むのが難しそうでしたら、マンツーマンのコーチングセッションも用意しておりますので、活用してみて下さい。

本日は以上です。

コーチ、未知賢人でした。