潜在意識を書き換える方法│書き換え方で大切な口癖で性格変える

コミュ力を上げるには潜在意識を書き換える│潜在意識の書き換え方で大切な口癖を繰り返すこと

性格を変えるは、今ある苦手意識を克服する必要があります。

子供の頃から親に言われ続けてきたことか、大人になってから誰かに言われて傷ついた言葉か。

何が原因になっているか分かりませんが、人見知りであれ、あがり症であれ、コミュ障であれ、どこかに何らかの原因があったのでしょう。

だから、その潜在意識に眠るネガティブな発想や自信のなさを、書き換える必要がある。

よくそう言われています。

でも、実際は多くの人は変わりません。

その原因は

「変わらないでいようとする癖」が潜在意識に組み込まれているからかもしれません。

今日は、私が考える潜在意識のことをお話しします。

こういう方はぜひ最後まで読んでいって下さいね。

  • 自分の性格を変えたい
  • 潜在意識を書き換える方法を知りたい

潜在意識を書き換えて性格を変えたい人に向けて書きました。

なお、性格を変える方法のまとはこちらですので、参考にして下さい。

それではスタートです。

潜在意識とは?

意識全体の9割以上も占めるといわれるのが「潜在意識」です。

残りの表面化している意識が「顕在意識」です。

過去の経験や体験などによって、蓄積された価値観が潜在意識です。

ものごとの捉え方は、潜在意識の影響もあると言われています。

性格を変えたいなら潜在意識を書き換える

潜在意識についての解説はここでの主題ではありませんので、詳しくはウィキペディアなどでお調べ下さい。

自分の性格を変えたい。

でも、思うように行動出来ない。その原因が潜在意識にあるのではないか、という話しを聞きます。

私も思い当たることもあるのですが、同じように心あたりががある方もいるのではないでしょうか。

例えば、私は子供の頃から、激しい人見知りでしたが、なぜ人見知りだったかというと、こういう思い込みがあったんです。

  • 何も話すことがない
  • 自分から話しかけたら、相手は迷惑になるのではないかな
  • 自分は話すのが下手だ
  • 初対面の人と話しが弾んだことがない

とにかく初対面で誰かと会うことは「苦痛」だと感じてたんです。

では、なぜ「苦痛」だと思っていたか?なぜそこまでネガティブになっていたのか?となると、それは過去の経験の蓄積によるもの、つまり、潜在意識による「思い込み」が原因でもあると思うんです。

だから、性格を変えるためのコツやノウハウを学ぶと同時に、苦手意識がある潜在意識を書き換えていく必要があるんです。

そうしないと、自分を変えたい、性格を変えたい、人との関わり方を変えたいといった、何かを変えたいと思った時に潜在意識がブレーキをかけるんです。

例えば、気を使いすぎる性格の場合は、こういう思考のクセがあったりします。

  • 質問して相手は嫌な気持ちにならないかな?
  • 今話しかけて大丈夫だろうか?
  • 今日あんなこと言ったけど大丈夫だっただろうか?

こういうネガティブなブレーキをはずしていくために、潜在意識を書き換えていくんです。

潜在意識を書き換える方法

ネットで調べれば「潜在意識の書き換え方」がいくらでも出てきます。

Youtubeの動画、書籍などもあわせると、ものすごいたくさんの方が「潜在意識の書き換え方」を提案してくれています。

方法は皆さんそれぞれですが、果たして、その方法を知った人は、自分の潜在意識を書き換えることに成功しているのでしょうか?

潜在意識を書き換える方法で上手くいかない!

自分の潜在意識を書き換えて、仕事で成功してる人、自信を持てるようになった人、対人関係が上手くいくようになった人。いくらでもいると思います。

逆に、上手くいかない人もいます。私の周りにもいます。

  • 日々の悩みがある中で潜在意識を変えるのは難しい
  • 言うのは簡単だけど実践するのが難しい
  • 潜在意識を変えるのは分かるけどどうやればいいか分からない
  • 一時的に意識は変わったけど、数日で元に戻った

こういう話も聞いたことがあります。

では、僕が考える「潜在意識を書き換えることが難しい理由」を解説していきます。

そもそも、「潜在意識の中に、新しい価値観を受け入れるのを拒否する」という思考があるとしたらどうでしょう。

新しい価値観や考え方を受け入れることは、大きな負担になります。

今まで当たり前にしてた行動を変えないといけないわけです。

頑張らないといけないことなんです。

それを「潜在意識を変えましょう」と言われても、「あ、そうですね、じゃあ変えます」と言って、簡単に変えれるものではないはずなんです。

性格を変える方法でよく言われるのが、あがり症の場合でしたら「人からどう思われているか気にするから、あがるし、緊張もするんです。どう思われてもいいと思いましょう」という言葉があります。

その言葉を聞いて「そうする!もうどう思われても気にしない!」って思える人はそういないと思います。

まして、その意識を続けることは至難の業です。

意識を変えるのは難しいのです。

ではどうすればいいのか?

潜在意識を書き換えるには繰り返すことが大切な理由

潜在意識を変える方法。

そのポイントは「繰り返す」ことです。

毎日毎日、それも1日の中でも何度も何度も繰り返すんです。

繰り返すことで、潜在意識を書き換えていくんです。

何を繰り返すか?

それが「口癖」なんです。

このコミュ力おばけの学校のブログの中で、何度も書いている言葉があります。

「口癖と行動を変える、そして繰り返す」

これは、潜在意識を変える方法でもあるんです。

でも、ここまででしたら、他の方がセミナーや書籍で話してることと、そう変わらないと思います。

僕はコーチとして、この言葉をクライアントの方にお伝えする場合は、あわせてもう一つ大事なことをお伝えします。

それは、この2つです。

  • 口癖は何にするか?
  • どのように繰り返すか?

この2つを具体的に決めておかないと、継続することが難しくなります。

この2つの決め方は、人によって違います。

  • コミュニケーションで悩んでいる人
  • 新しい仕事を始めたいけど踏ん切りがつかない人
  • 人への苦手意識が強くて人が怖い
  • 何をしても続かないのを変えたい
  • 引っ込み思案を変えたい
  • 異性に奥手なのを変えたい

人によって、どういう口癖にするのがいいか、どのように繰り返すのがいいかが違うので、ここでは書きません。

また、先ほど、自分の口癖を見つけて書き換えましょう、というお話しもしましたが、その「今の口癖をどう変えるか」についても、決めておきたいところです。

何度も言いますが、潜在意識を簡単に変えれるはずがありません。

逆に怖くないですか?

潜在意識を簡単に変えれたら。

そんな簡単に変えれたら、また元に戻るのも簡単なはずですからね。

コーチングで大切な要素の一つに「継続性」というものがあります。

僕がコーチングを提供する理由の一つに、一度きりのセッションで、人は変わらないと思っているからです。

もちろん、自分一人で変われる人もいますが、第三者からのフィードバックを受けながらのほうがスピードが早いと思うからなんです。

本題は以上です。

最後に少し余談です。

そもそも、性格は変わる?変わらない?という話しもありますが、僕は変わると思っています。

ただ、それが簡単に出来たら誰も苦労はしません。

変わりたいと思っても変われないから悩みが尽きないんだと思います。

ところが、性格を変える方法、自分を変える方法は、ネットを調べればいくらでも出てきます。

それが上手くいかないのは、やはり繰り返していなからだと思います。

方法というのは、繰り返す方法もセットで考える必要があると最近感じます。

潜在意識というものは目に見えませんが、確実に自分に影響しているんだろうと思う時があります。

元々が、心配性な性格だったのですが、それは意識して心配してるのではなく、無意識でした。

とにかく何でもかんでも心配から入るのがクセだったんでしょうね。

そこで「気にするな」と言われても全く効果がありませんでした。

もしかしたら、本当に信頼できる人とずっと一緒にいて、常に「大丈夫、心配するな」といってもらえてたら違ったかもしれません。

やっぱり繰り返しなんだと思います。そしてその言葉を誰がかけるかです。

自分自身が自分にかけるセルフトークなのか、信頼できる人の言葉なのか、気が合わない人からの言葉なのか。

それによって違ってもくることでしょう。

性格悪い人の「特徴とあるある」を前に掲載しましたが、こういうタイプの人からの言葉は、嬉しい言葉は響かないですし、嫌な言葉はずっと残ったりもします。

やっぱり付き合う人を選ぶことは大事なんです。

今回は、潜在意識について書きましたが、難しく考えるより、とにかく、どんな言葉をどう繰り返すかを考えるだけでも、性格を変えることは出来ると思います。

参考にして下さい。

以上、人間関係コーチ未知賢人でした。

コメントをお願いします

管理人が確認の上、掲載されます。
※内容によりましては非公開となります。
※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コミュ力おばけのLINE公式アカウントバナー