ストレス発散・解消方法一覧【完全版】

ストレス発散・解消方法を徹底的に調べてまとめます。

結論です。

ストレス発散方法、解消方法は、ネットや本や動画にも溢れています。ここでまとめますので、自分に合う方法をぜひ見つけて下さい。

ストレス発散・解消方法一覧【完全版】

こういう方におすすめです。

  • ストレスを感じる時の対処法を知りたい
  • ストレスを溜めない方法を知りたい
  • ストレス発散、解消方法に取り組みたい

では本題です。

ストレスの対策の必要性

ストレスの対策の必要性

僕がコーチとして、多くの方の目標達成へのお手伝いをさせていただく中で、ストレスは大きなテーマの一つと考えています。

「こうなりたい」という目標を持っている方でも、ストレスが原因となり、モチベーションのブレーキになることもあります。

ある日、やる気に満ち溢れていたのに、次にお話した時には、疲れ切って、やる気を失ってしまっている状態ということは、珍しくありません。

ですので、ストレス対策というのは、どんな人にとっても課題の一つだと思います。

僕はストレス対策には大きく2つの視点が必要だと感じています。

  • ストレスを感じにくくするための習慣
  • ストレスを感じた時に溜めないための習慣

時々、「ストレスは全くないんです」という人もいます。

恐らくですが、その方々は、ストレスが全く発生していないのではなく、こういうことなのかもしれません。

  • ストレスを感じていない
  • ストレスを感じても引きずらない

だから、その瞬間瞬間、「楽しい、ワクワク、幸せ」と感じているのかもしれません。

ストレスは必ずある

このページでは、ストレス解消、ストレス発散について書いていますが、僕の経験や本で学んだこと、知ったことを元にしている部分があります。

まず、こちらの本です。

キラーストレス 心と体をどう守るか (NHK出版新書)

キラーストレス 心と体をどう守るか (NHK出版新書)

ストレスについて考える時、まずはこの本がおすすめです。

2016年に放送された内容を出版化された一冊。

この本ではストレス対策として「運動と食事」「コーピング」「マインドフルネス」が挙げられていますが、その前に、ストレス対策としてこれは大事だなと思った一文があります。

引用します。

ストレスとは何かを改めて定義してみると、それは「変化」であるといえるだろう。
引用元:キラーストレス 心と体をどう守るか (NHK出版新書)

つまり良いとか悪いとか関係なく、変化あるところにストレスあり、ということなんです。

この一文が、僕には衝撃でした。

今までは、「嫌な事、辛いこと=ストレスの原因」と思っていましたが、そうではないということなんです。

変化があればストレスが生まれる。

それならば、ストレスが発生しない人はいない、ということですよね。

つまり、職場の先輩も後輩も、上司も部下も、学校の友達、家族。男性でも女性でも。恋人がいてもいなくても。お金を持っていても持っていなくても。どこに住んでいても。好きなことを仕事にしている人でも。

「変化」がストレスになるなら、どんな人であってもストレスは発生しているんだ、ということなんです。

周りから見たら、ルックス、収入、仕事、家族、あらゆる面で羨ましいと思われるような人でも、ストレスを溜め込み病んでしまう人はいます。

誰にでもストレスは生まれる。

まずはそれを前提に、ストレス解消、ストレス発散について見ていきます。

ストレス解消、ストレス発散に繋がるものを掲載します

ストレス発散方法、解消方法は、僕が個人的に経験の中で思いついたものもありますし、本を読んで知った方法もあります。

本で読んだ方法については、引用元を掲載するとともに、必要に応じて一部を引用させていただくこともあります

また、書籍等で、「ストレス対策」と紹介されているものだけでなく、「幸せを感じる方法」や「自信をつける方法」など、結果的にストレスケアに役立つ情報であれば、それも掲載しています。

それでは、一つずつ見ていきましょう。

ストレス発散・解消方法一覧

何かを楽しみにする~カレンダーに書く

何かを楽しみにする~カレンダーに書く

(引用本:*1-幸福優位7つの法則(徳間書店))

楽しみにすることをカレンダーに書き込む。

  • 楽しみに待っている時間が一番楽しい
  • 想像や期待するだけでも脳の快楽中枢が活性化する
  • 気持ちが晴れない時はその予定のことを考える

これ、逆もありますよね。

例えば、1ヵ月後に大勢の人の前でスピーチをしないといけない決まったら、それまでの1ヶ月間、ずっと緊張とストレスを感じ続けると思います。

そう考えると、カレンダーに楽しみなことを書き込むのも効果がありそうですね。

問題は、何を書くかです。そんなに将来に楽しみなことがあるのかということです。

そこは僕なりに考えました。どんな些細なことでもいいと思います。

  • 好きな映画が公開される日
  • 好きなミュージシャンの新譜が発売される日
  • 好きなスポーツが開催される日
  • 友達や恋人と会う日
  • 好きな本が発売される日

どんなことでもいいので、そのことを考えると「楽しみ!」って思えることなら何でもいいんです。

それをカレンダーに書いて、見えるところに貼っておく。そして、毎日それを見る。

ストレスを感じるのは、目の前の出来事だけではありません。過去の嫌なことを思い出したり、不安な将来を想像するだけでも、ストレスが生まれます。

楽しみをカレンダーに書くことで、その発生を抑える効果はあると思います。

ストレス発散・解消方法の引用元(本)

このページでご紹介した本はこちらです。

*1:幸福優位7つの法則(徳間書店)

幸福優位7つの法則(徳間書店)

幸福優位7つの法則(徳間書店)

ポジティブ心理学といえば、まずはこの一冊です。ショーン・エイカー氏の書籍の中でも特におすすめです。

テーマとしては、幸福感ではありますが、この本に書かれていることを実践することで、ストレス解消、発散に繋がることはたくさんあると思います。