職場に何かとマウント取る人がいます。正直嫌いなんですが対処法とか対策はありますか?

職場に何かとマウント取る人がいます。正直嫌いなんですが対処法とか対策はありますか?

お悩み相談に回答します。

30代会社員の方からのご相談です。

職場に何かとマウント取る人がいます。やたらと自慢してきたり、否定してきたりで、会話も楽しくないし、あまり関わりたくありませんが、そうはいっても、同じ部の先輩なので下手に機嫌を損ねるのも怖いです。正直嫌いなんですが対処法とか対策はありますか?

それでは僕からの回答です。

執筆はコーチ未知賢人です。

マウントを取る人の対策

今回は、「自慢してくる」、「否定してくる」という特徴がある方が相手のようですが、マウントを取る人って恐らくこういう人のことだと思います。

詳しくはこちらのリンクにて。

  • 承認欲求が強い人
  • 自信がない人
  • 自己中心的な人
  • 序列と比較のクセがある人
  • 他者からの評価を気にする人

こういう心理がある可能性があります。あくまで可能性ですよ。

では会話の中でどういう特徴があるか。

  • アドバイスが多い
  • 否定や反論が多い
  • 人を見下す言葉が多い
  • 自慢話しが多い

恐らく、あなたが嫌いなその職場の方も、こういう会話の特徴があるんだと思います。

では、その方をどう対処すればいいか、どう対策すればいいかです。

同じ部の先輩ということですから、距離を置くというのは無理でしょう。

相手にマウントを取る言葉をやめるように言ったところで、その人がなぜそんなにマウントを取りたがるのかは分かりませんし、関係がややこしくなるだけでしょうから、おすすめしません。

僕のおすすめは「受け入れる」という方法です。

例えば。

自慢話をしてきたら「今、自慢したいんだな」と思うだけ。それで終わり。

否定してきたら「今、否定したいんだな」と思うだけ。それで終わり。

人を下すような言葉を投げてきたら「今、見下したいんだな」と思うだけ。それで終わり。

その人から、マウントを取る言葉をなくすことは、まず不可能です。

であれば、聞き流す、とうより、「そういう状態なんだな」と受け入れることが大切だと思います。

その相手の人も、きっと、年がら年中、「自慢ばかり、否定ばかり、見下してばかり」ではないと思います。

確かに、マウントを取るような会話が多いかもしれませんが、「マウントを取る言葉が多い。だからその人が嫌い。すごいストレス」となっていては、あなたのストレスのほうが心配です。

マウントを取る人はいます。僕だって、マウントを取るような言葉を人にかけることはあると思います。絶対ないとは言い切れません。

もし、相手の方から自慢話をされたら、「自慢話は嬉しくないな。自分はしないでおこう。」と反面教師にすることをおすすめします。

あなたのストレスがどれくらいの状態かがわからないのですが、もし気持ちに余裕がある時は、自慢話であったら聞いてあげるのもいいと思います。

否定や反論というのは、嫌な気持ちになると思いますが、相手からの否定や反論に、さらに反論をしても埒があきません。

仕事上でどうしても自分の考えを貫かないといけない場合は別ですが、譲っても大丈夫な場合は、相手の否定や反論には言い返さないで「そうですね、そうも考えられますね」で終わりにしたほうが賢明だと思います。

まとめます。

  • 「そういう状態なんだな」と受け入れる
  • 反面教師にして自分はマウントを取らないようにする
  • 余裕があったら自慢話も聞いてあげましょう(余裕がある場合)
  • 否定や反論に対して、さらに否定や反論で返さない(譲れる場合)

まずはこういう対策をおすすめします。

言葉でいうよりも簡単ではないかもしれませんが、まずは「そういう状態なんだな」で受け入れてみることをおすすめします。

回答は以上です。

以下、僕の考えを少しお話します。

マウントを取る人と取られる人

いつ頃からこの「マウントを取る」という言葉が出てきたのかは分かりませんが、考えてみると、それまでもずっとあった行動に対して名前がついただけという感じもします。

「マウントを取る人=悪い人、困る人、嫌な人」という印象が強いですが、日常の中で、マウントを取ることもあれば、取られることもあるのではないでしょうか。

親が子供にマウントを取ることもあるでしょう。

男性が女性に(恋人や夫婦)マウントを取ることもあるでしょう。

女性が男性にマウントを取ることもあるでしょう。

上司が部下に、先輩が後輩に、ママ友相手に、学校にクラスの友達に。

あらゆる場面で、マウントを取る人がいて、マウントを取られる人がいます。

マウントを取る人がいても、その人を変えるのはまず無理です。

マウントを取りたがるのは、何か人生の中できっかけがあったのか原因があるのかは分かりません。

ただ、あなたに対してどういう態度を取るかは、あなたの態度や言動、行動によって変わる可能性はあります。

僕が一番おすすめしないのは、相手がマウントを取ってくることに対する反論です。

泥仕合になるのは間違いないでしょう。

これは、マウントしてくる人であっても、否定してくる人であっても、価値観が合わない人であっても、攻撃的な人であっても、対策としては同じです。

自分はそういう人にはならないように努めながら、そういう人がいても「そういう状態なんだな」と受け入れる。

この両方を心がけてみて下さい。

職場には色んな人がいます。

仕事を辞めたい理由の多くは人間関係と言われるくらいですから、できれば関わりたくないという人が何人かいても不思議ではありません。

個人的には、仕事を辞めることは悪いこととは思っていません(僕も6回転職していますので)が、合わない人がいる、苦手な人がいるという理由で転職を繰り返してしまうとキリがないかもしれません。

どんな人がいても、「こういう人なんだ」と受け入れることが出来るようになれたら、ストレスも減ると思います。

口癖のように「色んな人がいるからね」と言っておくのもおすすめです。

以上となります。

人間関係コーチ、未知賢人でした。

その他の人間関係の悩みにもお答えしています。

最後に、関連の記事を挙げておきます。

一つ言えることは、こういう人が職場にいても、すごくストレスを感じる人と、受け流しているのか気にしていないのか分かりませんが、あまりストレスを感じることなく、上手く付き合っている人がいるということです。

僕はずっとストレス対策としてマインドフルネスをおすすめしていますが、合わない人がいても、いかにその人のことを思い出すことなく、今に意識を向けることが出来るかは大切なポイントだと思います。

何かにつけて否定してくる人はいます。

人と否定するということは、自分は正しいことを知っている、言っているというのと同じです。

否定されて嬉しい人はまずいないでしょうから、自分は人を否定するのはやめるようにしたいところです。

否定というのは、相手の意見に対してもそうですし、相手自身にもそうです。

相手の意見を否定しないというのは、決して、考えを合わせるという意味ではありません。

「そういう考え方もあるんですね」と受け入れることです。

職場の人間関係が合わない時は、どうにもならない場合は転職という選択肢もありますが、その前に出来ることをやっておくことをおすすめします。

職場には、偉くないのに偉そうな人がいたりします。

高圧的で上からものを言いたがる人もいます。そんな人の心理や対処法についてです。

価値観が合わない人はいます。

というより、誰一人自分と完全に同じ価値観を持っている人はいません。ですので、どっちにしても、価値観が部分的には合わない人と付き合うしかありません。

職場の先輩との関係について。

優しい先輩ばかりだったらいいのですが、口うるさくてややこしい先輩もいたりします。そんな時の対処法です。

以上です。