「自分の長所」と「自分の強み」の違い│就職・転職で役立つ自己分析・適性診断

「自分の長所」と「自分の強み」の違い│就職・転職で役立つ自己分析・適性診断

就職活動、転職活動で必ず必要になるのが「自己分析」ですよね。
  • 自分の長所は何なのか?
  • 自分の強みは何なのか?

エントリーシート、面接、色んな場面で、長所や強みについて書くことも話すこともあると思います。

やはり、会社に勤める場合でも、フリーランスとして働く場合でも、自分の強みを知っておくことで、活躍できる機会が増えるのは間違いないことでしょう。

では、「長所」と「強み」って似てますが、何が違うのでしょうか?

「長所」と「強み」って似てますが、何が違う

自分の長所とは?

goo辞書にはこう出ています。

性質や性能などで、すぐれているところ。

この優れているところとは、誰かと比較してのことでしょうか?

いえ、人との比較ではないはずです。

「自分の中」での比較だと思います。

長所の反対は短所ですが、性格の面でいうと、どちらにも取れることが多いですね。

  • 短所:優柔不断
  • 長所:柔軟な考え方が出来る
  • 短所:自己主張が強い
  • 長所:自分の意見をはっきり言える
  • 短所:心配性
  • 長所:計画性がある

つまり、人の性格の一面を取り上げてみると、短所にも長所にもなりえることがある、ということです。

長所とは、自分の中で優れていると思う「特徴」です。

自分の強みとは?

では「強み」とは何でしょうか?

これには色んな意見がありますが、僕としては「長所」も「強み」も同じだと考えています。

ただ、使い方に違いがあるように感じます。

長所の中で、「(他者と比べて)発揮できる、貢献できる」ものが「強み」だと思います。

例えばです。

長所として「計画性がある」としましょう。

「私の長所は計画性があることです。手帳を使って毎日の行動をきちんと管理しています。旅行に行く時は、自分で予定表を作って、段取りよく楽しむことが出来ます。」

長所ですよね。

でも、これが「強み」になるかどうかは「発揮できるかどうか」にかかっているのではないでしょうか。

会社の面接で、今の話をしても、「え?で?何?」ってなるでしょう。

「あなたの中では長所かもしれないけど、うちの会社でどう役に立つの?」

ということです。

では、これならどうでしょうか。

「私の強みは計画性があることです。普段から何かを始める時には、スタートとゴールを決めて、どうすれば目標を達成でるか、進捗をはかりながら進めることが出来ます。」

実際の面接でこんな話しをすることはないと思いますが、イメージとしてはこういうことです。

「(自分なら)こんな強みを発揮できますよ!」

というのが、強みの使い方です。

「自分の長所」と「自分の強み」の違い

結論はこうです。

  • 長所:自分の中で優れている特徴
  • 強み:長所の中で、人と比べて、発揮できる、貢献できる特徴

「自分の意見をはっきり言える」のは長所。

それを、会社や学校や団体の中で、発揮して貢献できるなら「強み」になる。

それでどうでしょうか?

長所と強みの違いについては、色んな意見があります。

ぜひ、自分なりに考えて見てください。

ちなみに、「自己PRとは、強みを発揮して、どう貢献できるかを伝えること。」だと思います。

こういった疑問に対して、言語化を試みるのは、僕の長所です。

そして、その長所を活かして、ブログを書き続けているのは僕の強みです。

働く上で大切な「自己分析・適性診断」

今回は「長所」と「強み」の違いを取り上げましたが、やはり、自分のことを知る、ということはとても大事だと思います。

もちろん、就職活動や転職活動での、履歴書やエントリーシートへの記入、面接でも大きなポイントにはなりますが、それとは別に、実際に自分にはどんな強みがあるかを知ることで、仕事との関わり方も変わってくると思います。

「自分を知ること」。

これは、僕がコーチングをする上でも、まずはしていただくことです。

何かの目標がある時。まずは自分の現状を知ること。

これをせずに、目標を達成するためのノウハウを探してしまうと、失敗しやすいんです。

自分の長所や強みを知る、といった自己分析。

自分はどういう仕事が向いているのか、どういう仕事なら強みを発揮できるか、といった適性診断。

こういった、今の自分に向き合ってみることで、これからの働き方も変わってくるかもしれません。

自己分析ツールやアプリ、適性診断ができるサイトなどもまたご紹介します。

会社員でもフリーランスでも強みを発揮できるかがカギ

働き方が多様化する中で、会社を辞めてフリーランスになる方もいます。

僕自身は、10数年前に、会社員からフリーランスになりましたが、どちらの働き方が絶対に良いとは言えません。

それぞれに良い面もありました。

どういった働き方をするにしても、「自分の強みを発揮できているか」は、とんでもなく重要なことだと感じています。

そして、その強みは変わり続けるということも分かりました。

20代の頃の僕は、あがり症も人見知りを激しく、コミュニケーションも得意ではなかったんです。

それは短所でしたし、長所に置き換えることも難しいくらい、コミュ障だったと思います。

独立してすぐの頃は、ネット通販の仕事を在宅でしていましたので、僕にとっては好都合だったはずです。

通勤もありませんし、上司も先輩もいない。一人だけのフリーランスでしたので、仕事上の対人関係のストレスはなかったはずです。

ところが僕は、独立して、3年ほどたった頃から、うつ状態に陥ってしまったんです。

売上げが上がるにつれて、それに反比例するかのように、精神は病んでいきました。

様々な原因はあったと思いますが、その一つが「自分の強みを発揮できているか」という点だったと思います。

今は、自分の強みを発揮できる仕事をしていますので、疲れることはあっても、辛さはありません。

自己分析ができれば、課題やこれからすべき行動が見えてきます。

  • 就職や転職でESのため、面接のため
  • 働き方に悩んでいる人
  • 会社を辞めたいと思っている時

仕事で悩んだ時にも、まずは「自己分析」をしてみることをおすすめします。

言葉に出来るか力を強みにして自己PRに入れる

長所と強みの違い。

僕なりの考えを書きました。

つまり、言葉にしたということです。

同じように、似ているけど、違うの?一緒なの?という言葉は少なくないと思います。

  • 長所と自己PR
  • 強みと自己PR
  • 弱みと短所

何だか似ているけど、どう違うのだろう?という疑問が浮かんだ時、ぜひ自分の言葉にしてみて下さい。

色んな人の意見を参考にしながら、最後は、自分の言葉で定義する。

これ、とても大事ですよ。

言葉にできるは武器になる。

最後に、僕のおすすめの本を一冊ご紹介します。

言葉にできるは武器になる。(梅田悟司さん著/日本経済新聞出版社)

どういう方におすすめかというと、今、まさに、このページをご覧頂いている方です。

このページにお越しいただいたということは「長所と強みの違いを知りたい」と思った、探究心のある方だと思います。

知りたがりなタイプかもしれませんね。

なぜなら、就職活動や転職活動のESや面接で、強みや長所は、きっと聞かれることではありますが、その違いについて聞かれることはないでしょう。

別に違いが分からなくても、ESや面接の対策はできるはずです。

でも、調べてみた。そして、このページの最後まで読んでみたわけです。

今の時点で、探究心が旺盛ですから、それが強みです。

そこにもう一つ「言葉にする力、伝える力」を強みに入れるために、先ほどの「言葉にできるは武器になる。」を読んでいただけたら、さらに強みが増えると思います。

この本は、言葉を武器にする方法が書かれていますが、実際は、コミュニケーション力を上げるため、自分を分析するため、様々な場面に役に立ってくれる、素晴らしい一冊だと思います。

良かったら、読んでみて下さい。

長所や強みの一覧を作る予定ですが、ぜひ皆さんも、ご自身で、そういった一覧を作ってみると、新しい自分の長所や強みが見つかるきっかけになると思います。

関連ページをご紹介してこのページは終わりにします。

性格一覧です。就活の時にも自分の性格の書き方の例として参考にしてみて下さい。エントリーシートや履歴書を書く時にもぜひ。

性格は変えることができますが、まずは今の自分を分析することが大事ですよね。

生まれ持った性格もあるかもしれませんが、それでも、性格を変えることは出来ます。小学生でも中学生でも高校生でも、大人でも、性格を変えるには、やはり口癖と行動を変えることがポイントです。習慣が変わればその人の性格も変わるはずです。

ただ、明日から性格を変えることができるかとなると、難しいかもしれませんが、無理ではないと思います。

自分の強みを見つける診断やワークもいいですが、コーチングを通じて見つかることもあります。自分の強みがわからないという社会人の方も少なくありませんが、そんな時は、診断もワークもコーチングも総動員してみるのもいいでしょう。

何がしたいか分からない、興味のある仕事がない、やりたい仕事がない、つきたい仕事がない。そんな悩みをお持ちの方もいらっしゃいます。

就活の時点でのこともありますし、就職したものの、やっぱり自分がしたい仕事ではないと思い、すぐに退職してしまうケースもあります。

この場合でも、やはりまずは自己分析が重要になるでしょう。

僕は5回以上転職しましたので、多いほうだと思います。結果的に僕の場合はフリーランスになりましたが、あまりに転職が多いと、採用する会社側としては、まずはその理由を知りたいと思うことでしょう。

転職すること自体は悪いことではないと思いますが、もし今、僕が転職を繰り返していた20代に戻るなら、誰かに自分のことを分析して欲しかったと思います。

自分に何が向いているのか、どんな仕事ができるのか、そういったことにも向き合わずに、とりあえず転職情報雑誌を買って、その中から選ぶ、ということしかしていませんでした。

当時は、転職エージェントというものがあったのか分かりませんが、もし当時にあったのなら、利用したかったです。

人生の中で、悩みの多くは、仕事や人間関係と思われます。

ということは、この2つの悩みを解決していけば、楽しい毎日になっていくはずです。

このブログでは、仕事、恋愛、人間関係のお悩みの解決に役立つ情報を発信しています。

引き続き宜しくお願いいます。

コーチ、カウンセラー、未知賢人でした。