性格を表す言葉100種類│性格一覧で自分の長所と短所を知り性格を変える

性格を表す言葉55種類│性格一覧で自分の長所と短所を知り性格を変える

性格を表す言葉をどれくらい知っていますか?自分の性格を上手く伝えることが出来ますか?

今日のテーマ。

性格を表す言葉100種類│性格一覧で自分の長所と短所を知り性格を変える。

性格を表す言葉は数多くあります。長所を表す言葉も短所を表す言葉も知り尽くした上で、自分の性格を変えることを目指します。

自分の長所と短所を知っても何も変わりません。そこからどう性格を変えるかです。

こんな方におすすめのブログ記事です。

  • 性格一覧で性格を表す言葉を知りたい
  • 自分の性格を変える方法を知りたい
  • 就職活動や転職活動で自分の性格を上手くアピールしたい

それではスタートです。

自分の性格を知っていますか?

性格診断ツールというのものがあります。

何問かの質問に答えることで、自分の性格、適正、適職などが分かるツールです。

とても、便利ですよね。

ただ、やったことがある人は分かると思いますが、一回診断してみて、1週間後、1ヶ月後にまたやってみると、結果が違っていることも多いんです。

性格は変わりますので、都度、結果が違うのは自然なことですが、もし自分の性格を知る目的が以下のようなことであれば、性格診断ツールを使うよりも、自分で深堀していったほうがいいのではないかと思います。

  • 自分の性格を知り、自分の性格を変えたい
  • 就職活動や転職活動で長所も短所も上手く伝えたい

それでは、性格を表す言葉を見ていきましょう。

今回は、あくまで性格一覧として紹介します。

その性格の中から「短所を長所に置き換える方法」については別のページで紹介します。

性格を表す言葉100種類

性格を表す言葉(長所)

長所に使われる性格一覧

  1. 好奇心旺盛
  2. 謙虚
  3. 人懐っこい
  4. 感性豊か
  5. 機転がきく
  6. 思いやりがある
  7. 感受性が強い
  8. 感情表現ゆたか
  9. 積極的
  10. 自発的
  11. 調整力がある
  12. 受容力がある
  13. 俯瞰して見れる
  14. 責任感が強い
  15. 計画性がある
  16. 注意深い
  17. 観察力がある
  18. 洞察力がある
  19. おおらか
  20. 協調性がある
  21. 主体性がある
  22. 信念を持っている
  23. 負けず嫌い
  24. 向上心が強い
  25. 芯が強い
  26. 礼儀を重んじる
  27. 前向き
  28. ポジティブ
  29. 楽観的
  30. 熱い
  31. 単純
  32. 素直
  33. 傾聴力がある
  34. 献身的
  35. 我が強い
  36. コミュ力が高い
  37. 誠実
  38. 一貫性がある
  39. 実行力がある
  40. 行動力がある
  41. 直観力がある
  42. 想像力がある
  43. 思いやりがある
  44. こだわりがある
  45. 創造的
  46. しっかりしている
  47. 社交的
  48. 親切
  49. 素直
  50. 温厚
  51. センスがある/li>
  52. 意志が強い
  53. 柔軟性がある
  54. 裏表がない
  55. 真面目

性格を表す言葉(短所)

短所に使われる性格一覧

  1. 心配性
  2. 優柔不断
  3. 臆病
  4. 傲慢
  5. 意地っ張り
  6. 厚かましい
  7. 人見知り
  8. 緊張しやすい
  9. 短気
  10. 生意気
  11. 卑怯
  12. 面倒くさがり
  13. 大雑把
  14. 冷たい
  15. 空気が読めない
  16. 暗い
  17. 怠惰
  18. 神経質
  19. 子供っぽい
  20. 悲観的
  21. ネガティブ
  22. わがまま
  23. 小心者
  24. 引っ込み思案
  25. 意志が弱い
  26. 流されやすい
  27. 自分に甘い
  28. 飽きっぽい
  29. 落ち着きがない
  30. 気が弱い
  31. でしゃばり
  32. わがまま
  33. おおざっぱ
  34. せっかち
  35. プライドが高い
  36. 頼りない
  37. 気取ってる
  38. 目立ちたがり

性格を表す言葉(長所/短所)

長所にも短所にも使われる性格一覧

  1. 慎重
  2. マイペース
  3. 頑固
  4. おせっかい
  5. 繊細
  6. 自然
  7. のんびり屋さん

どうやって性格を変えるか?

以前の記事でも書きましたが、自己分析をして「自分はこういう性格だな」と分かったところで何も変わりません。

大切なのはここからです。

就職活動や転職活動での面接で、自分の性格をアピールするためなのか、自分の性格を変えたいのかによっても、この先の行動が変わります。

今回のテーマは「長所と短所を知り性格を変える」ことですので、どのようにして性格を変えるのかを考えてみましょう。

自分の長所を伸ばすのか短所を引き上げるのか?

性格についてよくある議論があります。

「短所を上げようとするか、長所を伸ばそうとするか?」

これはスキルでも言われますよね。

「苦手なことを伸ばそうとするより、得意なことを伸ばしましょう。」

もちろん、そのほうが上手くいくこともあると思いますが、苦手なことを克服しようとすることで、先が見えてくることもあると思うんです。

対人コミュニケーションに悩んでおり、自分を変えたいと思っている人といたとします。

その人が誰かに「あなたにも良いところはたくさんありますよ。長所を伸ばしましょうよ。」とアドバイスをされても、「いえいえ、毎日辛いので、変わりたいんです。」と返ってくることもあるでしょう。

長所を伸ばすべきか、短所を引き上げるべきか。その両極端な考えはここでは置いておきます。

自分が「性格を変えたい」と思ったら、その時なんだと思います。

性格を変える方法

こちらの記事で書きましたが、まずは「口癖と行動を変えること」に尽きます。

性格診断を受けたりツールを使うのもいいと思いますが、一度自分自身で、今の現状の性格を知るためにも、ノートに書き出してみましょう。

例えば、いつも自分の性格を表す時に「頑固」という言葉を使っていたとします。

その「私は頑固」という言葉に対して質問していくんです。

  • 本当に私の性格は頑固なのかな?
  • いつ頃から頑固だと思うようになったのかな?
  • どんな時に頑固だと思うんだろう?
  • 誰からに頑固と言われたことあるかな?
  • なぜ頑固だと思うようになったのかな?
  • 頑固で困ることはあったかな?
  • 頑固じゃなかったらどんな性格になれたらいいんだろう?
  • 頑固で良かったことってあるかな?

このようにして、自分の性格を深堀していくんです。

そこからスタートです。

では、今の性格から「どういう性格に変わりたいのか?」についても同じように質問をしていきます。

そこでようやく、どういう口癖にするか、どういう行動を取っていくのがいいか明確になってきます。

ぼんやりと「頑固ではなく、もっと柔軟になりたい」と思っても、目標がぼんやりしているので、口癖も行動もぼんやりしたままになってしまいます。

今日はここまでです。

次回以降に、また性格を変える方法を解説していきます。

私未知賢人は、自信がない人が自信を持つ方法、コミュ力を上げるを主なテーマにして、コーチングを行っております。

あがり症や人見知りの克服や、何らかの目標に向かうお手伝いをさせていただいております。

またコミュ力おばけの学校として、コミュニケーション力を上がるためのオンラインの会を開催しております。

詳しい情報はメルマガから配信していますので、ぜひご登録下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コーチ、未知賢人でした。