モテるは簡単!モテる方法100選!モテたい男女必見

モテたい!って思ったことありますか?

それはどんな時ですか?

男性からモテたい
女性からモテたい

異性からモテたいと思ったことはあるかもしれません。

ただこのブログでいう「モテる」は少し定義が違います。

このブログでは定義はこうなります。

モテる=必用とされる

という意味で使います。

そして、「モテる人」は「稼げる人」にもなれるんです。

モテる方法

相手の名前を呼ぶ

場面に応じた呼び方で、相手が喜ぶ呼び方で、相手の名前を呼ぶことにしましょう。

相手の名前を呼ぶ【モテる方法001】コミュニケーション能力も向上

すぐアドバイスしない

愚痴や悩み相談とはいえ、相手はアドバイスを求めているとは限りません。最後まで話を聴きましょう。アドバイスはいらないと思っているかもしれませんからね。

すぐアドバイスしない【モテる方法002】愚痴や悩みにアドバイスはいらないことも

変化に気付いて伝える

自分のことを知ってほしい、自分の話を聴いてほしい。そういう承認欲求は、個人差はあったとしても、多かれ少なかれ抱きやすい感情です。

例えば、自分が髪の毛を切った、ネイルを変えた、スーツやネクタイを新しいのにした、といった時に、誰かが気付いてくれたら嬉しいものです。ただ、それも口に出さないことには伝わりません。

変化に気付いてそれを伝える。モテる人はよく人を見てますね。

変化に気付いて伝える【モテる方法003】髪型も服装もアクセサリーも観察する

知ったかぶりしない

自分が知らないことが話題に出たら、知らないことを認め、詳しい相手に教えてもらいましょう。誰にも知らないことはあります。

相手を敬い、教えを請える人はモテるんです。自分は何でも知ってますよ感を出してる人は、モテないですね。

知ったかぶりしない【モテる方法004】相手を敬い知らないことは質問しよう

偉そうにしない

偉そうにされて嬉しい人はまずいません。

モテる人は、偉そうにはしなくても、頼られます。話しを聞いて欲しいと思われます。偉そうにしなくても、偉い人と思われるのがモテる人の特徴です。

偉そうにしない【モテる方法005】偉そうな人の言い方は嫌われる

心から褒める

がんばったら褒めてほしい。子供だけでなく、大人でもそうではないでしょか。男性でも女性でも、努力に対して認められたい、褒められたいという気持ちは多かれ少なかれ持っているのではないでしょうか。

ところが、褒める人はそう多くないと感じています。だからこそ、褒め言葉をいつも持ち合わせている人はモテるんです。

心から褒める【モテる方法006】褒めてほしいから効果は高い

相手に話してもらう

自分の好きな話題を話せる時間って幸せだと思いませんか?楽しい時間だと思いませんか?

でもそういった、自分が望むテーマで自分が話せる時間ってそう多くないと思いませんか?

だから、相手に話してもらえる時間を作れたら、喜んでもらえるし、結果的にモテるんです。

相手に話してもらう【モテる方法007】自分のことを話せるのは幸せ