コミュ力おばけの学校とは何か?

その答えはこちらです。

「コミュ力おばけ」になるための学びの場所です。メール講座、動画講座、コミュニケーションコーチング。あなたに合った方法で、コミュ力を上げるお手伝いをします。

コミュ力おばけの学校│就職・転職・職場で強みを!コミュニケーション能力を鍛える

コミュ力おばけとは?

コミュニケーション能力自体の定義が曖昧なため、絶対的に、コミュ力が高い人というのは存在しないと考えています。

ある人から見ると、コミュ力が高い人に見えても、別の人から見ると、コミョ力が低い人と見えることもあります。

ということで、ここでいう「コミュ力おばけ」については、このように定義しておきます。(2021年6月10日時点)

「コミュ力おばけ」とは?
自分が決めた「コミュ力がある人の条件」を満たしている人。つまり、人の数だけ、コミュ力おばけの定義があるということです。

コミュ力おばけの定義も明確なものがあるわけではなく、あくまで未知が決めた定義です。

コミュ力おばけの学校メニュー

コミュ力おばけの学校 メニュー

コミュ力おばけの学校には、3つのメニューがあります。

1:コミュ力おばけの学校【無料】メール講座

今なら、【7日間でコミュ力アップ無料メール】をお届けします(7日続けて届きます)

まずはメール講座(メルマガ)から

2:通信講座「コミュ力おばけの作り方」

現在製作中です。

  • 内容:動画講座+テキスト
  • 価格:9,800円(税込)
開催されましたら、メルマガ読者様から順にご案内します。

3:4ステップ「コミュニケーションコーチング」

マンツーマンでオンラインで開催する対話(セッション)です。

  • 1:自分を知る
  • 2:目標を決める
  • 3:口癖と行動を変える
  • 4:繰り返す

この4ステップで、なりたい自分を目指します。

  • 30分体験コーチング:1,000円(税込)
  • 30日コミュニケーションコーチング:16,000円(税込)(セッション60分×4回)

「コミュ力おばけの学校」で変われる人が多い3つの理由

1:意識を変えるのではなく、口癖と行動を変えることで意識が変わるから

意識には「顕在意識」と「潜在意識」があり、90~95%は潜在意識で人は動いていると言われています。

人前で緊張しすぎてしまう「あがり症」の場合、「どう見られているか気になる、どう思われているか気になる」という過剰な意識が緊張を生む大きな要因です。

ですので、「どう思われてもいい、誰も見てない」と意識を変えることが出来たら、あがり症も克服できるはずです。

ところがそれは、まず無理でしょう。

頭では分かっているけど出来ないんです。意識を変えることが出来ないんです。

それは、「どう思われているか気になる」と潜在意識に組み込まれているからかもしれません。これは分かりません。皆さんの潜在意識に何が詰まっているのかは誰にも分かりません。

ただ、経験として、「頭では分かっているけど、意識を変えれないこと」ってあると思うんです。

だから、「コミュ力おばけの学校」では、意識を変えようとするのではなく、「口癖と行動を変える」ことで、結果的に意識が変わる方法ととっています。

これが、変われる秘訣です。

2:繰り返すことを大切にするから

「人は簡単に変わらない」という前提で、取り組みます。

ですので、「繰り返す」ことは絶対条件です。

決して「1日で性格を変えます」とか「1日であがり症を克服できます」とか「1日でコミュ障がなおります」とは言いません。

最低でも30日間は取り組んでいただきます。

目標によっては、3ケ月、半年とかかるかもしれません。

いずれにしても、コーチングセッションが終わったら終わりではなく、皆さんそれぞれが、ご自身で繰り返すことができる自走を目指していただきます。

3:マンツーマンであなた独自の「なりたい像」に向かうから

コーチングセッションで目指していく目標は、僕が決めるものではありません。

あなたの「なりたい像」を目指していただきます。

そこが、講座やセミナーとの大きな違いです。

例えば「恋人を作る自信がない、でも欲しい」というお悩みがあったとします。

ここで「恋人を作る」という目標を設定したとします。

出会いが多い職場だけど、自分から話しかけることが出来ない

という方と、

職場と家の往復だけで、異性と出会うことが全くない

という方とでは、課題となる行動も違ってくるわけです。

マンツーマンだからこそ出来る、完全個別のセッションを行うことで、「なりたい像」に近づける可能性が高まります。

コミュニケーション能力を鍛えるための「コミュ力おばけの作り方」

このブログのメインコンテンツ「コミュ力おばけの作り方」で大切な3つのこと。

  • 聞き上手になるには
  • 話し上手になるには
  • 質問上手になるには

この3つを底上げしていけば、コミュニケーション能力を鍛えることが出来ます。

一つずつ取り組んでいくことが大切です。

自分の長所・強みは「コミュニケーション能力」

もし、今はコミュニケーション力がない、自信がない、と思っている人でも、鍛えることは出来ます。

そのためには、先に書きましたが、自分のことを知る、つまり自己分析は欠かせません。

こちらに自分の強み一覧がありますので、参考にしていただき、まずは「今の自分」を知ってみてください。

スタートはそこからです。

コミュニケーション能力を鍛える「コミュ力おばけの学校」Q&A

コミュニケーション能力は誰でも鍛えることは出来ますか?
出来るはずです。ただ、気をつけていただきたいのが、そもそも「コミュニケーション能力」についての定義が人によって違うことです。僕にとっては、コミュニケーション力が高い行動だと思っていても、他の人からしたら、それを良い行動とは思わない、ということもありえます。コミュ力おばけの学校でお伝えしているのは、あくまで僕が考えるコミュニケーション力を上げる方法です。もし、今の自分のコミュニケーション力に自信がない場合は、まずは自分のことを分析することから始めてみて下さい。それから、どうなりたいのか、そして、どう行動すればいいのか。地道な努力ですが、それを繰り返すことで、あなたが望むコミュニケーション力に近づくことは可能だと考えます。