マッチングアプリでの名前の呼び方の正解は?ちゃんでもくんでもなくさんでOK

マッチングアプリでの名前の呼び方の正解は?ちゃんでもくんでもなくさんでOK

マッチングアプリであれ、実際の初対面での出会いであれ、名前の呼び方は悩む人も多いようです。

今日のテーマです。

マッチングアプリでの名前の呼び方の正解は?ちゃんでもくんでもなくさんでOK。

マッチングアプリのメッセージや会ってからの呼び方に悩む方もいるかもしれません。

結論は「さん」の一択です。その後の関係によって「ちゃん付け」や「くん付け」で呼ぶこともあるかもしれませんが、最初は「さん」でいいでしょう。

なんて呼んだらいいですか、なんて聞く必要はありません。年上でも年下でも、男性でも女性でも、まずは「さん」からです。

こんな皆さんにおすすめのブログです。

  • マッチングアプリの呼び方に悩んでいる
  • マッチングアプリのメッセージが苦手
  • マッチングアプリで恋人見つけたい
  • コミュニケーション力を上げたい
  • 名前で呼ぶ効果を知りたい

それではスタートです。

マッチングアプリで名前の呼び方は好印象を目指さない

マッチングアプリで、マッチングしてメッセージのやりとりをする。

マッチングアプリで名前の呼び方は好印象を目指さない

マッチングアプリで名前の呼び方は好印象を目指さない

その時に、どんな名前で呼ぶかに悩むかもしれません。

答えは「さん」でOKです。

他に考えらるのは、

  • くん付け
  • ちゃん付け
  • 呼び捨て
  • 名前を呼ばない

こういった呼び方が絶対ダメということではありませんが、最初からこういう馴れ馴れしい呼び方だったり、呼び捨てのような失礼な呼び方は、いきなり嫌われる可能性があります。

「さん付け」で呼んだら好印象ということではなく、まずは無難でいいんです。

嫌われる要素を減らすことが大切です。

相手のプロフィールの名前がイニシャルだった場合

例えばプロフィールが「A.K」さんだったとします。

そんな時に「A.Kさん、こんにちは!」というのは不自然です。

ですので、その時は名前で呼ぶ必要はありません。

相手の方、自分の名前を名乗るまでは、無理に名前で呼ばなくても大丈夫でしょう。

無理に、「名前を教えて下さい」とか「何て呼んだらいいですか」と聞かないほうがいいでしょう。

マッチングアプリのメッセージで「なんて呼んだらいいですか」はNG

相手に「なんて呼んだらいいですか」なんて質問する必要はありません。

いえ、質問しないほうがいいでしょう。

「○○さん」と呼べばいいんです。

「なんて呼んだらいいですか?」なんて質問されても困ってしまう人もいるでしょう。面倒くさいと思う人もいるでしょう。

よほど、こう呼ばれたいという呼び方があるなら、相手から言ってくると思います。

マッチングアプリの最初の時点で大事なのは、とにかく嫌われる要素を減らすことです。

呼び方はいつから変える?

最初の頃のメッセージでは「さん付け」で呼ぶとして、どこかのタイミングで、「ちゃん付け」や「くん付け」で呼んだり、呼び捨てに変えていくこともあるでしょう。

では、そのタイミングはどこなのか?

LINEに切り替えてから?実際に会ってから?

答えはありません。

人によって受け取り方は違いますから、相手にとって不快な気分にならないのであれば、どこで切り替えてもいいんです。

ただその答えが分かりません。

ですので、付き合う前は「さん付け」でいいと思います。

嫌われる要素は減らすことが大切です。

もちろん、相手から呼び方について提案があった場合は、一緒に楽しく考えればいいでしょう。

名前の呼び方と同じくメッセージで気をつけたいこと

マッチングアプリでは、メッセージのやりとりを始めた段階は特に重要です。

ここで相手に面倒だな、もう嫌だなと思われたら、そこで終わりです。

メッセージで気をつけておきたいことをお伝えしておきます。

メッセージは長文か短文かは相手に合わせるけど最初は短め

メッセージは長文で送る人と短文で連投する人がいますが、最初は短めの文章のほうがいいでしょう。

相手に合わせることも大切ですが、最初はまず短い文章からにしておいたほうが無難でしょう。

いきなりの長文は嫌われる可能性が出てきますからね。

メッセージは可能な限り早く返信する

仕事や家事をしてたりで、メッセージの返信が遅くなるのは仕方ありませんが、もし、返信できる時間があるなら、早めに返信したほうがいいでしょう。

返信頻度は、どのくらいがベストかは相手にもよりますから正解はありません。

相手の返信の速度や頻度をみながら、合わせていけばいいでしょう。

マッチングアプリは質問力が重要

通常のコミュニケーションでも同様ですが、質問力があるかどうかで、会話が弾むかどうかも違っててきますし、会話の満足度も違ってくることでしょう。

では質問力があるというのは、たくさん質問をすることかというと、そうではありません。

質問ばかりも、全然質問してこないのも、不満が残ることもあります。

メッセージではずっとタメ口もずっと敬語もはNG

名前の呼び方と同じく重要なのが、言葉使いです。

いきなりタメ口は避けたほうがいいでしょう。最初は敬語でいきましょう。

では、いつまで敬語を続けるかというと、ずっと敬語というのは、距離が遠いままですし、どこかのタイミングでタメ口にしたいところですね、という記事です。

メッセージで会話が続かないのは避けましょう

マッチングできてメッセージにやりとりが始まったものの、会話が続かないようでしたら、そこから先の進展は難しいかもしれません。

いかにして会話を盛り上げるか。その参考にしてみて下さい。

共通点だけでなく、相違点でも、楽しい会話にすることは可能です。

相手の名前は呼ぶ効果は絶大

日常のコミュニケーションでもそうですが、相手のことを何て呼ぶかは気になることもあるでしょう。

相手の名前は呼ぶ効果は絶大

相手の名前は呼ぶ効果は絶大

ところが、中には、「名前で呼ばない」という人も少なくないんです。

挨拶をする時、自分から話しかける時。

皆さんは、どれに当てはまりますか?

  • ○○さん、おはようございます(名前+挨拶)
  • 部長、おはようございます(肩書き+挨拶)
  • おはようございます(挨拶のみ)

この中で、一番コミュ力が高いのは、一つ目です。

相手の名前を呼ぶ効果はとても高いです。

詳しくはこちらに書いているので参考にして下さい。

名前で呼んでもらえるということは、自分の存在を認めてくれていると感じることであり、承認欲求を満たす行為でもあります。

ここでも呼び方(ちゃん、くん、さん、呼び捨て)は気をつけたほうがいいでしょう。

特に女性に対して下の名前で呼ぶとなると、気を悪くする方もいることでしょう。

年上、年下、男性、女性、いかなる相手でも、「さん付け」にしておくに越したことはないでしょう。

もちろん、相手との関係によって変えることは問題ありません。

初対面でのコミュニケーションが苦手な人は名前で呼ぶことから

初対面が苦手な方からのご相談もよくあるのですが、まずは「名前で呼ぶ」ことから実践してみてはどうでしょうか。

コミュ力が高いと思われる人でも、相手のことを名前で呼ぶ習慣がない人は多いです。

ということは、名前で呼ぶ習慣を持てたら、その時点でコミュ力が少し高くなったと思って大丈夫です。

初対面でのコミュニケーションが苦手な方、人見知りしがちな方は、自分に自信がない方も多いです。

自信を上げ方はこちら。

そんな時におすすめなのは、小さなステップを積み重ねることです。

相手を名前をつけて呼ぶのは、今日からでも出来ます。今からでも出来ます。

一つの会話の中で、何度も名前を呼ぶと、それは不自然ですし、逆に信頼関係を失ってしまうことにもなりかねません。

一回の会話の中で一度でもいいので、名前をつけて呼ぶ習慣をつけましょう。

それが、コミュ力アップの第一歩につながります。

本題は以上です。

本日は、こんなお話をしました。

  • マッチングアプリでの名前の呼び方は最初は「さん付け」がおすすめ
  • マッチングアプリでのメッセージで気をつけたいこと
  • 初対面が苦手な人は名前をつけて呼ぶ習慣をつけることからスタート

人の心理は、心理学を学んでも分からないことはたくさんあります。

心理学を学んだり、人の心理を知ろうとすることも大切ですが、まずは目の前の人が何を考えているのかを知るために、観察したり想像することも大切です。

ハラサトシのブログでは、マンツーマンでのコーチングをする中で、お悩みのことが多いテーマについてお答えしたり、コミュ力おばけの学校として、コミュ力を上げる方法をブログに書いています。

コーチングの体験セッションや、話す経験を積むためのオンラインの会について、また、お得な情報を配信するメルマガにつきましては、画面一番下のリンクからお進み下さい。

以上、パーソナルコーチ、ハラサトシでした。