コミュ力アップに絶対おすすめのメルマガ
特典PDFをプレゼント

話す練習は一人でも出来る!習慣で話し方を変える方法

話す練習は一人でも出来る!習慣で話し方を変える方法

記事まとめ
  • 話す練習を一人でする前に、どんな人になりたいかの目標を決める
  • その人の話し方を真似するのもいい練習になる
  • 鏡の前で話す練習は効果があった
  • 話す練習は一人でも出来るし、するべき!

話す練習を一人でってどこで?
どこでも出来るんですってお話しです

話すのが上手くなりたい。

人前で緊張せずに話せるようになりたい。

やっぱり、人と話しをする時の不安がある人も少なくありません。

そんな時はどうしますか?

  • 話し方が上手くなるための本を読む
  • 話し方を上達させるための動画を見る
  • 話し方教室や講座やセミナーで学ぶ

もちろんこういう方法が有効な場合もあるでしょう。

ただ、話し方を変える、話すスキルを上げるとなると、1日で簡単に上達するのは難しいでしょうし、継続的な練習もしたほうがいいでしょう。

とはいえ、頻繁に教室に通うのも高くつきます。

今はZoomのようなオンラインでプレゼンやスピーチや話し方を学ぶことも出来ますが、やはり、日々の習慣に取り込んでしまわないと、癖が身にしみていたら、簡単には話し方も変えることが出来ないと思います。

そこで大切なのが「話す練習を一人でする」ことです。

誰かと一緒じゃなくても、どこかに行かなくても、自宅で一人で話す練習は出来ます。

コミュ力が高い人は、質問力も傾聴力ももちろんですが、一人に対して話す力も持ち合わせていますが、人が多くなっても、自分の言葉で伝わりやすい言葉で伝えることが出来るんです。

話す練習の前に決めるべき目標

以前の記事で「目標や目的を明確にすることが大切」と書きました。コミュ力おばけになる方法の最初にお伝えすることでもあります。

どういうことかというと、僕の場合は、スピーチや人前で話すのを上達させたいと思い、その手の本を何冊も読みましたし、セミナーも受けました。

コミュニケーションの本も何冊も読みました。

読んでる時間はワクワクしてきて、自分がまるでスピーチ力がグンとアップしたかのような錯覚に陥っていたのですが、数日経つと、もうそのことは忘れてしまっていました。

そうです、持続しなかったんです。

そしてまた別の方法を模索する旅が始める。

なぜだろう?と考えた結果が、「目標を決めていなかった」からだということに気付いたんです。

こうなりたいという明確な目標がなかったんです。

「人前で上手に話せるようになりたい」

これは明確な目標ではありますが、漠然とした目標です。

明確な目標というのは、具体的な目標です。

出来れば「この人みたいになりたい」という憧れを見つけるのが一番だと思います。

僕の場合は、「鶴瓶さん」でした。

テレビで見かける人で、話しが上手い人はたくさんいます。

話すの上手い、聴くのが上手い、質問が上手い、場を取り仕切るのが上手い、MC力がある、いろんな達人がいます。

さんまさん、タモリさん、所さん、中居さん、有吉さん、マツコさん、テレビで活躍されている方を見ていると、そんなふうに自分も話せたり、場を取り仕切れたらいいなと思ったりします。

そんな中で、僕が憧れているのは「鶴瓶さん」だと思ったんです。

口角があがった優しい表情で語りかけるように話す。

他の皆さんも素敵ですし、プレゼンやスピーチの達人も世の中にはたくさんいるでしょうけど、僕にとっては、鶴瓶さんだったんです。

それが決まったら、鶴瓶さんの写真を出力して、どうしたら、鶴瓶さんのように、話せるようになるか、それをひたすら研究するだけでした。

それは外見上だけでなく、本を読んだりしながら、鶴瓶さんのことを知ることを始めました。

そのようにして、自分が誰のようになりたいかを決めることで、目標が明確になります。

目標に向けてとにかく真似ることが話す練習になる

誰のようになりたいかが明確になれば、あとは真似ることから始めましょう。

鶴瓶さんの表情、話し方、目線、身振り手振り、それらの特徴をノートに書いていきます。

ここで一つポイントがあります。

100%完全に真似る必要はないということです。

表情は鶴瓶さんを真似る。でも話す間の取り方はまた別の人を真似る。

それでもいいんです。

とにかく、ノウハウ、コツ、方法を探し続けることをいつかはやめないといけません。

そうでないと、いつまで経っても自分のなりたい像を確立できません。

スマホで話す姿を録画をする

次は、実験です。

自分が「こうなりたい」と決めた人物像が決まったら、その人になりきって話してみましょう。

そして、その様子をスマホで録画します。恥ずかしいかもしれませんが、それはしたほうがいいです。

自分の声が思ったより高く聞えるかもしれません。

思ったより、視線が定まっていないかもしれません。

身振り手振りが大きいかもしれません。抑揚がないかも、活舌が悪いかも、姿勢が悪いかも。

いろんな予想外なことがあるかもしれません。

それをチェックすることで、修正していくことが出来ます。

もし可能なら誰かに見てもらって感想をもらうのもいいでしょう。

ただ気をつけたいのは、何かとアドバイスしてきたり、ダメ出ししたがるような人には絶対見せないほうがいいでしょう。

自信をなくしてしまっては意味がないですからね。

最初のうちは、見てもらうだけで、意見はもらわないほうがいいかもしれません。

鏡の前で話す練習をする

スマホで録画するとなると、少し時間がかかりますが、もっと簡単な方法として、鏡に向かって話すという方法もあります。

この方法を推奨している人は多いですね。

出来れば全身が移る鏡のほうがいいでしょう。

鏡の前に登場する姿勢を意識して、表情を意識する。

身振り手振りといった、ボディーランゲージも、自分が目標としている人に近づいているか。

それを鏡に映しながらチェックします。

これも毎日やってみましょう。僕はこの方法は効果がありました。

最初は恥ずかしかったり、思ったように言葉が出てきませんでしたが、次第に慣れてきました。

話す練習は一人でも出来る!まとめ

話す練習は一人でも出来る!ではなく、一人でもするべき!なんです。

1週間に1度とか、話し方教室に行って学ぶだけでは、簡単には変われないでしょう。

もちろん、そういった講座やセミナーで学んだ事を、家で一人の時に実践するでもいいんですよ。

方法に正解はありませんから。

どのような方法でもいいですから、話す練習、スピーチやプレゼン、その他雑談力でもそうですが、まずは一人で練習する習慣をつけましょう。

その前に明確な目標を決めること忘れずに。

話す練習関連ページ

まずはこちら「スピーチやプレゼンのコツも人前で話す練習も「知識×場数×自信」を増やすこと」ですね。

結論は「知識×場数×自信」を増やすことと書きました。

やはり人前で話すスキルを上げるには場数は必要です。

しかし、そんな何度も何度もそんな練習の場にいくのは、容易ではありません。

だからこそ、日々、一人で練習することが大切なんです。

話す練習の場所として、会議室でのスピーチ会を開催してきましたが、大阪まで出てくるのが大変な方もいますので、Zoomでの開催も開催していました。

一人で練習した成果をまずはZoomのスピーチ会で試していただき、次は会場でのスピーチ会と、段階を踏んでいただくのもいいと思います。

次は、相手に伝わる話し方についてです。

3つの話し方ルールについて書きました。

1つだけ伝える、5W1Hを意識して伝える、ゆっくり話す。

こういったシンプルなルールにそって、鏡に向かって、今日あった出来事を話すのも一人での効率の良い練習方法です。

もう一つ「あがり症」のことです。

あがり症の原因の一つは準備不足かもしれません。

何度も話す内容を紙に書いて、それを暗記する。

そういった準備ではなく、実際に話してみる準備が必要です。

出来れば、実際に人を目の前にして話すのが練習にいいのですが、それが無理なら、鏡の前でもいいです。とにかく声に出して、より実践に近い状況でシミュレーションすることが大切ですね。

あがり症も人見知りも、未知への不安が原因の一つということもありえます。

そうであれば、いかに、未知の要素を減らしていくかがポイントになることでしょう。

話すことがない!友達でも職場でもネタが尽きないための3つのステップ

話すことがないという悩みの場合でも、同様に、話す練習をしておくことは有効だと思います。

普段から、1日に5分でも10分でもいいので、話す練習を一人でしておくこと。これを習慣にしていきましょう。