コミュ力アップに絶対おすすめのメルマガ
特典PDFをプレゼント

コミュ力おばけの特徴13選(人付き合いが苦手を克服する方法)

コミュ力おばけの特徴13選(人付き合いが苦手を克服する方法)

コミュ力コーチ兼心理カウンセラーのハラサトシです。
コミュ力おばけの特徴をまとめました。コミュニケーションに自信がないという方向けの記事です。

こんな悩みの方に向けて。

この記事のテーマはこちら。

コミュ力おばけの特徴13選(人付き合いが苦手を克服する方法)

この記事の内容はこちら。

  • コミュ力おばけの特徴って?
  • コミュ力おばけになるのは目標設定が大切
  • どうなりたいかの目標を決めて課題を決めて行動
  • コミュ力を上げるのは行動が絶対大事
  • 人付き合いが苦手を克服する方法

まず始めに、「コミュ力おばけの学校Youtube版第1回目」の動画をぜひご覧下さい。

コミュ力おばけの特徴を知るよりもまず、考え方として「口癖」と「行動」を変えることの大切さをお話ししています。

コミュ力おばけってどんな人のことでしょうか?

その定義はありません。

自分が思う「この人コミュ力がとんでもなく高いな」って思う人が、コミュ力おばけってことでいいんです。

コミュ力おばけになる方法は、こちらのメルマガでも配信しています。期間限定でコミュ力アップに役立つPDFをプレゼント中です。ぜひご登録下さいね。

コミュ力おばけになれるメルマガ【コミュ力を上げるならまずココ】コミュ力おばけになれるメルマガ【コミュ力を上げるならまずココ】

コミュ力おばけになって人付き合いの苦手意識を克服する

コミュ力おばけになって人付き合いの苦手意識を克服する

タイトルに書きましたが「コミュ力おばけの特徴」というのも、人それぞれ答えは違うと思います。

ここで大事になるのが、もしコミュ力おばけになりたいと思うなら、まずは、その理想の人物像を考える必要があります。

よくね、コミュ力あげると就活でも有利だとか、職場でも活きてくるとか言われますが、「コミュニケーション能力を高める」といっても漠然としすぎてて、具体的にどうなっていけばいいのかが分からないんです。

だから、コミュ力の本がたくさん出版されていますし、心理学の本も増えている気がしますが、身につかないという声を聞くのは、まずはゴールが決まってないからかもしれません。

ということで、このページでは、コミュ力の高い人の特徴を挙げていきます。

ただ、あくまで読み物として、あるあるとして、コミュ力の高い人はこういう人だなという感じで、ぜひ読んでみていただければと思います。

コミュ力おばけの特徴をご紹介したのちに、では、自分がそのようなコミュ力が高い人になるのは、具体的に日々どういう習慣をつけていけばいいのか、書いていきます。

そして、「人付き合いが苦手を克服する方法」は「コミュ力おばけになること」だと思います。

コミュ力おばけの特徴13選

コミュ力おばけというと、どういう特徴があるでしょうか?

別のページにて、コミュ力おばけとは?ということで、どういう人のことをコミュ力おばけと呼ぶか。その定義を書きました。

結論から言うと、「私にとってのコミュ力おばけ」と「皆さんそれぞれにとってのコミュ力おばけ」は異なります。

ですので、このページで書いている「コミュ力おばけの特徴」というのは、「私が考えるコミュ力おばけ像」ですので、皆さんからすると、「それは違う気がする」といった意見があるかもしれません。

それでいいんです。

私が作る「コミュ力おばけの心構え」の中に「自分自身でマニュアルを作る」とあるのですが、まさにそういうことです。

「絶対的なコミュ力おばけ像」というものはありません。

皆さん自身で目標(なりたい人物像であり皆さんにとってのコミュ力おばけ像)を決めて、その人物にいかにして近づいていくかのヒントをご提供しているのが、当ブログであり「コミュ力おばけの学校」なんです。

今から「コミュ力おばけの特徴」を挙げるのは、あくまで私が考える像ですよ、ということだけ先にお伝えしておきますね。

それではスタートです。

コミュ力が高い人(コミュ力おばけ)の特徴は?

コミュ力が高い人の特徴
  • ひたすら話を聴く人
  • 偉そうにせずにいつも謙虚な人
  • 自分の話を面白おかしく話して人を笑顔にする人
  • 質問を繰り出しながら場を取り仕切る人
  • 話題が豊富で雑談で話しが尽きない人
  • いつも笑顔で愛嬌があって愛想が良い人
  • 自分の弱みも話してくれる人
  • 人に甘えるのが上手い人
  • いつも前向きでポジティブな発想
  • 人前で話すのが上手い人
  • むやみに人の話しを否定したり反論しない人
  • 自分の考えを持ち人を引っ張る
  • 共感してくれる人

ぱっと書きましたが、教科書的によく見かける「コミュ力の高い人の特徴」、つまり「コミュ力おばけの特徴」です。

では、一つずつみていきましょう。

コミュ力おばけはひたすら話を聴く人

コミュ力おばけは、話を聴いてくれます。「ひたすら」と書きましたが、ただただ聴いてくれます。

頼んでもいないのにアドバイスをしたりしません。

きちんと目を見て、頷きながら、相槌を打ちながら、聴いてくれます。

傾聴という言葉もありますが、まさに心を傾けてくれているイメージです。

この「傾聴」というのが、なかなか簡単には出来ないんです。

ついつい、良かれと思ってアドバイスをしてしまうこともあります。

相手が何を求めているのかを真剣に考えてみても、きっと答えはわかりません。

相手がアドバイスを求めている場合もありますし、ただただ話を聴いてほしいという場合もあります。

それはどうすれば分かるのかというと、相手の話を聞くしかありません。

相手の話題を奪うことなく、頷きながら、共感しながら、じっくり話を聴かせていただきましょう。

コミュ力おばけの最大の特徴は「聴くのが上手い」ということです。

偉そうにせずにいつも謙虚な人

コミュ力おばけは、自分のことを偉いとも思っていませんし、実際に偉そうにしません。

そういう謙虚な人です。

自分一人で何でも出来ると思っていないので、人を頼ることもあります。

頼っていいんです。

そのかわり、きちんと「感謝の気持ちを言葉にする」ことが大切です。

何でも知っているかのような言動ではなく、自分が知らないことは「教えて下さい」と言える謙虚さを持っているのがコミュ力おばけです。

言葉足らずではいけません。

心の中で感謝しても何の意味もありません。

きちんとその気持ちを相手に伝えることが出来る。

それがコミュ力おばけの特徴です。

自分の話を面白おかしく話して人を笑顔にする人

相手を笑顔にするのも、コミュ力おばけの特徴です。

自分の話を面白おかしく話せるのも特徴です。

決して、お笑い芸人のネタのような面白い話というわけではありません。

自分の失敗談や弱みも話してくれて、「そんな弱い面も持っているんだ」と、微笑んでもらえるようなイメージです。

質問を繰り出しながら場を取り仕切る人

コミュ力おばけは質問力があるので、場を取り仕切ることも出来ますし、会話を広げることも深めることも出来ます。

私が作る「コミュ力おばけの学校」の中でも、特に重要になってくるのが「質問力」です。

人見知りを克服する方法、雑談の苦手意識を消してしまう方法、どちらにも絶対に質問力が必要です。

なぜ、質問力があると人見知りを克服できるかというと、人見知りをする人の特徴として「何を話していいか分からない。初対面の相手と話すことがない。」という、苦手意識を持っている場合があります。

聞き上手になっても、相手が話してくれないことには、会話は進みません。

あなただけが話してても、相手は楽しくもないでしょう。

ですので、質問をしながら、相手から話を引き出すんです。

相手が話したいことを話してもらえるのが、コミュ力おばけの特徴です。

コミュ力おばけの特徴を知ってもコミュ力おばけにはなれない

この手の「コミュ力が高い人の特徴」っていろんな人が発信してますが、ある程度は共通してると思います。

では、そういう特徴を読むと、自分も同じように「コミュ力おばけ」になれるかというと、それは違います。

知識として頭に入っているだけですので、実際に行動に変化がないなら、何も変わっていないということですよね。

心理学を学んでもコミュニケーションのノウハウを学んでも、全く人の話しを聴かずに自分の話ばかりする人はいます。

行動を変えないことには、変わっていかないです。

人付き合いが苦手を克服する方法

結論としては、自分に自信をつけることが大事です。

ただ、「自信を持ちましょう」という根拠のないアドバイスは価値を持ちません。

結果的に「自信がついてきた」という状況に持っていくんです。

「人付き合いが苦手だ」と自分で思っている状況でしたら、まずは口癖も変えていくほうがいいでしょう。

そういうネガティブな口癖は、自分の性格にも影響してしまいます。

詳しくは、「コミュ力おばけの作り方」のページや、メルマガでご紹介していきますので、ぜひ登録しておいて下さい。

メルマガはこちらです。

コミュ力おばけになれるメルマガ【コミュ力を上げるならまずココ】コミュ力おばけになれるメルマガ【コミュ力を上げるならまずココ】