相手の話を引き出す力とコツ3選【雑談で聞き出すのが上手い人になる方法】

話を引き出すのが上手い人のコツと方法3選(コミュ力おばけは質問も話しも聞くのも上手い)

雑談や何気ない会話の中でも、相手の話を引き出す力がある人がいます。

気付いたら、普段は話さないことも、楽しく話してる瞬間ってありませんか?

今日のテーマはこちらです。

相手の話を引き出す力とコツ3選【雑談で聞き出すのが上手い人になる方法】
まとめ
  • 相手の話を引き出す方法
  • 話を引き出す力は努力で身につきます
  • 話を引き出すには質問力と傾聴力と話す力が必要
  • コミュ力おばけは話を引き出すのが上手い

コミュ力が高い人、雑談力がある人は「相手の話しを引き出すのが上手い」ですね。

では、どうすれば、相手の話を引き出すことが出来るのか?

それは「気持ちよく話してもらうコツ」と同じです。

ただ、先に書いておきますが、相手にどんな話をしてもらうにしても、コミュニケーションで忘れてはいけないことがいくつかありましたね。

相手に興味を持つことと敬意を払うこと

これを忘れてはいけません。

こちらの都合の良いように話しを引き出すのではなく、相手にいかに心地よく話していただくか。

相手への思いやりを忘れないようにしましょう。

それでは本日は、こんな皆様におすすめのページとなります。

今日はこういう皆さん向け
  • 相手が話しをしてくれなくて会話が弾まない
  • 会話のコツより楽しむ方法を知りたい
  • 女性(男性)の話を引き出すのが苦手
  • 先輩(後輩)と雑談が弾むようになる方法を知りたい
  • 会話上手になってコミュ力おばけになりたい
  • モテるようになりたい
  • コミュ力を就職や転職に活かしたい

今日のお話しは、どんな方にもきっとお役に立てることと思いますよ。

雑談が苦手な方からも気持ちよく話してもらえるようになると、こちらも嬉しいですよね。

それではスタートです。

雑談についての記事はこちらでまとめていますので、参考にして下さい。

話を引き出すのが上手い人のコツと方法3選

雑談で話を引き出すのが上手い人のコツと方法3選

雑談で話を引き出す方法と聞いて、何を想像しますか?

引き出すわけですから「質問」ですか?

確かに質問は絶対に大事です。

ところが、自分が誰かと話をしてる時のことを思いだしてください。

こんな人に対して、自分の話をしたいと思いますか?

  • 間髪いれずにどんどん質問してくる
  • 触れて欲しくない話題を振ってくる
  • 話し方が偉そう
  • 真顔で質問してくる
  • こちらが話してる時に相槌も頷きがほぼなし
  • 話してるのにスマホを気にしてる
  • 自分のことをほぼ話さない

どうですか?

こんな相手に自分の話しを聞いてもらいたいと思いますか?

まずは、自分が話を聞いて欲しいと思うような人物像をノートに書き出しましょう。

何となく考えるのではなく、ノートに書き出すんです。

スマホのメモではなく、ノートに手書きで書くんです。

そういう作業を繰り返すことで、頭の中がクリアになっていくこともあります。

では、ノートは各自で書いていただくとして、私なりのコツと方法3つをまとめておきます。

話を引き出す質問力

話を引き出す質問力

会話の中で、相手から話を引き出すわけですから、質問力は問われます。

相手が話し下手な人なら尚更です。

ここでは一点だけ、質問力でとても大切なことを書いておきます。

それは「何でも質問すればいいというわけではない」ということです。

相手に心地よくお話ししていだくことが大切です。

ということは、相手には「相手が話したいこと」を話していただく必要があります。

話したくもないことを、質問されても、嫌な気持ちになるだけですから。

つまり、「相手が話したいことを質問する」のがコツなんです。

でも、初対面だったり、まだそこまで話したことがない相手だったら、相手が何を話したいかは分からないですよね。

だから最初は浅い質問から始めるんです。

浅い質問をしているうちに、何に興味があって、どんな会話をしたいのかが分かってくるはずです。

雑談での話を引き出す質問力とは、相手が話したい話題について質問する力。そのためには、浅い質問の中で、相手の興味と関心を見つけることが重要になります。

質問力をつけるには、日々のノートが重要です。

話を引き出す聴く力

話を引き出す聴く力

質問のように直接的に質問によって、話を引き出すわけではありませんが、話の聞き方によって、相手が話してくれるかどうかが変わってきます。

傾聴力とかそんな難しいことではなくても、自分がどんな聞き方してもらえたら話しやすいか?

まずはそれを考えてみて下さい。

  • 少し微笑みながら(自分の感情にあわせた表情で)
  • 相槌と頷きもありながら
  • 目を見ながら(時々視線を逸らしたり)

聞いている時の態度って人によって違います。

これもノートに書き出してみましょう。

どんな聞き方だったら、自分は話しやすいか?

まずは聴く事です。

話を聴く時に、してしまいがちな「アドバイス」ですが、絶対にダメというわけではなく、話しもそこそこしか聴かずにアドバイスするのはやめましょう、ということです。

相手が話している話題に自分も乗っかり、自分の話にすりかえてしまいがちですが、それも気をつけましょう。

話し引き出す話す力

話し引き出す話す力

話を引き出すんだから、こちらが話す力は関係ない?

そんなことはありません。

自分のことを全く話さない人に、自分の大切な話をしたいと思いますか?

相手に話しをして欲しいなら、自分のことも適度に話さないと、話しを引き出すことは難しいです。

話しすぎはよくないですが、自分の話し、特に、失敗した話しや苦手な話しなども話すことによって、相手の話しを引き出すことができたりします。

話を引き出すのが上手い人のコツと方法3選 まとめ

話を引き出すのが上手い人のコツと方法3選 まとめ

話を引き出すのが上手い人、まさにコミュ力おばけです。

行き着くところはこの3つですね。

  • 質問力
  • 聴き上手
  • 話す力

会話を楽しむなら、この3つのどれが欠けてもいけません。

会話が弾む方法も、雑談が続く方法も、話題が盛り上げる方法も、どれも実は同じなんです。

この3つを、一つずつ極めていけば、コミュ力の達人になれることでしょう。

そして、もう一度言いますが、コミュ力おばけになるための心構え。

これは、私が考える5選です。

コミュ力おばけの心構え5選
  • 興味と敬意と可能性を信じる心を持つ
  • 人の心は分からない
  • 心も身体も柔軟に両極端を避ける
  • 自分一人で何でも出来ると思わない
  • 自分自身でマニュアルを作る

5つ目に「自分自身のマニュアルを作る」とありますが、これは特に重要です。

ここで挙げた5選は、あくまで私の5選です。

ですので、皆さんも、各自で、「自分なりの5選」を作って欲しいのです。

すぐにコミュ力を上げる方法とは違いますが、日々の習慣の中で、着実に積み上げていくのが私の考えるコミュ力を上げる方法です。

相手の話を引き出す
質問して話しを聞き、自分の話も適度にする。この3つがコミュ力で大事なことです。相手の話を引き出す方法としては、この3つの力を上げていくことです。いかに相手が話したいことを話してもらうかが鍵になります。
話を引き出す力
トーク力が高い人、雑談力がある人、みんな話しを引き出す力があります。何か一つだけのコツがあるわけではなく、質問力と傾聴力と会話力と、全てにかかってきます。

相手の話を引き出す+話を引き出す力の続き

ここより上の部分を投稿してから1ヶ月ほど経ちましたので、その後の経過を書いておきます。

このページのテーマは「相手の話を引き出す」と「話を引き出す力」です。

要点としては、「質問が大切ですよ」ということが中心でした。

そして、質問力だけでなく、傾聴力や伝える力も総合的に必要だということです。

ここ数日の会話の中で、「相手が話したいことと自分が聞きたい事が違う」ということもありました。

ついつい、「自分が聞きたいことを質問する」こともあります。

相手の話を引き出すのであれば、テーマは相手が話したいことにしたほうがいいわけですよね。それを最近意識して質問するようにしています。

相手の話を引き出す「クローズド・クエスチョン」と「オープン・クエスチョン」の違い

はい・いいえなど、択一で答えれるのが「クローズド・クエスチョン」。

はい・いいえなど、択一で答えられないのが「オープン・クエスチョン」。

まずはこういう2種類の質問方法があることを知っておいて下さい。

決して、絶対にどちらが良いというものではありません。一長一短です。

相手の話を引き出す力を身につけるには、この2つの違いを知って、使い分けることが大切です。

それぞれのメリットとデメリット。具体例を紹介します。

まず「クローズド・クエスチョン」

例としては「映画は好きですか?」

これはクローズドクエスチョンです。

「Yes/No」などの択一で答えてもらえるので、相手が答えやすいというのがメリットです。

初対面でいきなり、相手が答えにくいオープン・クエスチョンで質問すると、相手が困ったしまうことがあります。

デメリットは、会話が広がらないことですね。

相手が、「はいかいいえ」で答えた後に、逆に質問で返してくれたり、言葉を投げてくれたらいいのですが、そうならない場合もあります。

すると、また、こちらがクローズド・クエスチョンをする。また「はいかいいえ」で答える。

そんなつまらない会話が続くことになりかねません。

次は「オープン・クエスチョン」

例としては「映画を観る時は、何を基準に選びますか?」

これはオープンクエスチョンです。

自由に答えることが出来る質問ですので、会話の幅が広がりやすいのがメリットです。

デメリットとしては、相手は考えて答える必要があるため、疲れやすいかもしれません。

また、答えにくい質問だった場合、ストレスに感じて、その会話を苦痛に感じるかもしれません。そうなると、その後の会話が楽しいものではなくなる可能性もあります。

「クローズド・クエスチョン」と「オープン・クエスチョン」。

どちらが良いとか悪いとかではありませんが、意識することは重要です。

例えば、初対面の人との会話であれば、いきなりオープン・クエスチョンを連発するより、最初は、「クローズドクエスチョン」で、次は「オープンクエスチョン」でと、そういう流れにするのもありでしょう。

「映画はスキですか?」
「はい」
「私も映画が好きなんですが、どんなジャンルの映画が好きですか?」
「そうですね、サスペンスがスキですね」
「あ、では一緒ですね。サスペンス映画を選ぶ時って、どういう基準で決めたりするんですか?」

このように、クローズド、クローズド、オープン、といった流れで質問するのもいいでしょう。

どれが正解というのはありません。

あくまで、相手の方がどう受け取るかです。相手の話を引き出す力というのは、こういう使い分けが出来る力です。何でも質問すれば、相手の話を引き出せるものではありません。

ただ、もし普段から、「クローズドクエスチョンばかりしてしまう」という自覚があるなら、オープンクエスチョンを意識してみると、会話がもっと広がる可能性もありますよ。

大切なのは、相手の方が、「もっと話したい」とか「もっと聞いて欲しい」と思うかどうかです。

相手の話を引き出す力、ぜひ身につけて下さいね。