自分から話しかけないと話してくれない理由│話しかけないと話さない人の心理

自分から話しかけないと話してくれない人、なぜでしょうか?

結論はこちらです。

自分から話しかけるのが苦手、合わないと思ってる、タイミングが違う、心を開いていない、人見知りしてる。そういった心理の可能性ががあります。

自分から話しかけないと話してくれない理由│話しかけないと話さない人の心理

こういう方へおすすめの記事です。

  • 自分から話しかけないと話してくれない理由を知りたい
  • 自分から話さない人と一緒にいると疲れる
  • 喋らない人がいるとイライラする
  • 職場のあまり話さない人にモヤモヤする
  • 話さない人の心理が気になる

では、本題です。

動画版はこちらです。

自分から話しかけないと話してくれない理由

先に書いておきますが、これは憶測です。

このどれにも当てはまらないケースもありえます。

人の心は分からないことだらけですからね。

1:話しかけてもらえたら話せるタイプ(自分からは無理なタイプ)

自分から話しかけるのは苦手だけど、話しかけてくれたら喜んで話すタイプです。

では、なぜ、自分から話しかけられないのでしょうか?

こちらにも書いていますが、自分から話しかけようと思っても、不安があって、ブレーキがかかてしまうケースもあります。

  • どう思われるだろうか?という相手への不安
  • 上手く会話が進むだろうか?という自分への不安

様々な不安があって、自分からは話しかけない。

でも、話しかけてくれたら話すよ、というケースです。

2:苦手なタイプ・合わないタイプと思ってるから

もし、その人が、相手を選んで話しかけているなら、苦手なタイプ、合わないタイプと思われているのかもしれません。

それは、あなたも思うところないですか?

  • この人だったら話しかけやすい
  • この人だったら会話が弾みそう

それと同じで、その人にとっても、話しかけやすい人と、話しかけにくい人がいるとうことかもしれません。

その「話しかけにくい相手」からしたら、「全然、話しかけてくれない」と思うでしょう。

3:話しかけるのを躊躇うような場所やタイミング

自分から話しかけられる人といっても、場所もタイミングも構わず話しかけてこられたら迷惑ですよね。

では、どういう場所やタイミングなら、話しかけてもいい?となると、これは人によって違います。

例えば、職場だとしましょう。

ある人にとっては、「職場は雑談する場所じゃない」と思っているかもしれません。

そういう人からすると、自分から誰かに話しかけるのは控えるでしょうね。

ある人にとっては、「職場で雑談のようなコミュニケーションは大事」と思っているかもしれません。

そういう人からすると、職場でも自分から話しかけるのを良しとすることでしょう。

つまり、価値観の違いです。

もしかしたら、自分から話しかけないのは、その人にとっては、その場所、タイミングは、お喋りする時間ではないのかもしれません。

4:まだ心を開いていない

相手の方が、話したいと思っていない、話して大丈夫なのか不安がある、そんな可能性があります。

まだ、心を許していなくて、自分から話しかけるのを躊躇っている状況かもしれません。

その理由は、次の項目で解説します。

5:人見知り

元極度の人見知りな僕からすると、自分から話しかけない理由なんてありませんでした。

そもそも、自分から話しかけること自体が無理だった。それだけです。

自分のことを話さない僕、相手に質問ばかりする僕

先ほどの4つ目。

「まだ心を開いていない」という点について、解説します。

これは僕の経験です。

数年間、地域の活動を共にしていたある男性がいました。

1年に数回ほどしか顔を合わさないのですが、それでも、僕からしたら、親しい人だと思っていました。

ところが、話しかけるのは、ほぼ僕からでした。

感覚では100%に近かったと思います。

僕は正直、不満だったんです。

「いつも僕から話しかけるのは、僕と話をしたくないのか?興味がないのか?何だろう?」

そんな思いを持っていました。

そんなある日、僕は、何気なく、相談をもちかけました。

悩んでいること、失敗した時のこと。

今までは「僕が質問して、その人の話してもらう」という流ればかりだったのですが、その時は、「僕が話したんです。苦手なことも、失敗も」話しました。

そこから少しずつ、2人の関係が変わってきた気がします。

それまでは、「自分のことを話さない僕、相手に質問ばかりする僕」がいたんです。

相手の方からしたら、質問ばかりされるのが面倒だったのかもしれません。

いずれにしても、聞きたいことがあるなら、まずは自分のことを話すことも大切、ということも感じました。

いわゆる「自己開示」というものです。

考えてみると、「自分のことを話さずに、相手に質問ばかりしてくる人」って怖いと思うんです。

そんな人に、自分から話しかけようとは思わない気がします。

その頃から、僕自身も気持ちは楽になりました。

話しかけないと話さない人の心理は分からない

今回は、「話しかけないと話さない人」の心理について書きましたが、実際の答えは分かりません。

なぜ、自分から話しかけないのかは、もしかしたら、本人もなぜか分かってないかもしれません。

ですので、それを追求したところで、どうにもなりません。

最後に、冒頭で書いたことへの回答を書いておきます。

自分から話しかけないと話してくれない理由を知りたい
憶測ではありますが、「話しかけてもらえたら話せるタイプ」「苦手なタイプ・合わないタイプと思ってるから」「話しかけるのを躊躇うような場所やタイミング」「まだ心を開いていない」の、いずれかの可能性が高いと思います。ただ、実際は分かりません。
自分から話さない人と一緒にいると疲れる
自分から話さない人にも、自分の苦手なこと、失敗したことも話してみるのもいいでしょうね。まず先に自分が心を開くということです。明るくポジティブなこと、楽しいことをこちらが一方的に話しても、相手は、話しやすくはならないと思います。自己開示してみるのもいいでしょう。
喋らない人がいるとイライラする
何か理由があるのかもしれません。無理に話そうとする必要はないと思います。ただ、「喋らない人はイライラする」というあなたの価値観、性格なのであれば、無理は禁物です。距離を置くのもいいでしょう。
職場のあまり話さない人にモヤモヤする
職場でのありかたは、人によって価値観が違います。人は人です。職場での雑談を嫌う人もいます。そういう人に出会うたびに、モヤモヤしていると、ストレスが溜まって仕方ありません。

自分から話しかけないと話してくれない人とどう接する?

自分から話しかけないと話してくれない人。

そういう人です。

僕も時と場合によっては、そういう人です。

いつでもどこでも誰にでも、自分から人に話しかける、なんてことはありません。

相手も選びますし、場所も選びますし、タイミングも選びます。

自分から話しかけないと話してくれない人がいたとしても、そのたびに、モヤモヤ、イライラ、ストレスになっていると、自分が損をします。(以前の僕がそうでした)

そういう人はどう接するのがいいか?

僕ならこう考えます。

  • 自分が話しかけたいと思ったら話しかける
  • 話したくなさそうだなと思ったら、話しかけない

それだけです。

相手がどうこうよりも、自分がどう思うかを大事にしたほうがいいと思います。

なぜなら、相手の心理は完全には分からないからでです。

  • 話しかけてくれるのを待ってるのかもしれません
  • 話しかけて欲しくないのかもしれません

人との関わりなんて、分からないことだらけです。それでいいんです。

ただ、大事なのは、一方通行で、「質問ばかりして、相手にばかり話してもらおうとすること」はやめたほういいでしょうね。

僕はそれで失敗しましたから。

もし、相手の人にもっと話してもらいたいなら、「自分の本音、苦手なこと、失敗しこと、恥ずかしいこと」なんかも、自然と話してみるのもいいと思います。

もちろん、それが他の人に広まって困るようなことは話す必要はありません。

弱さを見てもらえるようになったら、相手もこちらも気が楽になると思います。

僕が今回お伝えしたかったのは、「自己開示」は大事ですよ、ということでした。

話しかけたり、話しかけられたり、関連ページがこちら

数年前。きっと僕は質問攻めをしていたこともあると思います。

その心理というのは、「質問することがコミュ力が高い人」と勘違いしていたんだと思います。コミュ障だからこそ、質問ばかりに頼っていた気がします。

仕事ならまだしも、プライベートなことを、質問攻めされたら、そりゃうざいでしょうし、怖いでしょうし、疲れることでしょう。

自分からはなしかけるとなると、ちょっとした質問から入ることもあると思いますが、そこから矢継ぎ早に質問を繰り出していると、嫌いになられるかもしれません。

コミュ力を鍛えることは出来ます。

ただ、間違った方向に進んでしまうと、逆に迷惑がられることもあります。

コミュニケーションの原点は、僕の中では「共」だと思っています。

どれだけ話すのが上手くても、伝えるのが上手くても、それだけでコミュニケーション能力が高いとは思いません。

いかに、相手と「共」な空間を作るかだと思います。

本日は以上です。

コーチ、未知賢人でした。