2人で話すのが苦手!複数人なら話せるけど2人になると話せない原因と対策

2人で話すのが苦手!複数人なら話せるけど2人になると話せない原因と対策

人と話すのが苦手と言う人は多いですね。昔は私もそうでした。

今日のテーマはこちら。

2人で話すのが苦手!複数人なら話せるけど2人になると話せない原因と対策

目指すことはこちら。

2人でも話せるようになること。
  • 数人いる雑談はいいけど2人になると話せない
  • 2人になると何を話していいか分からなくて焦る
  • 2人で話すのが苦手だからモテない

こんな方はぜひ最後までご覧下さい。

ではスタートです。

2人になると話せない原因は?

この記事では、こういう方にについてお話を進めます。

数人(3人とか4人とか)だったら話せるけど、2人きりになると話せない人。

ですので、2人きりでも数人でも、人数にかかわらず話すのが苦手という方は、こちらも参考にしてみて下さいね。

では、2人になると話せない原因からみていきましょう。

大きな原因はこの2つでしょう。

2人になると緊張して話せない

2人になると緊張としてしまうことが原因の場合もあります。

話すことはあるけど、どう話を振っていいのか分からない。

こんな話をして、相手がどう思うか考えると、言葉を選びすぎてしまう。

人前であがってしまうのと似ている感覚ですね。

緊張するということは、身構えているということですね。

特に、異性(女性、男性)であれば、モテたい、好かれたい、嫌われたくない、良く思われたい、いろんな思いが生まれてくることで緊張してしまうこともありますね。

2人になると話題がなくなる

例えば、4人で雑談をしてるとします。

4人いれば、それぞれの知識や経験や話題があります。

4人ともが楽しめる話題が出るかは別にして、知識と経験と話題の総量は、人数が多いほうが増えますよね。

それが2人になるわけですから、話題が減るのは当然です。

2人で話せるようになるための対策は?

2人で話す場面って、人生の中で何度もあると思います。職場、友達、合コンなど。

2人で沈黙でもいいと思いますが、何だか気まずい、何か話さないといけないと思うとソワソワする。

そんなこともあるかもしれません。

2人で話せるようになるには、どういった対策が必要か?

先ほど、2人になると話せない原因を挙げました。

その対策をすればいいんです。

2人で話すのが苦手な人は、初対面が苦手で人見知りしやすい人かと思います。

ですので、このブログでも何度もお伝えしている「人見知りを克服する方法」を実践していけばいいんです。

簡単に言うと「雑談に自信を持つ」ことです。

雑談に自信が持てたら、2人の時でも緊張はましになることでしょう。

では、どうしたら雑談に自信を持てるか?

それは、日々のトレーニングしかありません。

いつもと同じ毎日を過ごしていても、ある日突然、会話が得意になったり、どんな人が相手でも話せるようになるなんてことは、まずありません。

雑談が得意な人は、意識してか無意識かは分かりませんが、「雑談が得意になる習慣」を続けてきた結果なんだと思います。

もし今、雑談が苦手、2人で話すのが苦手というのであれば、習慣を変えないことには、その目標に辿り着くのは難しいでしょう。

では何をすればいいか?

今までにお伝えしたことばかりなので、それぞれのページをお読みいただけたらと思います。

基本は「質問する力・話す力・聞く力」といった基本的な力を底上げしていくことが重要になります。

まずは質問力からです。

質問力があれば、かなりコミュニケーションに強くなります。大切なのは、質問の数ではありません。

質問力がある人は、相手が喜んで話をしたくなるようなことを質問するんです。

相手が話したくないことを質問するのは、質問力があるとは言えません。

話すことがない!という人は、普段、どんな生活をしていますか?

新しい人に会う事はありますか?新しい趣味を始めたりしていますか?新しいものに興味を持っていますか?

話題が豊富な人はインプットの幅も広いし、さらに知識が深いんです。

それは努力で何とでもなります。上手く話せるかは別にして、ネタを蓄えることは誰にでも出来ることです。

人の話しを聴く事は大切です。

だから、傾聴や話しの聴き方の本もたくさん出てるんですが、そこまで難しく考えなくても大丈夫です。

まずは、ここからです。

否定も反論もアドバイスもせずに、最後まで話を聞く。

ここからやってみましょう。

どんな悩みでも「なぜ?」で問い続けることが大切

いろんなタイプの悩みがあると思います。

  • 初対面で何を話していいか分からない
  • 自分から話しかけられない
  • 話が盛り上がらない
  • 自分のことを話せない
  • 異性の前で黙ってしまう
  • 人と話す時に過度に緊張してしまう
  • 会話が続かない
  • 何を質問していいか分からない
  • 人に話しかけられるのが怖い
  • 話しを引き出すことが出来ない

何かと「もっとこうなりたい」とか「コミュ力を上げたい」といった願望があっても、そこからどうしていいか分からないから、とりあえず本や動画で学んでみたりしても、何も変わらない。

どんな時は、細分化していくことをおすすめします。

「なぜ?」

疑問で深堀していくんです。

「初対面で何を話していいか分からない」場合はこうなります。

なぜ?初対面で何を話していいか分からなくなるんだろう?

それを考えるんです。

その答えをネットや動画に頼るのではなく、とにかく自分で考えてみましょう。

  • 緊張するから
  • 話すことがないから

そこからさらに「なぜ?」を繰り返します。

  • なぜ緊張するのか?
  • なぜ話すことがないのか?

この問いを繰り返していくと、何をすれば克服できるかが見えてくると思います。

ぜひ、やってみて下さい。

悩みから抜け出せない時は、「自分は何をしていいか分からない時」に深みにはまりがちです。

自分が今からどう行動すれば、その悩みを解決できるかが分かった時は、前向きになれることと思います。

「どうしていいか分からない」という状態から抜け出すための方法が、「なぜ?」の繰り返しなんです。

今日はここまでです。

「なぜ?は最高の質問」と思っています。

ただ、それは自分に向けての場合のことであり、人に対して「なぜ?」を繰り返すと尋問のようになってしまいますから気をつけましょう。

2人になると話せない人も、2人で話すのが苦手な人も、きっと、それをどうにか克服したいから、このページをご覧いただいたのかと思います。

私から言えることは、「口癖と行動を変える、そして繰り返す」とうことが大事だということです。

本を読んだだけでは何も変わりません、セミナーを受けただけでも変わりません。

ノウハウはネット上にいくらでもありますから、あとは実践あるのみです。

もし、自分一人では実践するのが難しいという方は、私のマンツーマンセッションを受けていただいたり、オンラインの会にご参加いただけましたら、少しは近道になると思います。

普段はコーチとして(時にコンサルンタントとして、時にカウンセラーとして)活動しています。

また、コミュ力おばけの学校として、オンラインでコミュニケーションの機会を得ることが出来るアウトプットの会や読書会や雑談の会も開催しています。

最新情報はメルマガから配信しますので、ぜひ登録しておいて下さい。

本日は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。