聞き上手は会話どろぼうにならない│自分の話にすり替える人の直し方

聞き上手は会話どろぼうにならない│自分の話にすり替える人の直し方

コミュ力おばけの作り方、聞き上手編です。
聞き上手は会話どろぼうにならない。

それが今日の課題です。

会話どろぼう、というのは、会話の流れ、話題関係なく、いきなり自分が話したい話題にもっていく人のこと。

職場、学校、友達、夫や妻、母親父親、会話どろぼうは、色んな場面に潜んでいます。

  • 聞き上手になりたい人
  • コミュニケーション力を上げたい
  • 自分も会話どろうぼうかもしれないと思う
  • 身近に、自分の話にすり替える人がいる

そんな皆さんは、ぜひ最後まで見ていって下さいね。

自分の話にすり替える人「会話どろぼう」ってどんな人?特徴は?

誰かが話し始めた話題を奪い、自分の話にすり替える人。

色んな場面にいます。

職場の上司の場合。

部下A:昨日のお客さんのことなんですが、僕が思っていた人とは違うようなんです。

上司B:あのお客さんは、本当はいい人なんだよ。そういえば、3年ほど前のことなんだけどな。。。。

部下Aは、その話題について話したいことがありました。

ところが上司Aは、そんなことお構いなし。

その「お客さん」について話したいことがあったんです。話したかったんです。

会話を奪ってしまったんですね。

学校での友達との会話の場合。

友達A:昨日のアニメ観た?今度は映画も観に行こうと思ってるんだけどさ。ちょっと迷ってることがあってね。

友達B:あ、私も行こうと思ってたんだけど、そういえば、原作ってどうなってたか知ってる?実は、原作とアニメは微妙に違うのよね。。。。

友達Aは、まだ話をしたかったようです。

ところが友達Bは、そんなことお構いなし。

恋人同士(彼氏彼女)での会話の場合。

彼女:今度行ってみたい店を見つけたのよね。新宿の駅からちょっと行ったところを入ったとこでね。

彼氏:あれ?その辺って確か、前に友達と行ったことある!あの辺って、昔からある古き良きカフェもあったりするから好きなんだよね。そういえば、最近美味しいコーヒーの豆を見つけてさ。。。。

こういう例を挙げると切りがありません。

まとめます。

自分の話にすり替える人「会話どろぼう」
誰かが話題を提供し、その話を進めようとしている時に、自分とその話題を結びつけ、さも、自分が話題を提供したかのように、自分の話を始めてしまう人のこと。奪われた人は、ただ相手の話が終わるのを待つしかない場合も多く、ストレスになりがちです。

なぜ会話を奪う?自分の話にすり替える会話どろぼうの心理

ではなぜ、自分の話にすり替えるのでしょうか?会話どろうぼうをするのでしょうか?

原因は人によって違うと思いますが、多くは「悪気はない」と思います。

本人は、「悪いけど、自分の話させてもらうよ」なんて思っていないと思います。

誰かが話題を出した⇒自分もその話題についてネタを持ってる⇒自分のネタを話し始める

ただ、それだけだと思います。

きっと、話したいんです。聞いて欲しいんです。悪気はないんです。クセなんです。

嫌な思いをさせてやろうと、思っているわけでもないんです。(実際はその人しか分かりませんが。)

だから厄介なんです。

奪われたほうは、ストレスにもなるでしょうからね。

では、会話どろぼうに出会ったらどうすればいいでしょうか?

会話どろぼうに出会ったらどう対処する?

職場で、学校で、友達、夫婦、恋人、仲間。

会話どろぼうに出会ったらどうしますか?

僕が考える対処法は2つです。

  • 率直に伝える
  • 聞き上手を目指す

見ていきましょう。

会話どろぼうに出会ったら、率直に伝える

もうはっきり言ってあげましょう。

「ごめんない、今、私が話してる途中なので。ちょっと待って♪」

怒るでもなく、冗談っぽく伝えてあげる感じで言えば、相手も嫌な顔はしないと思います。

ただ、面倒です。

どうしても言わないといけないことならまだしも、雑談の中でのひとこまでしたら、別に、教えてあげることもないかなとも思います。

ではどうするか?

会話どろぼうの話を聞き上手としてじっくり聞く

もう一つの方法は、「諦める」ことです。

そういう人なんです。

人のマイクを平気で奪うことがある人なんです。

一々注意したり怒ったりするのも面倒です。

ただ、「面倒だな、早く話終わらないかな」なんて聞き方をしてたら、ストレスしか残りません。

そこでです。

僕がこのブログでお伝えしているテーマの一つは「コミュ力おばけの作り方」です。

会話どろぼうされたら、その会話はその人に譲ってあげましょう。

あなたは「聞き上手」を発揮すればいいんです。

僕がずっと言っている、話の聞き方の基本。

「否定、反論、アドバイスせずに、最後まで話を聞く」

聞き上手として、話を聞いてあげましょう。

そして、あなたの経験値を上げましょう。

全部聞き終わったら、「ごめん、私も話していい?」と言って、自分が話したかった話をするもよし、他の話題を始めるのもよし。

大切なことは、「会話どろぼうをする人はどこにでもいる。」と受け入れることです。

職場の上司と部下、恋人、夫婦の関係で、頻繁に会話をする相手が、会話どろぼうするタイプの人であれば、毎回毎回、自分の話にすり替えられると、やっぱりストレスになると思います。

それでも、やんわり教えてあげるか、じっくり聞くか。その2択になると思います。

僕のおすすめとしては、やはり後者です。

さすがに、毎日毎日、人の話しを奪ってこられたら面倒ですが、そうでもないなら、時には譲ってあげてもいいと思います。

話を聞いてあげて、自分のコミュ力が上がっていってると思うのも、いいと思うんです。

あなたにもし、自分の話にすり替える傾向があるなら

もしあなた自身が、会話どろぼうをしてしまう傾向があると自覚があるならどうすればいいか?

直し方は?となると、これは簡単です。

相手が新しい話題を持ち出したときに、話を進めることを促す言葉を言えばいいんです。

これを口癖にしてしまいましょう。

Aさん:この前、アルマゲドンをアマゾンプライムで見たんです。

会話どろぼう:あ!昔観た観た!面白いよね。そうなんだ、今はアマプラで観れるんだ。私はネットフリックス派なんだよね。ネットフリックスの海外ドラマが面白くてね。うんぬんかんぬん。

これは会話どろぼうです。

そうではなく。

「うんうん、それで?」「あ、観たんだ!」「お、いいねいいね~」

このような言葉で、「その話に興味あります♪どうぞ、話を続けて下さい!」という気持ちを伝えるだけです。

話を促す。そして聞く。

やってみて下さい。

きっと、相手の方は、気持ちよくお話してくれると思いますよ。

自分の話にすり替える会話どろぼう まとめ

最後にまとめます。

  • 自分の話をすり替える会話どろぼうはどこにでもいます
  • 指摘してあげるか、聞き上手になってじっくり話を聞くかを選びましょう
  • 会話どろぼうになりそうなら、話を促す言葉を使いましょう

聞き上手になるには。

ここでもやっぱり大事なのは、「最後まで話を聞く」ということです。

コミュ力おばけになりたい、コミュ力を上げたい。

それなら、聞く力は必須です。

一緒に、コミュ力おばけを目指しましょうね。

関連ページもご紹介しておきます。

聞き上手、話し上手、共通していえるのは、「相手の話を最後まで聞けること」だと思います。

これが出来ないと、コミュ力がどうこうでもなく、話し上手や聞き上手とかも関係なく、相手と心地よい会話をするのは難しくなると思います。

会話はキャッチボールと言われます。ボールは一つしかないんです。それを奪い合うような関係であれば、どちらかが不快な思いをすることになったりします。

人が話してるのに、カットインしてくる人もいます。話てる途中に、「うんうん、分かる分かる、私もね」といった感じで、人が話してようがお構いなしで入ってくる人です。

そうならないようにするには、やはりこの記事でも書きました、「先を促す一言」を心がけることだと思います。

話し上手な人は聞き上手だと思います。ただ、聞き上手は話上手かというと、そうとも限りません。

コミュ力を上げるにはどちらも大切なことなので、まずは知識を得ること、実践することが大切です。

聞き上手は練習やトレーニングで身につきますが、時間はかかります。毎日誰かと話す機会があるなら、毎回の会話の中で心がけるテーマ、課題を作っておくのもいいでしょう。

夫婦や恋人、職場での人間関係のトラブルで多いのが、「話を聞いてくれない」ということが挙げられます。

であれば、話を聞ける人になれば、様々な場面でのトラブルを回避できる可能性が高くなるということではないでしょうか。

コミュニケーション能力を鍛える方法もたくさんあります。ただ、学ぶことは出来ても、それを自分のものにするには、やはり実践が必須です。

なぜなら、実践の中で、思ったようにいかないコミュニケーションにぶつかるからです。

そういった経験を積み重ねていくことで、人間関係について学ぶこともあります。

コミュ力おばけの学校のメルマガもありますので、ぜひご購読下さい。

以上です。

コーチ、カウンセラー、未知賢人でした。