コミュ障を治すトレーニングとカウンセリング「克服したい方へ」

コミュ障をすぐ治すのは無理「コミュ障を治すトレーニングは口癖と行動を変える」

コミュ障を治すことって出来るの?というお話しです。

「コミュ障」は「コミュニケーション障害」の略です。

医学でも使われるそうですが、このブログで言う「コミュ障」は、「他人とのコミュニケーションが苦手な人全般」を指しています。

もし、あなたが、コミュニケーションに自信がない、対人関係に不安があるという場合は、「コミュ障を治す方法」なんかを調べたことがあるかもしれません。

そして、そこに書かれいてることは似通っている部分も多いと思います。

  • コミュ障の特徴
  • コミュ障の原因
  • コミュ障を治す方法

そして、「コミュ障をすぐに治す方法」という内容が書かれてたりしますが、私はすぐには無理だと思っています。

この記事はこういう内容です。

  • コミュ障を克服したいなら口癖と行動を変える
  • コミュ障を治すトレーニングは繰り返し継続する必要がある
  • コミュ障治す教室ですぐに克服出来るとは限らない
  • コミュ障改善セミナーで1日で治すのは無理かも

では、本題です。

コミュ障を治すって何?

そもそも、「コミュ障を治す」ってなんでしょうね。

どうなったら治ったと言えるのでしょうか?何が正解なのでしょうか?

そもそも、それも分からずに、こういうことが書かれています。

  • こういうのが苦手なのがコミュ障ですよ
  • コミュ障っていろいろ大変でしょ?
  • コミュ障を治す方法はこれですよ

とにかく漠然としています。

大切なのは、どうなりたいかです。

僕が作る「コミュ力おばけの学校」で、「目標」の話しが出てくるのはそのためです。

「コミュ障を治す」といっても、どうなっていけば、前に進んでる状況なのかが分からないんです。

まずはそこを決めることが大切です。

コミュ障と人見知りの違いは?

コミュ障と人見知りはイコールではありません。

定義に違いはあるんでしょうけど、そもそも正式な定義はないと思います。

このブログでは、だいたいこのように区別しています。

コミュニケーション全般が苦手な人をコミュ障。

初対面の相手に過剰に緊張してしまい、精神的に辛くなってしまうのが人見知り。

あくまでこのブログの中のこのページでの定義とお考え下さい。

コミュ障をすぐ治すなんて無理

コミュニケーションスクールやセミナーでも、コミュ障を治すとか、人見知りを克服するという謳い文句もあります。

それで効果があるかは分かりませんが、少なくとも、すぐに治すというのは無理だと思います。

なぜそう思うかというと、やはり思い込み、潜在意識の力は強いと思うからです。

普段から、「自分は人見知りだ」と言ってる人が、コミュニケーションスクールや講座を受けて、すぐに「人見知りじゃない」と思えるようになるかというと、それはまずないでしょう。

やはり、人が変わるには繰り返しが必要になります。

何を繰り返すかというと、こういうことです。

  • 口癖を変える
  • 行動を変える

そして、それを繰り返す。

つまり、「人にどう思われてるか気にしないでおきましょう」というアドバイスがあったとして、では、それをどう繰り返しますか?ということです。

意識を変えましょうというだけでは、口癖も行動も変わりません。

僕の作る「コミュ力おばけの学校」の中の一つに「質問力」という項目があります。

これも、コミュニケーション力を高めるには質問力をつけましょう、というアドバイスがあったりします。

ところが、それでは何も変わりません。

繰り返し行える「口癖」や「行動」が必要です。

例えば、コミュ障な人でネガティブな口癖が多いとします。

「きっと上手くいかないだろうな」とか「きっと失敗するだろうな」とか「自分のこときっと悪く思ってるんだろうな」とか。

ネガティブな将来を予測する。そういう口癖が多い人がいます。

必ずそういう現実を引き寄せるかというと、それは断定できませんが、それでは、現実は変わりません。

また、口癖を変えただけで、行動を変えないと、それもまた何も変わりません。

ですので、口癖も行動も変える必要があります。

コミュ障を治すトレーニング 実践編

では具体的に、コミュ障を治すには何をしていけばいいかを解説していきます。

コミュ障を治すトレーニング(1)コミュ障とは?

まずは自分と向き合うことが大切です。

正直、面倒くさいと思います。

出来ることなら「1日でコミュ障を治したい、すぐに克服したい」と思うかもしれませんが、僕はすぐには無理だと思っています。

なぜなら、コミュ障になった原因があるかもしれませんし、それが何年続いているか分かりません。

今まで苦手だったコミュニケーションが、誰かの一言やセミナーや講座を受けるだけで克服できたら苦労はしません。

コミュ障を治すには時間がかかるものと思ってもらいたいんです。

では、まず何をするか?

それが「あなたが自分でコミュ障と思う理由、症状」などを細かくノートに書き出すことです。

本当の悩みは何なのかを具体的にしていくことです。

コミュ障を治すトレーニングは、まずはそこから始めましょう。

コミュ障を治すトレーニング(2)目標を明確に

コミュ障を治すトレーニングの1回目で、自分と向き合い、自分にとってのコミュ障とは何かが分かったとしましょう。

次は目標です。

この目標を明確にしないと、行動計画が決まりません。

では何を元に目標を決めるかですが、これは「あなたが理想とする人物」を目標にしてみてはどうでしょうか。

理想とする人物を決めて、その人の特徴を細かく挙げていくんです。

そしてそれが、目標になっていきます。

漠然と、質問上手になりましょう、聞き上手になりましょう、話し上手になりましょうといった目標では、毎日何をすればいいか、どんなトレーニングをすればいいかが明確になりません。

繰り返しが大切と言いました。

毎日くり返しが可能なトレーニングを設定することが重要です。

3つ目のトレーニングは作成中です。

コミュ障を治すトレーニングQ&A

コミュ障を治す教室に効果ある?

コミュ障を治すといった教室や講座は確かにあります。

カウンセリング的なことをしてくれるところもあるようです。

では、そういった場所で、果たしてコミュ障を治すことが出来るか?

それは相性が大きいと思います。

いつも書いていますが、コミュ力を上げる方法、コミュ障に効果がある方法というのは、ネットに溢れています。

人見知りであっても、あがり症であっても同じです。

ところが、そういう方法ではなかなか上手くいかないことが多いんです。

それは、練習場所がないからだと思います。トレーニングをする場所がないんです。

ですので、いかに日々の習慣の中にトレーニングの要素を取り入れていくかがポイントになります。

コミュ障を克服できるトレーニングは?

内容よりも、まずは毎日一人の時でも出来るトレーニングが必要です。

自信をつけていくことが大切なんです。

そのためには、僕がおすすめしてるのはノートです。

ノートに自分のマニュアルを作っていく方法です。

人見知りな場合でしたら、まずは質問力を鍛えるところからがおすすめです。

ワークショップでご紹介している質問ノートを日々書いていくことで、質問力が着実についてくるはずです。

このようにして、コミュ障といっても、漠然とした目標を立てるのではなく、より具体的な目標を立てることを目指します。

コミュ障は甘えなのでしょうか?

これは人それぞれ考え方があると思いますが、僕はコミュ障が甘えとは思いません。

なぜ自分が自分のことをコミュ障だと思うようになったかは、人によるのでわかりません。

それを知らずに「コミュ障は甘え」と結論付けてしまうのは、いかがなものかと思います。

もしかすると、何か大きなきっかけがあって、人に対してトラウマがあるかもしれません。

その人に対して「甘え」とは言わないと思います。

本人にしか分からないことがあります。

ですので、もしご本人が「私はどうしても人と接することを避けてしまいます。コミュ障だと思います。甘えてるんだと思います。」というなら、それは甘えでしょう。

つまり、本人が甘えと思ったら甘えだと思いますが、その人のことをよく知らない人が、「あなたは甘えだ」とは言えないと思う。それが僕の考えです。

コミュ障を治すにはこちらのページも参考に

人間関係に苦手意識があるなら、まずはこちらのトップページから、関連のありそうなページを見てまわってみてください。

口癖や行動を変えるきっかけになるヒントが見つかるかもしれません。