「音読で声震えることがあります。本読みで声が震えない方法はありますか?」

「音読で声震えることがあります。本読みで声が震えない方法はありますか?」

お悩み相談に回答します。

10代学生さんからのご相談です。

音読で声震えることがあります。本読みで声が震えない方法はありますか?いつからか分かりませんが、緊張して声が震えることが増えました。声の震えがバレるかもと思うと余計に震えます。止め方があれば教えて欲しいです。色々とネットで調べて試していますが、どうも上手くいきません。

それでは僕からの回答です。

執筆はコーチ未知賢人です。

こちらの動画版もぜひご視聴下さい。(内容はほぼ同じです)

音読で声震える方向け「本読みで声が震えない方法」

国語の時間とかに、みんなの前で本読みすることって今もあるみたいですね。

音読に限らず、教室の前に出てスピーチするとか自己紹介するとかって緊張しますよね。

今回は、本読みに限った内容ですが、参考にしていただけたらと思います。

さて、学校で本読みをする時に緊張して、声が震えるとのことですが、一つ質問です。

家で一人しかいない部屋で、本読みをする時に、緊張しますか?声は震えますか?

恐らく、緊張もしないし、声は震えないと思います。

つまり、一人で本読みをしても緊張しないし声は震えないのではないでしょうか。

でも、学校の教室で本読みをすると、緊張して声が震える。

この違いは何でしょうか?

一言で言えば、それは「想像」です。

一人で本読みの練習をしている時は、本読みに没頭していると思います。

ところが、みんなの前で本読みしている時は違います。

それが「想像」です。

例えばこういうものです。

  • みんなはどんな目で私を見てるんだろう
  • 私が失敗したら笑われるかな
  • みんなはなぜ緊張しないんだろう
  • 私の読み方は間違っていないかな

他にもあると思います。

この想像が緊張の元であり、声が震える根源だと考えます。

ですので、この想像をやめればいいんです。というアドバイスは多いです。

  • どう思われても気にしないでおきましょう
  • 誰もあなたの発表は聞いてないですよ
  • 失敗しても明日になったら誰も覚えていないですよ

ところがこれが難しいんです。

「想像をやめる」というのは思いのほか難しいと思います。なぜなら、それは思考のクセのようなものだからです。

ではどうするか?

「どう思われているか気になる、それをやめましょう」、ではななく。

「別のことに意識を向けましょう」という方法です。

いくつか考えられますが、そのうちの一つが「息継ぎに意識を向けましょう」という方法です。

これは、心理学的にとか科学的にとか、そういった何らかの難しい根拠がある方法ではありません。

極度のあがり症だった僕が、今までに試したことのある方法の一つで、上手くいった経験がある方法です。

やり方は簡単です。

もし、今後本読みをする部分が決まっているなら、その文章に、息継ぎをする場所にチェックを入れておきます。小さな小さな点といった目印で構いません。

文章を読み、息継ぎの箇所で鼻か口から息を吸い、また文章を読む。

当たり前にいつもしていることなんですが、それを意識的にするということです。

あらかじめ、どこで息継ぎをするかを決めておくわけです。

今、手元に本があるなら、ぜひやってみて下さい。

どこで区切るか、どこで息継ぎをするかを意識しながら、他のことを考えることはできますか?

きっと出来ないと思います。

色んな考え方がありますが、僕は「2つのことを同時に考えることは出来ない」と思っています。

そうであるなら、息継ぎのことを考えながら「どう思われているだろう」と考えることは出来ないと思います。

「どう思われているか気になる、それをやめましょう、ではなく、息継ぎする場所に意識を向けましょう」という方法です。

そうすることで、緊張の根源である「どう思われているだろうといった想像」を避けることができる、というわけです。

家で一人で出来ますので、ぜひ今からやってみて下さい。

ご要望がありましたら、またメルマガで詳しい内容を配信しますので、メルマガ購読しておいて下さい。

回答は以上です。

以下、僕の考えを少しお話します。

本読みで声が震えない方法は特別な状況を減らすことが大事

今回は、息継ぎに意識を向ける方法をご紹介しました。

息継ぎということは、呼吸をするわけです。

息を吸うことに意識を向けることになります。

この一連の流れを当たり前のように出来るようになると、声の震えもましになってくると思います。

大切なのは、今回のこの方法を頭に入れておいて、本番の時に試してみることではありません。

ぜひ、今すぐやってみて下さい。

そして、毎日続けてみて下さい。

この繰り返しこそが、あがり症克服への道だと僕は思っています。

いかに、毎日一人で練習できるかが鍵なんです。

ネットや動画や本では、あがり症を克服するという方法がたくさんありますが、恐らくどれも正しい方法だと思います。

ところが、その方法は、本番でいざ使おうと思ったら、そこまで意識がまわらなかったり、すぐに取り入れることが出来なかったりするんです。

発表する前に、腹式呼吸しましょうとか、深呼吸しましょうという方法もありますが、それはそれで方法としてはいいのですが、それを普段から、ルーティーンにしておくことが大切ということです。

家で本読みの練習をする時に、こういう流れを作っておくということです。

・深呼吸する
・本読みで1文読む
・息継ぎする
・本読みを続ける

ただこの流れを作っておいて、毎日その流れで練習するだけです。

この流れを当たり前のものと出来るようになってきたら、実際にみんなの前で発表する時も、緊張はましになっていると思います。

できれば、緊張度に応じて、練習をしたほうがいいですが、まずは、ここからでいいと思います。

「声の震えがバレるかもと思うと余計に震えます」と言われていましたが、そのお気持ちはよく分かります。僕もそうでした。

実際に、僕の声が震えていたのは、聞いてる人には分からなかったかもしれませんが、僕自身は、話しながら「あ、声が震えてる、どんなふうに見られているんだろう」と思いながら、さらに緊張していきました。

何度も言いますが、とにかく、毎日できる練習方法を見つけることをおすすめします。

今回の方法はその一つです。

良かったら試してみて下さい。

最後に。

今回の、息継ぎに意識を向けるという方法は、マインドフルネスのことを知ってから始めた方法です。

ストレスを浴びるのは、今目の前で起きていることだけでなく、過去の後悔や辛いことを思い出した時だったり、これから起きるかもしれない不安や心配のことを考えたり、誰にも分からないような誰かの頭の中を想像した時も含まれます。

本読みで緊張しすぎて声が震えるのも同じだと思います。

本読みする前、してる時、した後も、ずっと本読みに対してストレスを感じたり、不安や心配を感じてるのではないでしょうか。

ですので、その心配する時間を「息継ぎをしながら本読みをする練習」に当て、実際に本読みをしている時は「息継ぎに意識をしながら読む」ことで、他のことを考える隙を生まないようにするという方法なんです。

何かの考え方を止めるのは簡単ではありません。

止めるのではなく、他のことを考えるようにするほうが上手くいくと感じています。

これは、今回のようにあがり症にお悩みの方だけに限りません。

「陰口を言われているのではないか?」といった憶測もそうです。

気にしないというのは、なかなか難しいものです。

だから、他に考えることを作り、それを考える隙を与えないことが大切だと思います。

以上となります。

人間関係コーチ、未知賢人でした。

その他の人間関係の悩みにもお答えしています。

最後に、関連のお悩み相談を挙げておきます。

学校に行きたくないほど、みんなの前での発表が辛い場合は、やはりご家族に相談して医療機関や専門機関で受診してみるのも選択肢の一つです。

会社では突然意見、コメントを求められることもあります。その時に、慌ててしまうのを避けるために、普段から出来る練習をしておきましょう。

人前で話すのが苦手で、言葉が出てこない時のお悩みです。

電話も緊張すると声が震えることもありますよね。顔が見えないから余計にあれこれ想像していまうのも原因の一つだと思います。

あがり症克服といっても、緊張が完全にゼロになるわけではありません。どれだけ人前に慣れていても、緊張がなくなることはないと思います。まずはそれを受け入れておいたほうがいいでしょう。

人前に出た段階では大丈夫なのに、話しているうちにだんだん緊張がましてきて、声が震えてしまうケースもあります。僕もありました。その時の対策です。

以上です。