あがり症「人前で話しているとだんだんと緊張が強くなり声が震える」対策とトレーニング

あがり症「人前で話しているとだんだんと緊張が強くなり声が震える」対策とトレーニング

お悩み相談に回答します。

匿名希望さんからです。

人前で話していると、最初はまだましなのですが、話が進んでいくとだんだん緊張が強くなって声が震えてくることがあります。最初は大丈夫なんです。でも、だんだん声が震えてくるんです。なぜでしょうか?何か対策はありますか?

それでは僕からの回答です。

執筆はコーチ未知賢人です。

人前で話してるとだんだん緊張して声が震える

人前で話す場面にもよりますが、僕は場合は過去にスピーチをする時に、同じような状況になったことが何度かありました。

実は逆もありました。

話し始めは緊張して声が震えていたけど、話しているうちに治まったというケースです。

今回ご相談の場合は、「緊張がまし⇒緊張で声が震える」という流れということですね。

僕の場合、後になって考えて見ました。

なぜ、最初は大丈夫だったのに、だんだん緊張していって声が震えたのか?

これは仮説の一つですが、気付いたことが一つあります。

それは、スピーチを始めた後、何人かの人を見ながら話をしていたんです。

その途中で、ものすごく怖い顔をしてる人がいたんですね。

むすっとした表情、頷くことなく無表情な人だったり。

別に面白い話をしているわけではないので、真顔で聞いてるのは別に普通だと思いますが、それが敵意がありそうとか、不満がありそうと、僕が勝手に思ってしまったのかもしれないということです。

そういう「真顔で、むすっとした感じに見えて、不満がありそうな表情」を見た瞬間に、ものすごく緊張が増した気がします。

そして、そこから声の震えが始まったのかもしれません。

緊張していたので、はっきりと覚えていないのですが、途中からだんだん声が震えるというのは、その可能性が高いのではと思ったんです。

そこで。

人前で話す時、それは説明の場面でもスピーチの場面でも何でもそうですし、人数が何人かも関係なく、「誰を見ながら話せばいいか」を考えました。

振り返ってみると、人前で話している時、聞いてる人をみていく中で、時々、笑顔で頷きながら聞いてくれてる人がいたりするんです。

微笑むように、優しく聞いてくれる人がいたんです。

ですので、可能であれば3人ほど決めて、その人を見ながら話すようにしました。それは効果がありました。

知らない人ばかりの場合は、できれば、前に出る前に、表情が柔らかい人、微笑みベースな人を見つけておいて、その人を見ながら話すことを心がけました。

もしそれも無理なら、人前に出た時点で、話し始める前に見渡して、「話しやすそうな人」を数人みつけて、その人を中心に話をするようにしています。

もし、よかったら試してみて下さい。

こちらのページも参考にしてみて下さい。

人前で話しているとだんだんと緊張が強くなり声が震える「対策」

では対策をまとめます。

プレゼンの前に、誰を見て話すか3人程度決めておく。(この人だったら優しく聞いてくれそうな人)

それが出来ない場合は、最初の1分くらいで、聞き上手そうな人を2、3人見つける。(それ以降は、基本はその2、3人を見ながらプレゼンする)

聴衆の人数にもよると思いますが、3人程度しか見ていなくても、その3人の周りの人も、自分のほうを見ていると感じるそうです。

以上が対策です。

もう一つおすすめのトレーニングをご紹介します。

それは分析してみることです。

「最初は緊張が少ない状態」から、次第に緊張が増していき「声が震える状態」になるということは、その間に何かがあったんでしょう。

その感情の変化で気付いたことをノートに書いてみるんです。

僕の場合は、それが「怖い人がぎっとこっちを見て聞いていた、その視線」が怖かったんだと思います。

あがり症を克服できた後でも、人前で話す時に、やっぱり怖い顔をして聴いてる人がいます。

その人と視線が合うと、ちょっとどきっとしてしまいます。

可能な限り「好意的な人を見ながら話す」というのが僕の対策ですが、もしかしたら、もっといい方法があるかもしれません。

ぜひ、分析してみて、新しい対策を見つけてみてください。

回答は以上です。

以下、僕の考えを少しお話します。

人前で話すと緊張で声が震える時の対策

僕にとって、長年苦しんだのが、「人前で話す時に声が震える」というものでした。

大勢の前じゃなくても、5人ほどしかない職場の朝礼でも声が震えることもありました。

ブログの中で、声の震えについての対策について書いたページもありますので、参考にしてみて下さい。

今回のご相談は、最初の話始めは声が震えてない状態とのことでしたが、最初から最後まで震えっぱなしという人もいますし、僕もそうでした。

まずは、なぜ、人前でスピーチやプレゼンや挨拶をする時に緊張してしまうのは分かるとしても、声が震えるのはなぜでしょうか。

その原因について解説しています。

社会人の方でしたら、ご相談で多いのが、職場の朝礼でのスピーチで、声が震えるということです。

ここが難しいのが、職場の朝礼は当番制で数週間に一度いかまわってこないという人が多いんです。

そうなると、場数も踏めません。

だからこそ、家で一人で出来るトレーニングを持っておくことが大切になるんです。

緊張しない人からすると、声が震えても誰も気にしてないよ、と思うかも知れませんが、緊張してるほうは、頭が真っ白になることがあったり、顔が赤くなったり、苦痛で仕方なかったりするんですよね。

あがり症になったきっかけに多いのが、小学生、中学生、高校生あたりの学生時代に、国語の授業で本読みをさせられ、そこでの失敗が原因だったりします。

子供は平気で人をいじったりしますから、冗談のつもりが、指摘されたり笑われたりした本人はそれがトラウマになることもあるようです。

他にも原因は考えられますが、その中の一つということです。

もし、学校での本読み、職場の会議などでの資料読みで声が震える、という場合はこちらも参考にしてみて下さい。

声の震えがバレると思うと、それだけで緊張が強くなってきたりもします。

本読みでの声の震えを治すにしても、やっぱり日々のトレーニングは大切だと思います。

以上となります。

人間関係コーチ、未知賢人でした。

その他の人間関係の悩みにもお答えしています。