人前で話す時の息継ぎはどこ?あがり症で息が続かないならこのトレーニング

人前で話す時の息継ぎはどこ?あがり症で息が続かないならこのトレーニング

あがり症の方からのご相談で多いのが、人前で声が震えるという内容です。

今日のテーマはこちら。

人前で話す時の息継ぎはどこ?あがり症で息が続かないならこのトレーニング

目指すこと。

人前で話す時に、上手く息継ぎできるようになる。

僕は、元々が超あがり症だったので、朝礼で声が震えるなんてことは毎日のことでした。

話す前から、今日も声が震えるんだろな、朝礼なんていらないのに。

毎日そんなことを考えていました。

さて、話す時の息継ぎってどこがいいのでしょうね。

こんな方はぜひ最後までご覧下さい。

  • あがり症で人前で話すと緊張する
  • 人前で話す時に上手く息ができない
  • 人前で話す時に過呼吸になったことがある
  • 話していると息苦しくなる
  • 人前で話すと呼吸が浅くなる

なお、あがり症については、こちらのページでまとめていますので、ぜひ参考にして下さい。

人前での緊張からあがり症克服へ~声が震える方へ

あがり症を克服出来た私が実際にやった習慣を教えます スピーチ・プレゼン・朝礼・自己紹介といった人前で話す練習に

それではスタートです。

そもそも人と話す時に息継ぎは必要?

日常的な会話を思い出して下さい。

話す時に、意識して息継ぎしていますか?

恐らくしていないと思います。

でも息は絶対に吸ってます。どこからのタイミングで無意識に吸って話しています。

もし、自分が一方的に相手に話す時であっても、話してる途中で息継ぎをしてるんです。

それが人前になると、「緊張して息継ぎが出来ない」という悩みが生まれるんです。

なぜでしょうか。

なぜ人前で話すと息継ぎ出来ない?

あがり症の方で多い症状といえば、呼吸が浅くなる、汗が出る、頭が真っ白になる、息苦しくなる、涙が出る、動悸が激しくなるなど、いろんなことが起こります。

その中でも、今回は、人前に出て緊張してくると、呼吸が浅くなってくる場合に絞ってお伝えしていきます。

人前で話す時に緊張すると、呼吸が浅くなる場合があります。

そうなると、自律神経が優位になり、さらに緊張が増してきます。

何か話さないといけないけど、息が続かない。そして、弱弱しい声になってきて、声が震える。

声が震えていることを自覚すると、さらに緊張が増す。

その流れに陥りがちです。

普段の会話では無意識に行っている息継ぎを、すっかり忘れてしまっているんでしょうね。

話す時の息継ぎのタイミングのベストは人によって違う

では、人前で話す時に、どこで息継ぎをすればいいのでしょうか?

僕は「答えはない」と思っています。

人によって、どれくらい息が持つかも違いますからね。

一つ言えることは、早めに息継ぎはしたほうがいいでしょう。

息がなくなりそうなくらい話し続けてから、息を吸おうとすると、どうしても大きく吸わないといけなくなります。

理想としては、普段の会話と同じくらい、何気なく自然に息継ぎができる状態だと思います。

では、どうやって、人前で話す時の息継ぎをスムーズにできるようになるか。

本題です。

人前で話す時の息継ぎは日々のトレーニングで慣れる

自分を変える時に常にお伝えしている大切なことがあります。

「口癖と行動を変える、そして繰り返す」

もし今、「人前で話す時に息継ぎが出来ない、息が続かない」ということでしたら、今のままでしたら、それは克服できません。

変えるのは意識ではなく、行動です。

何をするかというとこれです。

「人前で話すことを特別な状況と感じないようにする」

これです。

朝礼やプレゼンで息が出来ないくらい息切れする、ということは、「特別な状況」なんです。

それを日々のトレーニングで、特別な状況を減らしていきましょうということです。

毎日音読トレーニング

息継ぎの練習。

そのトレーニングは、毎日の音読で行います。

え?音読って読むだけ?

そう思うかもしれませんが、これが大事なんです。

話す時は必ず途中で息継ぎをします。

それを意識して音読するんです。

○○○○○○○なんです。(息継ぎ)○○○○○○○○ということです。(息継ぎ)

大きく息を吸う必要はありません。

鼻から吸って、また声にする。

これを毎日5分間やってみて下さい。

慣れてきたら、次は読む速度を速めてみましょう。

思い切り早く音読をするんです。

その場合は、息継ぎの場所が変わってくるはずです。

これが何のトレーニングになるかというと、「話す、息を吸う、話す」の流れを日々感じることができるんです。

ぜひやってみて下さいね。

できれば、その音読を誰かに聞いてもらって下さい。

それが無理なら、その音読する姿をスマホで録画してみて下さい。

少なからず緊張感が増しますので効果が高まるはずです。

人前で話すスピーチもプレゼンも準備が大事

僕は以前、200人ほどの保護者の前で少しお話しする機会がありました。

話す内容は、30秒ほどの挨拶。

毎日家で、話す内容を声に出して練習していましのたで、余裕で話せると思っていたんです。

ところが、いざ、保護者の前に出ると、頭が真っ白になり、声が震え、しどろもどろで何とか話し終わりました。

あれだけ練習したのにです。

数日間凹みました。

なぜでしょうか?

恐らく「特別な状況」だったからです。

僕は練習していたつもりでいましたが、誰もいない部屋で、一人で練習していたんです。

当然、緊張感はありませんでした。

200人の前で練習が出来たらいいのですが、当然そんな場面はありません。

でも、誰もいない部屋で一人で声に出して練習するのと、一人でもいる前で声に出して練習するのでは、緊張感が違います。

この「緊張感」をどれだけ日々感じることができるかが大事だと思ったんです。

あがり症克服のためには日々の行動を変えることから

あがり症を克服するには、いかに日々の行動を変えるかが大事です。

今回ご紹介した「息継ぎを意識した音読」もそうですし、他のワークも同じです。

毎日の行動を変えていくことで、なりたい自分に変わることができると思います

意識を変えることより、行動を変えることで意識が変わる、を目指しましょう。

本読みで声が震える経験があがり症のきっかけになったというお話を聞いたことがあります。

そこから長年、あがり症だった人に対して、何か一言を声をかけて、それであがり症を克服できるなんてことはまず不可能だと思います。

長年染み付いた苦手意識は、潜在意識の中に染み付いていると思います。

だからこそ、時間をかけて日々のトレーニングの中で克服を目指すことが大切だと思います。

朝礼で声が震えるというお悩みも多いですが、その朝礼が毎日あれば、日々そこで練習することも出来ますが、1ヶ月に1度しかまわってこないのであれば、そこに向けて日々練習するほうが効果は高いと思います。

また、人前で話す練習としてセミナーや教室などもあり、それらはとても良い経験になると思うのですが、それは、その緊張やプレッシャーを感じれる場所で練習できるからです。

ただ、その緊張やプレッシャーが、時々では勿体ないです。セミナーの時だけでも勿体ないんです。

毎日の練習として、取り入れることで、コツや緊張しない方法がみえてきたりします。

ですので、僕は一人で練習できる方法をおすすめしています。

コミュニケーションコーチとして活動する中で、やはりご相談が多いのが「人前での緊張、あがり症」のことです。

そして、多いのが、普段は人前で話す機会がないけど、1週間や1ヶ月に一度、前に出て話さないといけないので苦痛、というお話しです。

やはり、日々のトレーニングなくして、克服は難しいと思います。

参考にしていただけましたら幸いです。

本日は以上です。