メルマガはこちら【特典あり】

朝礼で声が震える!どうしたらいい?

朝礼で声が震える!どうしたらいい?

まとめ
  • 朝礼で声が震えることはよくありました
  • 朝礼で声が震える原因は人それぞれ
  • 朝礼で声が震える対策はまず場数を踏むこと

朝礼で声が震える経験?
私は何度もありました

人前で話す時に緊張して、声が震えること、ありませんか?

新しいクラスでの自己紹介、入った会社で一言挨拶、結婚式での友人代表スピーチ。

そういった、初対面の人、知らない人もいる中で話す時に声が震えるというのは分かりますが、会社の朝礼で声が震えるというのはなぜでしょうか?

いつも一緒に働いている人ですし、日常的に会話もしているような人ばかり。

それに、プレゼンするわけでもスピーチをするわけでもなく、ただの朝礼です。

「おはようございます。(ちょっと一言)。今日も宜しくお願いします。」

そんな程度です。

それなのに、声が震えるほど緊張するのはなぜでしょうか?

朝礼で声が震える原因は人それぞれ

今は人前で声が震えることはありませんが、当時、なぜ朝礼で声が震えるようなことがおきていたのか?

きっと同じような経験をしてきた人もいると思いますが、原因は人によると思います。

私の場合は、「どう見られているだろう?」という意識が過剰だったんだと思います。

では、「どう見られても気にしない」と思えばよかったのかというと、そうではありません。

やはり、自信を持って発表して、みんなを笑顔に出来たらそのほうが良かったなと思います。

結局は、私の場合は自信のなさが原因だった気がします。

話す内容もそうですし、自分の声にも自信がなかったんでしょう。

ですので、もし、「朝礼で声が震えるのをどうにかしたい」ときかれたら、まずは一つずつ自信をつけていくことをおすすめします。

呼吸方法や発声方法、そして活舌を良くするのもそうですし、毎日小さなトレーニングを積んでいくことをおすすめします。

そういう積み重ねが、自信を生み、そして人前でのあがり症克服に繋がっていくと思います。

呼吸を安定させる~朝礼で声が震える時の対処法

朝礼で声が震えるなら、声に自信をつけること、声を出す機会を増やすこと、それがおすすめです。

朝礼で多いのが、職場の数人に話すわけですから、少し大きめの声を出さないといけません。

普段からそんな大きめの声を出していない人からすると、それだけで緊張の空間になります。

普段と違う場面は緊張を生みやすいからです。

そんな時は、普段から、その朝礼と同じ状況で声を出す練習をするのもおすすめです。

例えば、その朝礼は立って話すのであれば立って練習をします。大きめの声で話すのであれば、大きめの声で話す場を作ります。

場数を踏むのがいいのですが、1ヶ月に1回とか、1週間に1回しかまわってこない朝礼の場だけでは、場数を踏んでいるほど練習にはなっていません。

ですので、自宅でできる練習も必要です。

声が震える時は、呼吸が浅くなってしまっているケースもあります。

緊張すると呼吸が浅くなりがちです。

そうなると、声に力をつけることができず、弱く、細く、短い声になってしまいます。

その震える声を聴くと、また緊張が押し寄せてくる悪循環です。

ですので、声を出す前に、十分に息を吸う練習をしておきましょう。

活舌をよくする~朝礼で声が震える時の対処法

活舌をよくすることで、声が震えることを抑えることは出来ません。

ただ、活舌をよくすることで、自分の言葉に自信を持てるようになります。

私のおすすめは「母音法」というものです。

これを日々繰り返しておきます。普段から、言葉を発する時は、「活舌がよくなっていってる」と意識するんです。

そうすることで、言葉や声に自信を持てるようになるはずです。

朝礼で声が震える対策
まずは朝礼と同じような環境に慣れていくことです。声の大きさ、話し方、一人で出来るトレーニングから始めてみましょう。