本読みで声が震える対策5選【職場の資料読みや国語の音読、あがり症の緊張対処法】

本読みで声が震える対策5選【職場の資料読みや国語の音読、あがり症の緊張対処法】

職場の会議や朝礼での資料読み上げ、国語の時間の本読みで声が震える、そんなことありませんか?

ここで言う「音読や資料読み」は、特に感情を込めずに書かれていることを「声に出して読む」場合を想定しています。

自分の言葉で話すスピーチや、上手く説得するためのプレゼンとも違い、ただ読むだけとはいえ、緊張して声が震えるという方も少なくありません。

その対策をご紹介します。

こんな方は、ぜひ最後まで読んでいって下さいね。

  • 本読みで声が震える
  • 会社の会議などで資料を読むと声が震える
  • あがり症で緊張しやすい

ではスタートです。

本読みで声が震える原因

本読みで声が震える原因

なぜ人前に出ると緊張するのでしょうか?

その原因は「反応」です。

緊張した時、いろんな症状が出たりしますが、その出方は人によります。

声が震える、足が震える、頭が真っ白になる、心臓がバクバク言う、目が泳ぐ、顔が赤くなる。

色々な症状が出ます。

では「声が震える原因」は何でしょうか?何に反応しているのでしょうか?

それは「危機的状況」だったり、「普段と違う状況」です。

ということは、「本読みで声が震える」という場合、何に恐怖を感じているのか。

それは「人」だと思います。

学校の国語の時間の本読みでしたら、先生がいて、他の生徒がいる。

職場の会議で資料を読み上げる場合でしたら、上司や先輩がいる。

ただ読むだけといはいえ、こういう思考が働くのではないでしょうか。

  • 上手く読めなかったらどうしよう
  • 笑われたらどうしよう
  • 失敗したらどうしよう

こういう「どう思われているかを気にしすぎる」ことによって、過剰に反応してしまう。

その結果、声が震える、というところに繋がるケースがあります。

本読みで声が震えるなら「気にしなければいい」で大丈夫?

反応しすぎが、緊張の原因であるなら、反応しなければいいわけです。

  • 別にどう思われても気にすることない
  • 誰も私が失敗しても関係ない
  • 言葉に詰まっても誰も興味ない

もし、そう思えたら、声が震えることはなくなりそうですよね。

でも、それが出来るかどうか?

意識を変えることは簡単ではありません。

なぜなら、そうなるに至った原因があるからです。

もしかしたら、「本読みで詰まってしまった経験があるから」かもしれませんし、「誰かに失敗を指摘されたことがきっかけ」かもしれません。

原因がはっきりしている場合もあれば、原因がよく分からない場合もあります。

それなのに、意識を変えましょう、と言われても、そう上手くいかないんです。

ではどうするか?

口癖と行動を変えるんです。その結果、自信がつく。意識が変わる。

それを目指してみましょう。

口癖に関しては、セルフトーク(自分への口癖)を変えていくことをおすすめしますが、まずはこの言葉だけでもいいと思います。

「うまくいく」

それだけです。

何も考えずに、何も思い出さずに、「うまくいく」を口癖にしておいてみてください。

言葉で人は変わります。

さて。

では、どう行動を変えていくかを、今からご紹介していきますね。

セルフトークについては、こちらも参考にして下さいね。

本読みで声が震える対策5選

本読みで声が震える対策は、この5つです。

  • 活舌をよくするトレーニング(母音法)
  • 息継ぎを意識して音読する
  • 読むスピードと声の大きさを変えて音読する
  • 音読する姿をスマホに録画する(小さな緊張)
  • 誰かに音読を聞いてもらう(もう少し大きな緊張)

1日だいたい15分あれば出来ると思います。

これを、まずは1週間続けてみて下さい。

きっと変化に気付けると思います。

準備していただくのは、「読むもの」だけです。

学校の教科書でも、会社の資料でもいいです。

実際に、今後読む可能性があるものでも、好きな本の1ページでも構いません。

その文章を元に、トレーニングしていきましょう。

活舌をよくするトレーニング(母音法)

母音法。

僕はこの本を買いました。

<劇団四季メソッド「美しい日本語の話し方」浅利慶太著>

劇団四季メソッド「美しい日本語の話し方」 (文春新書 924)

本について詳しくはこちら↑

簡単に言うと、「母音だけで話す」練習です。

例えば。

「こんにちは、未知賢人です。」

この場合は、

「おんいいあ、いいえんおえう。」

母音だけで話す練習をするんです。実際は、もっと細かいやり方があるんですが、僕はこの、母音だけで話す、だけでも効果があると思っています。

もっと詳しく知りたい方は、本を買って読んでみて下さいね。

別にお芝居をするわけでもないのに、活舌をよくすることをおすすめする理由は2つです。

  • 声を出すことに自信を持つため
  • 実際に母音法で自信をつけた人に出会ったため

声が震える対策をするには、まずは自信をつけたいところです。

まずは、声に自信をつけるんです。

もう一つ。

これは、僕がスピーチ会で出会った方からの影響なんです。

その方は、人前どころか、人に何かを話す時に、活舌が悪くてカフェでの注文でもいつも聞き返されていたそうです。

そんな時に、母音法で練習するようになって、スムーズに話せるようになり、さらに自信もついたとというお話をしていただきました。

とても上手にお話をされる方でしたので、活舌が悪い時代があったということが信じられないくらいでした。

まずは、母音法を1日1分でもいいでのでやってみて下さい。

これは、外を歩いている時でも出来るのが良いところです。

マスクをしていれば、マスクの中で口を動かしていても不自然ではありません。

歩きながら見える看板でもいいです。それを母音法で読んでいきましょう。

活舌が良くなる実感があるかは、人によると思いますが、それは正直どちらでもいいんです。

その行動を続けていることに、まずは自信を持ちましょう。

息継ぎを意識して音読する

普段の会話では、息継ぎを意識することはまずないと思います。

無意識に呼吸をしながら、話してますよね。

それが、本読みとなると、気付いたら息苦しくなってきたり、声が弱弱しくなり声が震えることがあります。

これは、緊張して呼吸が上手くできていないからかもしれません。

そこで、普段から、本読みの練習をする時に、どこで息継ぎをするかを考える習慣をつけましょう。

息が足りなくなったから吸うのではなく、余裕を持って、息継ぎをするんです。

みんなの前で本読みをする時ではなく、自宅で1人でする練習として、これを毎日やっていきましょう。

どこで区切って息を吸うかは、その文章にもよりますので、ここでははっきり言えません。ご自身で考えて息継ぎを意識して読んでいきましょう。

読むスピードと声の大きさを変えて音読する

これは自信をつけるための音読です。

読むスピードを早くしたり遅くしたり、声を大きくしたり小さくしたり。

普段から、声の出し方にバリエーションを出せるようにしておくんです。

普段と違う場面で緊張しがちです。

本読みとなると、普段より大きめの声を出すことになると思います。

家で、小さな声で音読の練習をしていても、実際の本読みではもっと大きな声を出さないといけないこともあるでしょう。

その「特別な場面」を減らす必要があります。

スピードについては、とにかく言葉を出すことへの自信をつけるためにやってみて下さい。

音読する姿をスマホに録画する(小さな緊張)

本読みで声が震える対策は、まずは先ほどの3つがおすすめです。

ですが、この3つの練習だけでは、緊張感がありません。

そこで、少しずつ緊張感を得ながら練習することをおすすめします。

まずは「自分が音読する姿をスマホに録画する」という方法です。

母音法、息継ぎ、音読のスピードと大きさの変化。

これを踏まえた上で、音読する姿を録画します。

母音法の練習、息継ぎをどこでするか決める、音読する(スピードと大きさに変化を加えて)。

その音読の姿を録画してみましょう。

少しは緊張感があると思います。

ちょっと恥ずかしいかもしれません。

その緊張感を得ることで、「特別な場面」と感じにくくなるきっかけになります。

誰かに音読を聞いてもらう(もう少し大きな緊張)

されに緊張感を増すために。

最後は、誰かに音読するのを聞いてもらいましょう。

仲の良い友達、ご両親、おじいちゃんおばあちゃん、兄弟に姉妹。

誰かに聞いてもらうんです。

今、本読みで声が震えるという状態の人でしたら、きっと緊張すると思います。

それが大事なんです。

「特別な場面」を減らすために、やってみて下さい。

1人で出来ない!続かない!という方はマンツーマンのコーチングへ

今回ご紹介した方法を続けていただくと、すぐにあがり症を克服でなくても、次第に自信がついてくると思います。

特に、誰かに本読みを聞いてもらうことで、慣れにも繋がります。

もし、1人で続けるのが難しい、誰かに聞いてもらうのが難しい、という場合は、僕がご提供するマンツーマンのコーチングもご検討いただけたらと思います。

体験版から受けることができます。

本読みで声が震えるQ&A

本読みでの声の震えはどのくらいで克服できますか?
これはご本人の環境にもよりますし、どのくらいの時間取り組めるか、周りの方からどういう言葉がけを受けているかにもよってきますので、一概には言えません。恐らくですが、今回ご紹介した方法を30日ほど続けていただけたら、自分の変化に気付けることと思います。