コミュ力アップに絶対おすすめのメルマガ
特典PDFをプレゼント

コミュ力おばけは先入観を持たず決めつけない(人見知りせず初対面でコミュ力を上げる方法)

コミュ力おばけは先入観を持たず決めつけない(人見知りせず初対面でコミュ力を上げる方法)

【記事まとめ】
  • 初対面で先入観を持って決め付ける人にならない
  • コミュ力おばけは思い込みを極力避ける
  • 先入観を持たずに接するには質問、傾聴、話す力が大切
  • 先入観は出会いの可能性を狭めることにもなる

先入観や思い込みや減らしたいですよね?
必要な力は何?っていうお話しです、まずは最後までどうぞ

これは人見知りする人に多いのですが、「先入観、固定観念」を持っていることが多いです。

決め付ける人にも多いかもしれません。

というのも、心理カウンセラーでも、人の心は分かりません。

どういう言葉を発するか、どういう考えを持っているか、どういう行動をとるか。

予測はしますが、それは憶測に過ぎません。

つまり、人の心は誰にも分からないんです。

初対面でも先入観を持たずに会ってみましょう

本人でさえも、「自分のことが分からない」ということはよくあります。

それなら、初対面で誰かに会う時に、「こういう人だろうな」と予測すること、決めつけることは、良いこととは言えないでしょう。

もちろん、仕事で会う予定の人の趣味が分かっていたら、そのことを調べておくのもいいでしょう。

ただ、何の根拠もなく、噂だけで「怖そうな人、無口そうな人、ややこしそうな人、討論が好きそうな人」など、そんな先入観を持ってしまうと、自分が萎縮してしまったりということもあります。

初対面で誰かに会う時、もし、その人のことを噂で聞いていたとしても、先入観を捨てて会うことにしましょう。

コミュ力おばけは「決めつける人」にならない

コミュ力おばけは、噂に流されません。

「あの人は気が短いらしいよ」という噂の人がいたとします。

それでも、コミュ力おばけは、そんな噂は信じません。

噂はもしかしたら、たった一人の人が作った憶測かもしれません。

それを信じて、先入観を持つことで、コミュニケーションに影響が出てしまうのは残念です。

逆に、想像で人のことを決めつける人もいます。

「あの人は、どうせ誘っても参加しないと思うよ」とか「あの人の仕事はいつも適当だからね」とかもそうです。

それは本当でしょうか?

なぜ本当と言い切れるのでしょうか?

もし、一部にそういう節が見られたとしても、いつもそうとは限りません。

決め付ける人にならずに、フラットに接してみましょう。

先入観を持たないままで人を知る最善の方法は質問

もし、知らない場所で、知らない人と出会った場合。

恐らく第一印象は見た目からくると思います。

髪型、服装、持物、姿勢、視線、ボディランゲージ。

あらゆる言葉、動作から、その人の印象を持つことになると思います。

それは仕方ないいと思います。

無意識に判断していると思いますから。

そこまではいいですが、そこからは、相手のことを知ることが出来ます。

先入観なんてなくても、相手のことを知ることが出来ます。

それは「質問」です。

相手を知るための力は「質問力」です。

それで、相手のことは分かってきます。

周りの人から「面倒臭い人」と聞いていたのに、話してるうちに、一番の仲良しになることもありますよね。

もし、「面倒臭い人と聞いてるから、関わるのはやめておこう」と思って、全く話す機会を持たなかったら、仲良しになるチャンスを逃していたかもしれません。

先入観を持つことでせっかくのコミュニケーションを台無しにすることも

コミュ力が高い人は、無駄に先入観を持ちません。

全く先入観を持たないというのは無理かもしれませんが、いくら考えて予想しても、最後は会話の中で、自分で判断していくしかありません。

もちろん、根拠がある場合は別です。

「以前に会社で大きなトラブルを何度も起こしてる(事実)」と聞けば、それは先入観ではなく、情報です。

根拠のある情報です。

ですので、その場合は、最初から距離を置くのも一つですし、接するとしても、何らかのアプローチを考えたほうがいいでしょう。

私の言う、先入観を持たないほうがいいというのは、根拠もなく憶測だけで人を決めつけることです。

人見知りせず初対面でコミュ力を上げる方法

人見知りする人は、「相手はどう思うだろう」と想像してしまうことが原因になりがちです。

自分がこう言ったら相手はどう思うだろう?

これも思い込みです。

例えば、自分が初対面の相手に「質問」をしてみたとします。

どんな反応が返ってくるか分かりますか?

答えは「分かりません」なんです。

どうせ分からないんです。

でも予想してしまったりするんです。

「これを言ったら相手は嫌な気持ちになるのではないだろうか」とかですね。

これも思い込みです。

これはクセかもしれません。

先入観、思い込み、こういうクセは出来るだけなくしたほうがいいです。

コミュ力を上げる方法に私が入れるには理由があるんです。

先入観や思い込みを減らすためのワーク

あれこれ書きましたが、結局は、文字で読んでも何も変わりません。

文章を読んでコミュ力おばけになれるなら、日本中が、コミュ力が高いコミュ力おばけだらけになっていますからね。

ワークを通じて、習慣(行動や口癖)を変える必要があります。

ただ「先入観を持たないようにしましょう」とか「思い込みをなくしましょう」というのはワークでも何でもありません。

これは「人の目を気にしないようにしましょう」というのと一緒で、それ自体が目標にはならないんです。

コミュ力おばけは、先入観を持たずに初対面で人と会います。

なぜ持たないのか?それを考えるんです。

初対面で会っても人見知りしないし緊張もしない。だから先入観を持っておかなくても、その場で相手のことを知ることが出来る。自信があるんです。

どうすれば、初対面でも自信を持って会話が出来るか?

それは「質問力」「傾聴力」「話す力」を身につけておけば、自信も出来ますし、一人一人に対して先入観を持っていなくても、自分でどういう人かを知ることが出来るようになるんです。

今回のワークはこうなります。

「先入観や思い込みを持たずに初対面の人と会えるようになる」

「そのために、コミュ力おばけの作り方の最重要編を徹底的にマスターしておく」

ということです。

結局は、「質問力」「傾聴力」「話す力」をまず上げていけば、誰かの噂に左右されることなく、自分で人のことを判断できるようになると思いますよ。

本日は以上です。

先入観や思い込みに関連するページはこちら

コミュ力を上げるには質問は大切です。ただ、それが詰問になったり尋問になってはいけません。

あくまでコミュニケーションのきっかけとしての質問です。追い詰めるような質問は避けましょう。

先入観や思い込みを持たないということは、相手のことを全く知らない状態となりますので、そこから相手のことを知っていくには質問が有効です。コミュ力おばけになる方法の、最重要編の最初に「質問力」を持ってきているのはそのためです。

コミュ力おばけの特徴は、相手の話を引き出すのが上手いというのがあります。相手に心地よく話してもらいます。

丁寧に質問をして、丁寧に聴く。ただ、聞いてばかりではありません。自分のことも話すんです。自己開示とも言いますが、それも大事です。

自分のことをまったく話さない人に、自分のプライベートなことを話そうという気にはならないと思います。

その他、特に質問力については、よく知っておいた欲しいところです。

コミュ力おばけになる方法、コミュ力を上げる方法については、こちらのメルマガでも配信しています。メルマガだけの情報もありますので、ぜひご登録下さい。